So-net無料ブログ作成

キーワードは、"つながり" [探Q舎]

記事、「現実主義?理想主義?」に関連して。

■そもそも、学問って?学びって?

子どもたちに教わるんですけど、
視野が狭くならないようにしたいなあと、常々思います。

遠い昔から現在に至るまで、自然界、人間界のながーいふかーい歴史があり、
生き物たち、人類たちの数々の尊いいのち、文明、文化が積み重ねられてきました。
自然の、いきものの、人類の、脈々とした繋がりのもとに今があります。
今現在、私たちは絶え間なく続く大きな知のリレーに支えられています。
過去の、現在の多くの智を拝借し、自身の知の世界を拡大していきます。


■外の世界を取り込み、内なる世界を脳内で再構築する
〜脳内で"知のネットワーク"を繋ごう

学びのキーワードは、3次元の"つながり"だと思います。
たて(時間、過去から現在までの知のリレー),
よこ(空間、宇宙におけるすべてのものの協働、共栄共存)、
ふかさ (知は多くの時間、人、労力により地層のように積み重なり、深化する、進化する)、

いずれのつながりも大切にしたいものです。

そして、それらは、脳内で実際にネットワークとして"つながる"のです。
学びにも知識にも境界は実在しないはずです。

学びのプロセスにおいて、自らの内なる世界で徐々にネットワークが繋がっていく映像を
思い描くといいのではないでしょうか?
地球上で猛スピードでおこったインターネットの普及のあの時間的経過のように・・・



■知のネットワークを高め続ける

一人一人の脳という世界に構築される知のネットワークは、
それらは、無限に広げることができる。作り直すこともできる。
スゴいことだと思いませんか?


好きな時に、好きなところだけ、マインドマップ、ウェビングなどの思考ツールを使って、
脳内の知のネットワークの一部を取り出し、ネットワークをさらに、深化、精緻化できます。

"つながり"を大切に、一つだけの知のネットワークを創り続けたいですね。

普段は、忘れがちですが、二つと同じものがない、世界に一つだけの知のネットワークです。

とくに脳がすこぶる元気な、子ども達。
皆さんには、自分自身のネットワークをじっくりと創っていってほしいですね。


















nice!(0)  コメント(0)