So-net無料ブログ作成

のんきくんを見習って [ジャンク]



小さなことから大きなことまで。

それぞれに大小の悩みがあるだろうけど、

ムズカシイかもしれないけれど、
そんなときこそ、一度、カメラをぐーっと引いてみればよいのではないかと思う。


そういえば、小さい頃、ちょこっと読んだマンガに「のんきくん」というものがあった。
家族揃って、たいへんのんきなファミリー。

何かある度、
”ドピュー”というデッカい文字と共に、大気圏を越えて
もの凄い勢いで地球の外にグーンと飛び出して行くのだ。

こういうイメージって大事だと思う。

視野が狭まっている自分を越えること。

ぶっ飛んだ話しだと受け取られるかもしれないけど、


時間と空間は、究極的に同じだといえる。

光とエネルギーと物質も、究極的に同じだといえる。

そこで、自分自身という存在は、どうなのだ。
究極的には、どこに辿り着くか。


やはり、大事な分岐点にいたり、
何か判断に迷っているときは、

一度、大気圏を飛び出て、宇宙から地球を眺める、

このぶっ飛んだのんきくん的行為は、
意外にも、良いヒントを与えてくれるかもしれない。


のんきくんは、ただものではなかったのかのかもしれない。










nice!(0)  コメント(0)