So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中学生さんも眼がパッチリ見開きます [中高生]

中学生さんも眼が大きくなる。

日常生活の体験と、学校の学習があまりにもかけ離れていませんか?
理科は暗記ものと勘違いされる傾向にありますが、いやいや・・・

中学理科。
日常の体験と絡めて学ぶと、スッと入りますよ。
多くの現象、多くの原理、実はけっこう日常生活で出会っているのです。


日常生活の体験を絡めて説明するとき、ちょっとした実験をするとき、
中学生さんも、小学生さんに負けないくらい、目をパッチリ見開いてくれて、
分かった!!と心の中で叫んでくれます。

そのときの、晴れやかな表情と、嬉しそうで明るい表情に出会う時、
こちらもとっても喜びます。

そうです。
学びは、日常生活から、
学びは、遊びから。

学校の学習コースでも、
出来るかぎり体験を重視する探Q舎。
出来るかぎり五感を重視する探Q舎。

目を見開いて、分かった!!と心の中で叫びたい中学生さん募集中です。


nice!(0)  コメント(0) 

道の探Q [中高生]

中学生さん、高校生さん。


普段はけっこう慌ただしいですし、
じっくり自分と向き合うことが難しい人たちが多いのではないかと思います。

もうすぐ夏休みです。
道の探Qの絶好のチャンスです。

道の探Qって何だよ、そう感じられるかもしれません。
でも、突き詰めると日常生活の全ては道の探Qに辿り着くのではないでしょうか?
普段頑張っている学習も、この道の探Qに辿り着くものでしょう。



========================================================================
職業ガイド本。

■『13歳のハローワーク』村上龍(幻冬舎)2003。
500種以上の職業が紹介されています。
・・・が好きかどうか?、自分の好奇心と向き合って、自分の好きな物、好きなことを絞り込んで行きます。当時、大きな話題となりミリオンセラーとなりました。
先日、確認したのですが、今でも、大きなヒントになるガイドだと思います。


■新 13歳のハローワーク 村上龍(著)、はまのゆか(イラスト) (幻冬舎)2010
2003年版に89種類の新規職業が追加されています。
2010年発行ですが、職業とは何か?について考えるきっかけにもなりますし、
世の中には多種多様の職業があることを知ることが最重要であると思います。

近い将来なくなる仕事が沢山出てくると言われますが、現状を把握することもまた重要でしょう。
これからの時代に、重要になってくる職業はどのようなものかについても同時に考えつつ、
自分にとって興味関心の強いモノ・コトを探っていきましょう。

世の中に多種多様な職業があることは、自分には沢山の選択肢があることを意味します。
もしも、ピタリと当てはまるものがなかったら、、、一つの方法は創り出すこと・・・


新しい時代に備え、新版が出ているかとちょっぴり期待して調べてみましたが、
2010年以来出ていないようです。

========================================================================
暑い日々が続いているので、屋内でゆっくりもいいでしょう。


例えば、

涼しい部屋で、力を抜いて寝転がりながら、一人でじっくりと、
あるいは、静かで快適な図書館の中で、ぺらぺらとページをめくって、
また、あるいは、家族みんなでワイワイと何やらかんやら言いながらでも面白いかもしれません。




生真面目に読まなくても、
焦点をぼかしながら、極力省エネでぼんやりと眺めていたとしても、
自分の中の自分はきっと、自分にとって大切なところを発見してくれることでしょう。


道の探Qをせずに生きて行ける人はおそらく一人もいないのではないでしょうか。


可能性溢れる皆さんには、これから素晴らしいことが沢山待っていると思います。
この夏休みに、自分の探Q、自分の創造、試してみてはいかがでしょうか?

実り多き良い夏休みとなりますように。

nice!(0)  コメント(0) 

テストの解答が配られない謎 [中高生]


最近、中学校のテストの解答が配られないのはどうしてなのでしょうか。
少なくとも、岐阜県の複数の中学校でそうなんです。

この不思議な状況は、他県の中学校も同じでしょうか?

口頭のみでザッと説明されても、理解もメモを録ることも
追いつかないということらしいです。

経費節減とか、資源節約とか、何か理由があるのでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

数学の文章題と読解力 [中高生]

数学の文章問題。

「十の位の数字と一の位の数字を入れ替えた数字は、元の数字よりも8小さい。」

こういう類いの文章問題では、
入れ替えた数字と元の数字のどちらが8小さいのかがすぐに飲み込めないようです。
逆に捉えてしまうことしばしばで、それはもう当てずっぽうのようで。
ゲームではないのですから・・・

文章をそのまま素直に読み、構造的に捉えて、数式に変換するのですが、
これがなかなか難しいようなのです。


===============================================
数学者、AI開発研究者の
新井紀子先生のご指摘通りの結果です。

『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

ベストセラーになっているようですが、
お子様の読解力がご心配な保護者様にはぜひ読んでいただきたいです。
著者の言葉は、「一に読解、二に読解」とのことです。


====================================================================
少なくとも、探Q舎の塾生さん達には、
ここは、なんとしでもクリアしていただかなくては、と気を引き締めています。
読解力を鍛える教材も、多く作製して取り組んでいただきましょう。


日本語を正しく読みとることは、どんな職業に就いていても最重要ですもの。
お仕事だけではなく、豊かな人間関係を築くためにも。



思考は、母国語でなされると言われます。
母国語の教育がなおざりになるほど、恐ろしいものはないでしょう。

思考ができないということになりますから。



nice!(0)  コメント(0) 

脳にご興味ありますか? [中高生]

中高生のみなさん。

脳を学ぼう!っていう機会があれば、どれくらい興味が湧くでしょうか?

中高生のみなさん、脳にご興味ありますか?
自分の脳について学んでみたいでしょうか?


人間について学ぶ
自然について学ぶ
文化について学ぶ
歴史について学ぶ
宇宙について学ぶ
自分について学ぶ


そんな中で、やはり脳についても、最近の研究成果を踏まえつつ、
中高生の皆さんにお伝えできたらなんて、考えています。
中高生の脳って、伸びる時期で非常に面白いようです。

"脳について学ぶ"

いかがでしょうか。

学校の学習でいっぱいいっぱいでしょうか。
塾、習いごと、部活動、サークル活動でスケジュールがみっちりでしょうか。





nice!(0)  コメント(0) 

深い根を、太い幹を [中高生]

大きくて立派な木をイメージしてみよう・・・


根っこの部分、幹の部分。
文字通り、「根幹」。

根幹に向き合う機会があまりにも少なすぎるのでは。
枝葉末節よりも、根幹。



思想、精神、哲学、
そういうかたい言葉を使わずとも、
自分に、社会に、未来に、
しっかりと向き合って行くことがあまりにも避けられているのではないか。



何を一番大切にしたいのか、これまで考えたことがない。

長所・短所がでてこない。

好きな言葉・座右の銘が出てこない。

尊敬する人物、憧れの人物が出てこない。

好きな色を尋ねたときでさえ、みんなが好きだから、○○色が好きだと言う。


みんなが言うから、ではなく、自分は一体どうなのか。
逃げずに向き合える勇気を持って欲しい。

葉っぱの数を数えるのでははなく、
時間をかけて深く太い根を張り、太くて丈夫な幹を作り、
枝をどんどん伸ばすイメージで自分の木を伸び伸びと創って行ってほしい、そう願う。





nice!(0)  コメント(0) 

教科書の解き方がベストとは限らない [中高生]

中学生さんに教科書の解き方がベストとは限らないことについて、
ついつい熱く語ってしまった。

解法がいくつもある問題。
教科書に載っている解法よりも2段階ほど、優れた解法があった。

教科書の解法をきちんとおさえるまでは、
余計なことをいうと返って混乱させるかなと思って、一ヶ月ほど待って、
お子様が落ち着かれてから別の解法を提示した。


それは、よりエレガントかつよりシンプルなので、どうしてもどこかのタイミングで
お伝えしたい!という衝動にかられたからだ。


常に、教科書の解き方がベストとは限らない!
教科書はパーフェクトではない。


このことについて知って欲しかったから。

教科書と同様に、大人だからって、教師だからって、
その方法が一番とは限らないってことも!
鵜呑みにはしないで!と暗黙に伝えるため、
ときおり、このやり方以外にもっと賢い方法ある?
なんて聞いてみたり。


それに、真実かどうかも分からないし、
時間と共に、答えが移り変わることなんてざらにあるのだ。


そんなわけで、
いつも、自分なりにより良い方法を探し求めることはやっぱり、重要なのだ、
ときちんと伝わったようで、


「このやり方の方が、いい[ハート]・・・」
とつぶやきを確認。

余計なこと、言って、私をこれ以上混乱させないで!

なんて言われなくて、ホッとした。



社会に出てからきっと色々な場面でこの大切さを実感してくれるだろう。




nice!(0)  コメント(0) 

高校生の4カ国間国際比較調査 (国立青少年教育振興機構) [中高生]

3/30のニュース記事の備忘録です。
国立青少年教育振興機構により、平成29年度に高校生を対象として実施された国際比
較調査結果報告をご紹介します。


日米中韓の4カ国の比較。
http://www.niye.go.jp/kanri/upload/editor/126/File/gaiyou.pdf



とりわけ、気になる箇所。

○この一年間、キャンプ、山登りやハイキングなどの野外活動をしたことがない
→6割強で、4か国の中では最も高い。

○日本の高校生の約半数は、「0時以降」に寝ると回答

○日本の高校生は、「「私は価値のある人間だと思う」「私はいまの自分に満足している」などの自己肯定的な項目に対する評価が米中韓に比べて低く、しかもその差が大きい。
nice!(0)  コメント(0) 

琢磨コースの皆さんの春休み [中高生]

琢磨コースの皆さんの春休み。
新2年生、新3年生。

琢磨コースで学ばれる中学生さんたち、
この春休みは、勝負の時期です。
1年生の復習、1,2年生の復習にもってこいです。

成績を見直したり、日頃のスケジュール、学習計画を見直したりして、
今後の目標も考えられたようです。
振り返りのパワーは恐るべし。霧が晴れて歩む道が明確になりますよね。



各自、春休みの課題を選んでとっつきやすいところから順番に好きなものを好きなだけ
やってくるという方式にしました。


やはり、自主性を大切にしてほしいからです。
自分で決めて、自分で行動して、自分で責任を取ること、
学ぶのはまぎれもない自分自身のため、
自分の自分による自分のための学びであることを実感いただきたくて。

私には、これこれこういう教材を用意しろ、ぐらいでかかってきてほしいと伝えました。
(小学生さん達は皆さん、三回目の授業から自然とそうなることも同時にお伝えしまして。。。)


春休みの授業は、もっぱらこれまでの総復習です。

試験になると緊張されて実力を発揮しそびれる傾向があるので、
試験慣れしていただくため、緊張感を持って模擬テストもしました。


また、普段の学校の授業ではなかなか学習の機会がないとおっしゃる長文読解。
新3年生たちは、この春休みの英語の時間の大半は長文読解と英作文です。

自信がないとおっしゃっていた長文読解も、この2週間ほど数をこなすに従って、
徐々にできるようになってこられました。


ご本人様たちに、心身のゆとりあるこの春休みの時期にこそ、
このような強化トレーニングを集中して取り組めることが効果を発揮すると考えております。


ご本人達も、思いのほか早く手応えがあったようで、
ときおり笑顔もみられ確かな自信がつきつつあるようです。

後半戦では、もっと、
やればできる!という確固たる自信をお一人お一人にゲットしていただきます。
探Qッ子には、一人残らず。


春休み後半の伸びがどれだけ出るか、楽しみです。

課題をどれだけこなしてくださるか、それは、わかりません。
しかしながら、みなさまの自主性にお任せしましたから
信頼、信頼、そして、信頼。

それしか、ないでしょう。


それでは、後半戦。
みなさん、よろしゅう、たのみます。







nice!(0)  コメント(0) 

あの手この手を尽くして救い出したい! [中高生]

悩める中学生さん。

きっと、これから大きく前進されることでしょう。
そう信じます。
あと一歩意識が変わりさえすれば、きっと。
あの手この手を尽くして救い出さなきゃっ。
そう思います。

つぎつぎ行きますよ。
次回も楽しみです。

なんとかしたい、何としてでも。

nice!(0)  コメント(0)