So-net無料ブログ作成

使い捨てカイロ [ジャンク]

本日ご質問があったので、使い捨てカイロの歴史を・・・

★日本の発明のうちの1つデス!!
日本っぽい発明品だなと思っていたらやはりそうでした。


★使い捨てカイロが登場したのは1975年。
アメリカ陸軍が使用していたフットウォーマーを参考に、
旭化成工業(現・旭化成)が開発・商品化。


■原理は?
使い捨てカイロが温まるのは、鉄がさびる化学反応と同じ原理。
鉄は空気中の酸素と反応して酸化する(さびる)時に酸化熱を発生させる。

■鉄サビと使い捨てカイロの違いは?
鉄さび(鉄棒やクギや鉄パイプなどのさび)☜化学反応のスピードが遅いので熱を感じない(わずか)
使い捨てカイロ☜布の中で一気に酸化させるため、化学反応のスピードが速く、温かいと感じる


■使い捨てカイロの中身は?
鉄粉、水、活性炭、塩類、保水材など。詳細は企業秘密。

■しくみ
袋を開封
→布の小さな穴から空気が入る
→鉄粉の酸化スタート
→熱を発生
→身も心もほかほかに

水や塩☜酸化のスピードを調整する(速める)。
活性炭☜空気を多く取り込み、反応を持続させる


最近の商品は、
通気量、物質の調合具合、粒の大きさや種類など工夫されている。
発熱温度と発熱時間もバランス良く調整されており、使いやすく長時間使用可能となっている。



===================================================================
最近の子ども達は鉄サビをあまり見たことがないそうです。
なるほど、そっか〜そういうところでも、化学反応に触れる機会が少ないのか、と。

確かに、錆びる金属って子ども達の日常生活からはもうとっくに排除されているのかもしれません。
金属化学の分野の科学技術も急速に発展していますものね。

安全なもので、なるべく化学反応に触れることを考えます!!

nice!(0)  コメント(0) 

保護者さまより嬉しいお知らせをいただきました♬ [探Q舎]

保護者さまより嬉しいお知らせをいただきました。
粘り強くテストに取り組めるようになられたそうです♬

入塾されてもうすぐ三ヶ月のお子様。
保護者様が学校のテスト結果を見せて下さいました。

以前に比べて、テストにもじっくりと粘り強く、最後まで
あきらめずに取り組むようになられたとのことです。

当然ですが、点数もバッチリで申し分ありません。
もちろん、テストで良い点数であるに越したことはないですが・・・

何よりもその粘り強い姿勢、前向きに取り組む姿勢が最高にイイ感じですね!!


実生活では、テスト問題のようにはいきません。
答えは簡単には決まらないのです。


厳しい現実の世界、そこでは何が、大切なのか?

人生のテスト問題から、
『自分なりの、自分らしい、答え』を導き出す力です。

答えのない問題
答えが一つではない問題
答えが人数の数だけ、いやそれ以上ある問題
問題も答えも時間とともに変わりゆく問題

そして生きている間、答えが見つからないかもしれない問題。


難しい問題にも、自ら果敢にチャレンジできて、
より良い解法を前向きに粘り強く導き出せる
強くたくましい人間になりましょうネ!!

塾生さんたちはもちろん、全ての子どもたち、未来の巨人たちに期待しています。

探Q舎も、ベストを尽くしサポートしていきます。
nice!(1)  コメント(0)