So-net無料ブログ作成

レジの探Q〜何がそこまで違いを生むのか? [ジャンク]

今日は、初体験をしました。
ショックな出来事。
大げさかもしれませんが、本当に驚きの光景だったんですよ。

レジを通した後、商品をボンボン景気良く放り投げられ、目がテンになりました。
いつもお世話になるお店なので大変ショックでした。
客に対しても、商品に対しても、そして何よりお店に対して誇りと愛を感じられません。

全ての商品がそのように扱われ、さすがに黙っていられず、
「ちょっと、掘り投げ過ぎだと思います。」
てトーンを限りなく落ち着けて冷静に伝えたのですが、

「はーいっ、スイマセンー。」ってフワーと流され終了しました。
ああ、言わなければよかったかな。。。通じなかったのか。。。。
おそらく耳に届いていないかなと推測します。

次回、お世話になる時、どのくらい変化があるか楽しみです。
ラッキーな事に、他の方からも注意を受けることができて、改善なされば、
きっと次回はWさんは変わられているでしょう。


====================================================================
レジ係さんから、いつも多くを教わります。
ごめんなさい。
このお話しは、もしかしたら以前どこかでお話ししたかもしれませんが。。。。


忘れられないお店と忘れられないレジ係さんが、これまでの人生の中でお二人います。




お一方は、初めてお会いした時に、大感動したんです。
そして、すぐに大ファンになりました。

その後、ずっとそのお店に行ったときは彼女の所に並びました。
もの凄く姿がきれいで、笑顔も最高、スピードも、手際も、丁寧さもパーフェクトです。
丁寧でありながら、猛スピードなんです。これって、人間技?と思えるくらいです。
きっと彼女はレジがAIになっても抜群のスーパーレジさんです。
最初と最後のお辞儀と目線を合わせるのもバッチリで清々しかったです。

何より、心から何かが伝わってきました。
おそらく私と同様に感じる方が多かったのでしょう。
何と、彼女は普通の人の20倍ぐらいいつも空のカゴが積まれていたのです。
人気も裁けるスピードも他の人の20倍なのでしょうか?
店長さんらしき人(?)を見つけては、彼女のことをスゴいスゴいと推していました。
引っ越すことになり、最後にご挨拶をして日頃の気持ちとお礼の気持ちをお伝えしました。


引っ越す直前に、「全国大会のレジコンテストで良い成績を獲得しました!」
というニュースが貼られていて、謎がスッキリ解明されました!!
なるほど、そうだったのか!!です。
さすが、違うはずでした。
直ちに納得しました。忘れてしまったのですが確か2位だったと思います。
間違ってたらごめんなさいね。敬愛するHさん。

結構昔のことだから、もしかしたら現在は1位かもしれません。
いや、ぜひ1位になっていて欲しいです。
大ファンとしてはそのように願っています。


===============================================

もうお一方は、店内のお仕事をされていることも多かったんです。
でもレジをされているときも他のお仕事をされているときもお店の中で何かひと際輝いていたんです。
お店に入ったとたん、不思議とその方がどこにいらっしゃるかがすぐに分かりました。
いつも大変一生懸命に打ち込んでらっしゃる姿勢がキラキラさせていたのでしょう。

いつも通りの気持ちである日もそのお店へ。
今日もレジ係じゃないわ、と思いつつ他の所に並んでいたら、
こちらにどうぞと声をかけてくださり、その方がレジへ。
わーい、ラッキーと思って思い切って声をかけてみました。

ずっと前からこちらで御世話になっていますけど、
いつもひたむきにお仕事されるお姿を拝見しています。

こんな感じのことを伝えました。
この時、初めて声をかけたんですよね。
いつ行ってもほんとうにその姿が美しかったもので、早く伝えたくてしかたなかったんですよ。


そしたらば、今夜退職するんです・・・ありがとうございます。
とおっしゃって涙を流されて。

こんなことを言われたのは初めてだそうで・・・

それは、たしか閉店15分前くらいの出来事でした。

これは、参った・・・・
時間がない・・・・・
お手紙を書く時間もない・・・

近くのお店に走って行き、ぎりぎりプレゼントをお渡しすることができました。
スーパーに慌てて走って戻りました。

そしたら、なんと、良いタイミングで入り口のお掃除をされていました。
ラッキーでした。
閉店時間2分前に、お渡しすることができました。


ちょっと、ドラマみたいでしょう?
お話し、実話ですから。

nice!(1)  コメント(0) 

真のハーモニーを目指して [ジャンク]

31年ぶりに、井上陽水 X 玉置浩二、
伝説のハーモニー再び。
これぞハーモニー。
真のハーモニー。

自分はあまり耳がよくないのですが(おそらく音楽のセンスは限りなく低いと思われます)、
こんなに美しい響きを聴けてとっても幸せです。

31年前のも大好きです。
そして、今回。
ほんとうに良かったです。


===================================================================
ところで、

ハーモニー (harmony) の語源は、
調和(ハーモニー)を司るギリシャ神話の女神Harmoniaに由来しています。

一般に物事の調和のことを意味します。

本来は、調和、一致、連結、和合という意味です。

==================================================================

個性を引き立たせ合いながら、とてつもない相乗効果を生みだす。
人間には、お互いの個性を引き立たせ合うという素晴らしいことができるってことを、
そして、個人としても時を重ね、日々絶え間なく進化させることができるのだと、
そして、それらがどれだけ人の心を動かすパワーをもっているのかを改めて・・・

改めて再認識させられます。
もちろん、音楽自体が持っているパワーは、みんなよく知るところですけど、
やはり、人間の力の奥深さを思い知らされるわけです。


お互いに最上のリスペクトがあるからこその真のハーモニー、
良かったですねえ・・・

===================================================================

さて、夢のようなハーモニーを聴かせていただき、ちょっと異次元に飛んでしまいましたが、
現実に戻ってきました。

子どもたち同士、
お子様と保護者様たち、
子どもたちお一人お一人と私
探Q舎と地域の皆さん

探Q舎は、このように、いろいろな組合せでのハーモニーを創っていっている段階です。

探Q舎も、日々一歩一歩進化して、
子どもたち、保護者さま、地域の方々と一緒に、
"真のハーモニー"を奏でられるよう目指して行きたいです。

どうぞ宜しくお願いします。

nice!(0)  コメント(0)