So-net無料ブログ作成

単なるぼやき?してやられました [探Q舎]

単なるぼやきですが、

商品の量や品質が高頻度に変わることがほんとうにツラいですねえ・・・
用途が料理の場合はそれほど困りませんが、
これが科学実験となるとかなりのダメージをクライマス。

毎回、しっかり表示を確認せねばなりません。

たとえば、界面活性剤入りの洗剤を使用する科学実験では、
その界面活性剤の含有量が良い実験結果になるかどうかの決め手になるんですが、

これがまた、

含有比率がはじめ45%だったものが、
いつの間にか42%になり、

そしてまたいつの間にやら37%にまで低下してしまいました。

セチガライ世の中、また知らぬ間に今後も低下していくような予感がします。


食品では、価格を据え置きつつ、内容量をシレッと少なくするのが常套手段ですが、
これと大差ないですね。

ユーザーが気づかないよう、少しずつ界面活性剤の含有量を段階的に減らすことで、
実質値下げを達成しています。


うーん、けしからん[むかっ(怒り)]

もう、これからは、騙されません!!

どうりで・・・

以前に比べて実験結果がビシッと決まらない、キレが悪いなあと思っていたら、
界面活性剤が犯人でした。

ときおりではなく、毎回新しい商品を購入時に表示ラベルを凝視しなければいけない。

良い教訓を得ました。

nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

特命とくこ

界面活性剤とはラルレル…硫酸ナトリウムとかですかね。
アレは嫌いですが高いとは知りませんでした。
by 特命とくこ (2018-02-14 16:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。