So-net無料ブログ作成

探Q力をきたえよう!第7回目終了 [市民講座]

探Q力をきたえよう!第7回目終了しました。


今回は、個性溢れるメンバーでの米粒並べ大会。
決まった数のお米を1粒ずつきれいに並べていきます。
2倍、2倍に増える数の増え方は、実にドラマティックであるかを手と目で知ろうというのが今回の
講座の目的です。

世界には、倍、倍、という形で増える現象が多々ありますが、
実際にイメージすることはあまりないのではないでしょうか?
自分の手でこのような数を並べて、どんな増え方をするのか、実際に手と目を使って
確認されたご経験はおありでしょうか?

単純な作業ですが、大人でも好き嫌い、得意不得意が現れる作業だと思います。
こういうことを行うと、性格が出ます。丸出しになります。

さて、みなさん、覚悟はいいですか?
では、忍耐力と想像力を鍛えましょう!!
枠に入りきるところまで、頑張ります。
最後に、最後の米粒のところに、ペンで印をつけて数の増え方を確認します。

もちろん、グラフという言葉は使いませんが、グラフを手書きしているのと同じです!

年長さん、小学1年生さん、このあたりの時期の子どもたちって、
大きな数が大好きなんですよね!

記憶力も集中力も素晴らしい時期ですので、無量大数が好きな時代に、
一気にこういうことをしておけば、グラフのイメージを身体で覚えることになります。



「7列目までで限界でしたね!」
「それでは、30列目には米粒何粒になるでしょうか?」


みなさん、素晴らしい想像力をお持ちです。
けっこう近いところまで当てて下さいました!

そうなんです。こんなに劇的に増えるんです。


みなさん、数年後は、
きっと、算数が得意になりますよ!?
きっと、指数関数的な増加のイメージも湧きやすくなりますよ!?
楽しみですねえ。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。