So-net無料ブログ作成

8割も・・・? [ジャンク]

とある方から伺ったお話しです。
会社の人材採用に携わってらっしゃるそうなのですが、

面接で、
「自分が何をやりたいのかわからない」
とおっしゃる学生さんたちが非常に多いそうです。


この方の感覚によると、その割合はおよそ8割にものぼるとのことです。

8割も?
にわかには信じ難い比率ではありませんか?




もちろん、その年の経済状況によって、年齢によって、業界によって、個々の会社によってなど、
色々な要素があり、割合は変わってくるのでしょうけれど、

統計資料ではなく、今回のように個人レベルの実体験とその肌感覚を
ストレートに教えていただく機会は貴重です。
統計はどこまで信頼性があるのか、最近特に不透明ですから、統計という言葉に圧倒されて表面的に理解するのではなく、その中身を慎重に読み解く、情報リテラシーが求められます。

将来の仕事人、子ども達の教育に関わる者に取っては、
個々の生の具体的な情報、総合的・統合的な情報どちらも大切にしたいものですし、
共にそろって初めて見えてくることがあるのではないでしょうか。




それにしても、
何をやりたいのか分からない、学生さん達がこんなにいるとは由々しき事態です。


生産性が上がらないわけは・・・

======================================================================



探Q舎では、小学生の時機から、自分自身、どんな人物になりたいかについて、
定期的にお考えいただいています。

一人一人が、それぞれなりたい人物像を想像、創造していきます。
なりたい人物像に向けて、その人物像に見合う種々の力を強化するしくみです。




未来を探Qする小学生、未来を展望する中学生、です。

21世紀型・探究型学習塾「探Q舎」のHPです。
https://www.tankyusha.com/%E3%81%8A%E3%81%97%E3%82%89%E3%81%9B-1/








nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。