So-net無料ブログ作成

『小学生がえらぶ! “こどもの本”総選挙』 [探Q舎]

たしか、子どもの日の5/5にニュースになっていたので、2ヶ月も前のお話しで恐縮なのですが、
ポプラ社が主催した『小学生がえらぶ! “こどもの本”総選挙』に関して少々。

2017年11月1日から18年2月16日までの期間「自分の一番好きな本」を募集。
応募総数は約12万通以上。
みなさん、この結果をどのように捉えられましたか?



もう一度、ランキングをおさらいします。

■『小学生がえらぶ! “こどもの本”総選挙』ベスト10
1位:『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』監修・今泉忠明(高橋書店)
2位:『あるかしら書店』著・ヨシタケシンスケ(ポプラ社)
3位:『りんごかもしれない』作・ヨシタケシンスケ(ブロンズ新社)
4位:『おもしろい! 進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典』監修・今泉忠明(高橋書店)
5位:『おしりたんてい かいとう VS たんてい』作・絵・トロル(ポプラ社)
6位:『おしりたんてい いせきからのSOS』作・絵・トロル(ポプラ社)
7位:『このあとどうしちゃおう』作・ヨシタケシンスケ(ブロンズ新社)
8位:『ぼくらの七日間戦争』作・宗田理/絵・はしもとしん(KADOKAWA)
9位:『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』作・廣嶋玲子/絵・jyajya(偕成社)
10位:『りゆうがあります』作・絵・ヨシタケシンスケ(PHP研究所)


そうなんです。
12万通以上もの投票数でありながら、随分結果が偏っていると感じられませんでしたか?
もちろん、このランキングに挙っている本は、子ども達自身が選んでいるらしいので、
きっと間違いないのでしょうけれど、
世の中には、沢山本があるのに、ほんとうにこれでよいのか?と心配になる、
というのが正直のところです。

10位まで、作者が5名しか入っていません!?
3ヶ月間の間に子ども達が読んだ本の中で、といっても、それでもあまりに偏っていませんか・・・

子どもの本に、面白い本がそうとうレアなのか、
それとも面白い本が山の中に埋まっていて発掘されていないのか、
どちらかなのでしょう。



=======================================================================
ところで、このランキングが出てからというもの、
ずっと、"子ども達にとってよい本とはどういうものか?"

というのが、こちらにとっての探Q課題になっているんです。
まだ、1位から10位まで全ての本を読めてはいませんけど、分析は進んでいます。
児童文学の世界は、大変奥が深〜いようです。


nice!(0)  コメント(0)