So-net無料ブログ作成
リサーチ ブログトップ
前の10件 | -

選挙を目前にして〜政治教育先進国ドイツから学ぼう [リサーチ]

ドイツの政治教育

あの戦争で、同じ敗戦国でありながら戦後大きな差異が生じたドイツと日本。

3原則について。日本との大いなる格差について少しだけご紹介します。

日本の教師は、
国からのお達しによって政治に関して自分の意見を言ってはならないとされます。

一方のドイツでは・・・
民主主義教育、政治教育はどのようになっているのか。



戦後の1952年。
連邦政治教育センター(の前身)が設立されました。
1964年に、連邦政治教育センターが設立され、現在では各州に政治教育センターが設置されています。

1976年、ボイテルスバッハにて学者達の会議が行なわれ、
その町の名にちなんでボイテルスバッハ・コンセンサスが得られました。
これは、政治教育先進国ドイツの3原則として世界に広く知られています。


===============================================

■圧倒の禁止
教師は生徒の期待される見解を持って圧倒し、生徒が自らの判断を獲得するのを妨げないこと。

圧倒、妨害してはならず、こどもたちが自主的な判断をすることを尊重しなければならない。
教師自身とは異なる意見の子ども達にも公正な評価をすることを厳しく自分に課すことが求められます。
教師という立場は、少しあやまれば権威、脅威の存在に化けてしまいがちです。
同じひとりの人間同士として、そこには優劣がないことを自覚せねばなりません。
教師が、自身の意見を子ども達に押しつけることがないようにということです。


■論争性
学問と政治の世界において論争があることは、授業の中でも論争があるものとして扱うこと。

実際に議論がある場合には、議論があることを明確に提示せねばなりません。
ものごとの考え方は割れることは当然であって、みんな同じなんてことは皆無です。
真っ二つに割れることも珍しくはないでしょう。
環境問題、脳死判定、科学の仮説などもそうですよね。
誠実に、対立する意見の両方をフェアに掲示するということが求められます。

意見が分かれているという状況からこそ、人々の多様性を知り、
ものごとの多面性を知り、世界の奥深さ、複雑さを初めて理解できるとも言えます。
対立意見を取り上げないで、政治教育は成立し得ません。

この複数の議論があるという事実を提示していないケースを多々見聞きします。
教師自身がお気に入りの説しか言及しないという場面に私自身何度も出会いました。
あれれ、この話題は非常に激しい論争が起こっていて、全く決着がついていないのに・・・
結論が自明であるように一説のみ話される教師たちにしばしば出会います。

いくつも考え方がある中で、一体自分はどのように考えるのか。
そのような多様な中で、自分はこう考える!と自分なりの意見を創造することが何よりも重要です。
これを自立というのではないでしょうか。多くの見方、考え方に触れることができるのが、
学校と言う多様性ある仲間が集まっている組織なのですから。


■生徒志向
生徒が自らの関心・利害に基づいて効果的に政治に参加できるよう、必要な能力の獲得を促すこと。

子ども達が自分自身で政治に参加することを可能とするために、必要な能力の獲得をサポートすることです。子ども達が、興味関心をもって政治に関与していくためには、政治に関して話す安全な場がぜひとも不可欠でしょう。
さて、日本にそのような場があるのでしょうか。
教師は政治に関して自分の意見をオープンにできません。
そのような中で、どのように政治を話題にして対話・議論できるのでしょう。
学校で話せる場がないなら、家庭や地域ではどうか。
学生を卒業してから、職場の人間とは政治について議論できるのかどうか。


■なぜ、ドイツでは教師が自分の政治的立場を表明できるのか?
教師は、教師である以前に国民、市民だと考えられ、自分の意見を明らかにすることは当たり前だということです。
教師が、自分の政治的考えを子ども達に言ったところで、一人の市民が意見を言ったところで、それほど大きな影響を子ども達にもたらさないという考えなのでしょう。
子ども達は、教師に依存していないということ、子ども達の考える力が信頼されているということでもあるのでしょう。
教師達も、子ども達の自立した精神を認めているのでしょう。
子ども達も、自分達の自律した精神を自認しているのでしょう。



社会には、答えが一つの問題等ほとんどない。
教師の意見も含め、人数の分だけある多種多様な政治的意見に触れることそのこと自体が、
政治教育の重要なひとつです。


さて、日本の政治教育は・・・


政治に関して、
子ども達はどこで学ぶのか。大人達はどこで学ぶのか。
どこで、話せるのか。


学ばなければ
考えなければ
話さなければ



学ばずして、政治に関われるのだろうか。

民主主義と衆愚政治。

一人ひとりが、考える力を問われている。






nice!(1)  コメント(0) 

H30年8月_内閣府実施の生涯学習に関する世論調査 [リサーチ]

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo2/siryou/__icsFiles/afieldfile/2018/09/12/1408975_1.pdf


H30年8月_内閣府実施の生涯学習に関する世論調査を文科省がグラフ化したもの。
18歳以上の人対象。有効回収数1,710人。調査期間H30年6/28-7/8


2頁目
1年間くらいの間に学習したことがあるか?
ある 58.4%、
ない41.3%



5頁目
学習したことがある999人が学習をした理由は?




9頁目
学習をしたことがない707人が学習したことがない理由は?

仕事が忙しくて時間がない 33.4%
特に必要がない   31.1%
きっかけがつかめない 15.8%
家事・育児・介護などが忙しくて時間がない 15.0%





特に必要がないと考えている人々がこれだけいることが驚き・・・

個人的には、
人になぜ?、これどういう意味?って尋ねたり、
小さな謎が気になって解決まで辿り着いたり、
インターネットで検索して、スッキリしたり、
生活の中での気づきから、工夫して習慣を見直し、システム改善することなども、

立派な学習だと思うのだけれど、

このような小さな学び行動を、学習を捉えられていないだけではないのかしら・・・


一人ひとりの学習の定義の問題ではないのか、
学習ということばのアレルギーではないのか、


何としても、
そう信じたい、
そう期待するしかない、



このおそるべき数値。





nice!(0)  コメント(0) 

学ばない大人たち [リサーチ]

"雇用者の学び"について


学ばない日本人問題は、OECD調査その他いろいろな調査により指摘されて久しい。



■リクルートワークス研究所の
全国就業実態パネル調査2018(第三回調査) (JPSED)
どうすれば人は学ぶのかー「社会人の学び」を解析するー
50,677サンプル、調査時期2018年1月

https://www.works-i.com/research/works-report/item/180807_jpsedmanabi.pdf


○雇用者全体のうちで、昨年一年間に仕事に関する自己学習をした人の割合は?

33.1%。
自分の意志で仕事に関わる学習をしたことがない人が7割程度。

○では7割の人たちは学ぶ意志がなくとも、学びの機会が企業から親切に与えられているのか?

自己学習、
OJT (仕事の実務を通して直接指導を受け、知識や技術を習得する機会)、
Off-JT (通常の業務を離れて教育や研修を受講する)、

これら3つのどれも行なっていない人の割合が51.1%、過半数。
過半数の人が、全く学びに手を染めていない!


○学生時代から学び習慣がある人は?

12.6%のみ。


○学ばない人たちに、学ばない理由はあるのか?なぜ学ばないのか?

様々な可能性ある理由を並べその理由を尋ねても、「あてはまるものはない」が半数を超えた。
学ぶ人に学ぶ理由はあれど、学ばない人に学ばない理由はないらしい。








nice!(1)  コメント(0) 

ADHD児童の高感度予測法 [リサーチ]

注意欠如・多動症(ADHD)児の診断を高感度で予測することが可能になってきました。

これまで、
子どもの時に、ASDと診断されたけれど、後でADHDだったとか、
逆にADHDと診断されていたのに、本当はASDだったとか、
識別が難しく、専門家でさえも誤診が少なからずあったそうです。



臨床現場では、
診断補助や治療等の効果判定として期待。

学校現場では、
早期発見のための強力なツールとして期待。


児童たちにとっても、
医師にとっても、早期発見、早期治療の大きな助けになりそうですね。


https://www.kumamoto-u.ac.jp/whatsnew/zinbun/20181120

https://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2018-file/release_181120.pdf
nice!(0)  コメント(0) 

ヴィクトール・E・フランクルに学ぶ [リサーチ]

ヴィクトール・エミール・フランクル(Viktor Emil Frankl、1905年3月26日 - 1997年9月2日)

オーストリアの精神科医、心理学者。
フロイト、アドラー、ユングに次ぐ第4の巨頭と言われる。
若い頃から、フロイトやアドラーに師事し深層心理学を学び、後に高層心理学の分野を確立。
『人間の意味探究(邦訳『夜と霧』)』『それでも人生にイエスと言う』など著書多数。
生涯に残した31冊の著書は、24カ国語で出版されている。


1920年-1921年、15-16歳、すでに、"人生の意味について"国民大学で講演する機会あり。
1928年、23歳、青少年のための無料相談所を設立。
1929年、24歳、ウィーンを中心に他の6つの町で青少年相談所を設立。この頃医学生。
        「人生から意味を獲得する3つの可能性」を構想。
         ・第一、活動、創造する作品など
         ・第二、体験、出逢い、愛など
         ・運命に直面したときですら、苦悩を人間的業績に変容させること。

1038年、33歳、「心理療法の精神的諸問題について」論文刊行。
         ロゴセラピー、実存分析に関する初めての出版物、高層心理学の概念。

1942年-1945年、37-40歳、収容所における恐怖の生活、約3年間。
        この間、妹以外の家族(父母、兄、妻)がナチスの犠牲となり帰らぬ人に。
自身の理論を、自らの体験によって立証することとなった。

1946年、41歳、『医師による魂の癒し』(邦訳『死と愛』)刊行
ロゴセラピーの確立

1996年、91歳、ウィーン大学病院にて最終講義。

1997年、92歳、逝去


=======================================================================

震災の度に、良く売れるフランクル哲学。
逆境の心理学と言われている。


===============================================
生きる意味/意義を自己発見したい人々へのヒント


「あなたが人生に問う」のではなく、
「あなたが人生に問われている」

コペルニクス的転回の威力。

このように、問いを180度転換することによって、自分自身が人生に意味付けを行なう
主導権を握ることになるのでは?
さらに、”人生がわたしに問うている”と捉えることにより、今までの生涯を振り返ることができ、
視野を拡げることにつながるのでは?
視野狭窄に陥らず、



・「この人生は、今、私に何をすることを求めているのか?」

・「何が私のことを必要としているのか?」

・「誰が私を必要としているのか?」

・「その誰かや何かのために私にできることには何があるのか」


これらの問いに答えるための手がかりが「三つの価値」である。
フランクルは、これらの人生からの問いに答えるヒントとして、
「実現すべき意味」、自分の「なすべきこと」を探していくことを説いた。 


ロゴセラピーの前提として、少なくとも3つの価値のどれかに,
必ず私を必要とし,なされることを待っている「何か(誰か)」がある,という哲学がある。

「人生からの問い」はいかなる時,いかなる人のもとにも必ず絶えずなされており、
人生のそれぞれの状況には,その時その人によってしか実現し得ない問いが絶えず潜んでいる。
そして,見出され,実現されるのを待っているという。


===============================================
1)「創造価値」

行動、活動、創造することにより実現される価値。
この世界に与える、産み出す、遺す価値。意味の発信。

家事、子育て、仕事。芸術などの創作活動、ものづくりの時に感じる充実感。
何かを行うことによって,その人になされるのを待っている仕事。
その人に創造されるのを待っている芸術作品など。

■探Q舎では、

・種々の創作活動に没頭する機会
・自分のアイデアを作品に落とし込む機会
・普段はおそらく難しいであろう、時間をかけてじっくりとことん取り組む機会
・実験や観察などを通した科学的研究の機会
・自分が納得行くまで試行錯誤し、楽しみと苦しみを味わう創作の機会
・廃棄ゴミを利用した工作などを通して、自らの工夫により価値を創出する機会
を提供。
創造とはどのようなことなのかを探究していく。
他人からの指示に従いイヤイヤ取り組むのではなく、答えのない課題に果敢に挑戦して欲しい。
もっともっと!という不思議な取り憑かれるような体験に出逢って欲しい。
自分の身体を使って、何かを創造するという尊い体験に触れて欲しい。




2)「体験価値」

人生における様々な体験によって実現される価値。
この世界から受け取る、意味の受信。

自然の体験,芸術の体験,人を愛する体験、奉仕する体験などの多種多様な感動体験。
美しいもの、素晴らしい景色、美しい絵、楽しい体験、人と人とのつながりの体験など。

■探Q舎では、

・野外活動、自然体験、科学実験、仲間との対話を通して、
日々の生活には体験のタネが溢れていることに気づく。
・教科横断型のテーマより、真善美の感覚を磨いていく。
・活字からイメージへ、イメージから活字へ、音からイメージへ、デザインから音へ、
種々の感覚系を鍛える教材を通して、五感力、想像力を高める機会を提供する。
・小さなきっかけでもいい、子ども達の一瞬一瞬の中に、"体験"提供することを常に意識して授業展開
・木曽川や近所を散歩しながら、四季の移り変わりを身体で感じ、気づきを重ねていく
・真のグローバル化は、自国日本の伝統文化、歴史を大切にしてこそ可能である。
・世界の古典、偉人伝、格言に触れ、ロールモデルを探したり、
人生の指針 (座右の銘)を自ら構築するサポートを行なう。
・各人が自分なりの人生観、価値観、世界観を構築できるようなサポートを行なう
・目指す人間像は、道を探究する人、道を創造する人。生きているかぎり学び続ける人。
などなど。


3) 「態度価値」

置かれた状況でその人の運命を受け止める「態度」によって実現される価値。
逆境や苦難にあるとき、自分を見捨てることなく未来を信じて、前向きな態度をとる人間の尊厳価値。

運命に直面した時,その窮状に対してとる態度。どんな状況にあっても自分がその場でどういう態度をとるかは自由であり、意味を見出せる。


■探Q舎では、
・課題への接し方、授業に臨む態度、心がけを
・人間の力が及ばない環境変化にも臨機応変に対処する逞しさ、しなやかさを自分の
・人間関係の中でも柔軟性、多角的思考、レジリエンス性を獲得して行く
・運命的な出来事への解釈をいくつも考え出す
・本当の自由とは何かを探究する
・メタ認知力を高め、内省力を向上する仕組みづくり
・同じような運命に直面しても、とる態度によって大きく未来が変わると言う事実を直視する機会提供
・ニュースを使って、色々な人のいろいろな反応を比較分析、対話する
・山登り、分かれ道の喩え。
・歴史にもしもはないけれど、敢えてのもしも○○だったら?(人物伝)
・故事成語を用いて・・・
・ユダヤの探Q(中学生コース)
などなど。

===============================================




        
nice!(0)  コメント(0) 

安宅和人氏 [リサーチ]

ヤフーCSOの安宅和人氏
https://vu.sfc.keio.ac.jp/faculty_profile/cgi/f_profile.cgi?id=81b93fae67160f0d


Japan Today | Kazuto Ataka | SingularityU Japan Summit
https://www.youtube.com/watch?v=txFdFPGd7Ug&t=360s

AI時代、AIに代替されない知性とは、についての講演。
知性とは何か、思考とは何か。
脳神経科学者でもある安宅和人氏は、"知覚"こそが、知性の核心であると説く。
知覚をいかにして研ぎすませるか。
知覚を鍛えることが、問題解決力を向上させることにつながる。

かなり足早だが、面白い。
妄想力っていうのも!


===============================================

より、詳しくは、
『知性の核心は知覚にある』2017年5月号 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー  
nice!(0)  コメント(0) 

竹内薫氏のトライリンガル教育 [リサーチ]

みなさん、よくご存知の竹内薫氏、
2016年4月創設のYES International School。

https://yesinternationalschool.com


日本語、英語、プログラミング言語のトライリンガル教育。
ブラジルの護身術やダンスも取り入れられており、
良い感じですねえ。

こういう学校が沢山増えてきますように。

都市部だけでなく、地方にもぜひぜひ。








nice!(0)  コメント(0) 

「詰め込み教育はなくなる」2020年の教育改革で求められる能力とはなにか? [リサーチ]

logmi (世界をログする書き起こしメディア) の記事です。

尾木ママ「詰め込み教育はなくなる」2020年の教育改革で求められる能力とはなにか?
http://logmi.jp/217726

2017年6月の記事ですが、よいことがかかれています。



アクティブラーニング、
「主体的・対話的で深い学び」の説明の箇所で、
『自分との対話』もあり。
『過去との対話』もあり。

と言っています。

じっくり探究するからこその、
今この時しか得られない気づき、ってきっとあるのではないでしょうか。

子どもも大人にとっても、生を探究する上でなくてはならないものです。
自己との対話から、自分なりの哲学、人生観の構築へと繋がっていくのではないでしょうか。

他人と向き合うことはもちろんですが、
自己と向き合う機会を持つこと、今求められていると思います。
自己と対話できない人間は、他人とは対話できないでしょうし。


とりわけ、中学生さんです。
ときには、立ち止まって考えることも、
立派なアクティブ・ラーニングです。





====================================================================
探Q舎でも、一見、静的だけど確かにアクティブな学びがあります。
人との対話同様、自己との対話の機会を創出しています。

HPにある、目指す人間像。
『己の道を探究する人』っていう人物像、

そんな人物像がくっきりと浮かんでくる方々とはご縁がありそうです。


学びの探Qと
道の探究は、
同じところに繋がるものではありませんか?




===================================================================
「何のために学ぶのか?」
について、掘り下げると、それが自身の人生観に辿り着くのではないでしょうか?

都市部では、オルタナティブも数多く出て来ていて、
徐々に学びの選択肢が広がっていますが、
地方でも、子ども達に少しでも多くの学びの選択肢が増えてくると良いですね!!


どこにいても、どんな環境にいても、
最も大事なことは、

『子ども達一人一人が、自分の学びを自分で創っていくこと。」

そう思われませんか?

大人たちのためではなく、
子ども達自身のための選択肢の幅がもっともっと広がりますように。

子ども達の目の前に、
いろいろな学びの選択肢があること、
学びたいと思えるきかっけがあること。

すると、自ずと
子ども達が"自ら主体的に"、探究されるでしょう。

それこそが、真の主体的な学びなのでは?




海外の教育事情などもときおり発信したいと思います。
諸外国の教育改革ご存知ですか?
日本だけでなくぜひ海外の教育事情も覗いてみてください。


今、いったい、" 地球人の最先端の教育観はどのようになっているのか? "


小学生はもちろんですが、
幼児でさえも、自分のチカラで自分たちの学びを創っています。
自分自身で、課題を見つけて取り組んでいるのです。
それが、世界の現実です。


世界の教育事情に関しては、今後も取り上げますが、
そんな中、日本はどうなのでしょうか?

取り残された"日本ならではの"、
"日本だけに特有の"子ども達の奇妙奇天烈な現場がハッキリと見えてきます。


====================================================================
気づいてしまった一部の人たちは、
大切なお子様の道を守り通すためもうとっくの昔に動いています。
そんな方々は、
始めから海外で教育されるか、
自分たちで学校を創るか、
インターナショナル系の学校を選択されるか、
が多いようです。

もちろん、公立学校でも熱心に改革されている先進的な学校があるでしょうけれど、
間違いなくまだ少数派で、そのような公立学校に通学できているお子様達は、
大変ラッキーであるようです。


気づかれていない多くの人たちは、

学校や塾に沢山の宿題を要求したり、
とにかく、テストの点数や偏差値を上げるために、
手段を選ばず、徹底的にオシリをたたき続けてらっしゃるようです。

相変わらず、軍隊方式の進学塾では、
一心不乱に耐久レースのように日々競い合うことが、当然のごとく行われています。

軍隊方式の学校でも昼休みはたった5分、10分ぐらいで、おにぎりを口にぶち込んでいます。
それ以外はずっと勉強してるっていうお話しも、実際に色んな人の口から聞きます。

暗記や詰め込みの教育に頼りきりの姿勢から、なかなか脱出できないようです。

このまま、詰め込み続けて、働き続けて、走り続けて、気づいたら・・・・あれ?
ってことになりませんように願うばかりです。

軍隊方式大好き、詰め込み大好きって、いうお子様なら問題ないのでしょうけれど・・・




nice!(0)  コメント(0) 

2018年度_全国学力テスト [リサーチ]

2018年4月17日に行われた小6、中3の全国学力テストの問題と解答例です。

国立教育政策研究所のHPです。
http://www.nier.go.jp/18chousa/18chousa.htm

ご興味ある方は、親子で遊び半分、挑戦されてみてはいかがでしょうか。
学年が多少違ってもできそうですよ。


====================================================================
さしあたり、国語だけやってみました。

探Q舎ではこれまで、自分の好きな献立のレシピを作成してお友達に伝えることをしたり、
ものごとを順序立てて説明するトレーニングを行ってきましたね。

■湯川秀樹の問題。
このように自分の興味ある人物の生涯を知って、
自分の心情に訴える部分を抽出することは、
自己を見つめ直す探究の方法としては大変有意義な方法だと思います。

とりわけ、小学校高学年は、将来を決定づける原体験と出会う可能性が非常に高いです。
生の体験、豊かな体験はもちろんですが、
道の探究を深めるためには、読書を通して、
先人達の生き様に触れることは不可欠であるでしょう。


自分の興味のある人物、尊敬する人物、大好きな人物を徹底的に研究することは、
探Q舎でも行います。

お一人お一人が自ら選ばれた、
世界でたった一人の人物。
そして、世界でたった一人の自分自身。

たった一つの人物研究&自己研究を一緒にこなすことになります。

さてさて、どのような研究になることでしょうか。
新たな自分を発見すること間違いなし、です。


====================================================================

算数、数学と、理科は日を改めて確認します。
また、まとめてから、探Q舎のこれまでの授業と照らし合わせつつ、
ご報告できればと思います。



nice!(0)  コメント(0) 

シェーラーの感情論 [リサーチ]

マックス・シェーラーの哲学。

アウグスティヌス、パスカルの系譜を継ぐ、感情の哲学、感情の価値論。
感情は、自発性をもち、価値判断が含まれるというもの。
マイナーかもしれないけれど、なかなか興味深い。

シェーラーの後は誰に引き継がれたんだろう。
途切れてしまったのだろうか。
この続きを知りたいのだけれど。

今回は、保留。



■もしもご存知の方がいらっしゃったら、
ぜひ、シェーラーの感情論を引き継いだ人を教えて下さい。
宜しくお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - リサーチ ブログトップ