So-net無料ブログ作成
検索選択

一般人に届かない教育情報 [ジャンク]

閉鎖的な世界の不思議。

教育関連情報、調べたいことが沢山あるが、欲しい情報をなかなか入手できないことが多い。
国の税金を使った貴重な調査であるにも関わらず、一般人はアクセスできない。
国立の教育研究所、当然、国民の税金で成り成っており、
莫大な費用がかかる教育調査もまた、国民の税金でなされているもののはず。


例えば、国立教育政策研究所
(http://www.nier.go.jp/03_laboratory/02_mokuteki.html)
のHPには、"位置づけ"として、以下のように記載されている。

「本研究所は、教育政策に関する総合的な国立の研究機関として、学術的な研究活動から得た成果を、教育政策の企画・立案にとって有意義な知見として集約・提示する立場にあります。
また、国際社会において日本を代表する研究機関であるとともに、国内の教育に関係する機関や団体等に対して、情報を提供したり必要な助言・支援を行う立場にあります。」

国内外の教育に関する情報やデータ等を収集したいと思い、サイトを訪ねた。
しかし、教育情報にアクセス制限があり(http://www.nier.go.jp/contet/riyou.htm)学校教職員、教育委員会関係者、教教育行政関係者、大学教員しか参加できない模様。
公教育と民間教育の情報ネットワーク格差は大きい。

====================================================================
学校関係者でなければ、大事な教育情報にアクセスできない。
国が収集・整理・保存した情報を、一般人に見られたら問題が生じるらしい。
公開できないのはデータに何か問題あるのかそれとも…….


そういえば、教育経済学者の中室牧子先生でさえ、アクセスできない分析データが沢山有ると
著書の中 (たしか学力の経済学だったか?)で記載されていた。
ただでさえ、海外に比べ日本の教育のデータは質量共にきわめて少ないのに、現状に危機感が募る。
どこかの国は、貴重な分析データであっても全地球に公開しているという。
なぜなら、データ公開によって、世界中の研究者がその情報を元にして益々調査・分析が活発になされ、最終的に公開元によりよいデータが返ってくるという自然のしくみができるから。

データはとても大切なもので、二度と同じデータが取れない唯一無二のもの。
多くの人が様々な分野で活用すればするほど恩恵を生む。
個人では取得できない母集団の大きい貴重な分析結果の情報を必要としている教育関係者は、
おそらく多いのではないかと…….
とりわけ、教育関連の調査には、膨大な時間、労力、費用を必要とする。

国は、人も、物も、データも、最大限活かすために、透明性のある情報公開と、
その情報の活きた使い方をもっと追究しないといけないのでは。

情報リテラシーという言葉の一人歩きか………….





nice!(0)  コメント(0) 

相談事の多い一日 [ジャンク]

昨日は、信号が全部スムーズに青信号ばかりでスイスイで
とても気持ちよかったです。


本日は相談事の多い一日でした。
偶然ですが、いろいろ重なり4つの相談事がありました。
こういうとき、意見をハッキリ言ってしまうたちなのですが、
選択するのはご本人ですし、ご本人の人生ですものね。
こちらが提示した中で、気に入った部分がもしもあったならばそこだけ選び取っていただいて、
よりよい解決策を見出されますように願います。

なぜかわからないけれど、
相談事の多い日とか、
電話の多い日とか、
トラブルの多い日とか
日々、偏りがありませんか。
皆さんもそうですか。

相談していただけることはとても有り難いことだと思います。
この時、この空間で、何かのご縁があって、連絡がくるということを考えれば、
力を抜けないものです。
結果について何を求めるわけでもありませんが、
できうるかぎりのことはしたいし申し上げたいのです。
そういう意味では、本日は充実した日であったと言えます。


今日は調子良かったな、とか
今日はいまいちだったかな、とか
あるでしょうけれど、

行きつ戻りつ、三歩進んで二歩下がるって感じでも
目には見えなくても、徐々に進歩しているハズ・・・・・

ライフは複雑なことばかりですから、
具体的な数値には表せませんが、
正比例、
反比例、
ロジスティック曲線、
べき乗則のグラフ
螺旋階段のような構造、
DNAの構造
時と場合に応じて、
いろんな形をイメージしてその構造の上を歩んで行く姿をイメージをすると、
何かの助けになるかもしれません。

メビウスの輪だけは、ちょっと考えものですが。。。。。。。。






nice!(1)  コメント(0) 

検索がヒットしない時こそチャンス [ジャンク]

毎日、どれくらいインターネットで調べものされていますか。
おそらく、インターネットやスマホで検索しないという日はないのではないでしょうか。

====================================================================
情報リテラシー(information literacy)とは
情報 (information)と識字 (literacy) を合わせた言葉で、情報を自己の目的に適合するように使用できる能力のこと。「情報活用能力」や「情報活用力」、「情報を使いこなす力」とも表現する。
したがって情報リテラシーとは、情報を主体的に選択、収集、活用、編集、発信する能力と同時に、情報機器を使って論理的に考える能力が含まれている。(Wikipediaより)

====================================================================
望む情報とピッタリ合致する情報を得るのは結構難しいですよね。
検索ワードを入力して、これだ!っていう望む情報が得られた時の快感は大きいものです。

一方、検索してもしても欲しい情報が得られない時はどうでしょうか。
うーん。本当にないのかなあ。困ったなあ。おかしいなあ。
キーワードを何度も増減させて、組合せを変えて・・・・
残念、わからない・・・
断念するか、誰かに聞いてみるか、図書館に行くか・・・

====================================================================
しかしながら、本当のところは、"検索でヒットしない情報"こそ重要なのかもしれません。
情報も生ものですぐに腐るものなので、インターネットですぐに検索できる情報というものは、
もう既に古いと言えるかもしれません。

検索でなかなかヒットしないときこそ、創造のチャンス。
問題だと認識されていない重要な問題、答えが見つかっていない問題、
がそこにあるのではないでしょうか。
探Q舎の授業で扱う探Qのテーマを考えるとき、子ども達の未来を考えるとき、
そのように思うのです。
新しい情報を受信するばかりでなく、発信できる側を目指したいものです。


この考え方は、科学研究でも同じです。
(時間や費用の制約もあり、なかなか難しいのですが、)
本来は、誰もこれまで研究していない、誰も論文を発表していない研究テーマに挑戦することこそが大きな発見に繋がります。

一皮むける [ジャンク]

先日の日焼け。
たった1日、数時間だったんですが、とてもヒリヒリしたので、
ああ、これは、、、と思っていました。

やはり一皮むけました。
こんなの、中学生の海水浴以来です。
なんだか、ちょっと新鮮な気分です。

一皮むけるように、がんばらなきゃ。
今週も、元気に行きましょう。



あまりに痛ましいニュースが多いです [ジャンク]

あまりに痛ましいニュースが多いですね。
この世のものとは思えないくらい信じられないような事件ばかりです。
ほんとうに人間のすることなのでしょうか。


時代や世の中の状況を把握するため、
ニュースを確認するのは大切ですが、

一方で、知らなくても良いおそろしく痛ましいニュースの方が多く、
ジレンマに陥ります。

ニュースというひとくくりではなく、自分なりに知りたいニュースとそうでないものを上手に取捨選択したいです。"知らない権利"" 見なくてよい権利" みたいなものが必要なのかもしれません。
たった1クリックで、全てを知るハメになります。
時すでに遅し、やりきれない思いになります。
おぞましい犯罪ニュースは精神的に大変なダメージを与えます。
脳にとっても悪影響があるのではないでしょうか。
(痛ましいニュースを知ることの脳活動への影響に付いて、今度まとめてみます)

第三者でさえ、こんなにショックを受けることですから、
被害者や関係者のことを考えると……………


自分で、いい加減のフィルタリング機能を作って、情報の選択をすることが必要なのでしょうか。

↓本記事の内容とは無関係です。

DCepC2XVoAA0zXs.jpg-small.jpg

三連休のなかび [ジャンク]

三連休でお休みの方、多いでしょうか。
今日は、草笛町、太田町、加茂川町を少しずつ回りました。
お子様がいらっしゃるような雰囲気のあるお家に優先的に入れさせていただきました。
そうはいっても、けっこう判定が難しいですが。
間違ってお一人のお宅にも結構入れちゃったかもしれません。迷惑チラシごめんなさい。

お出かけ中っぽいご家庭が多かったです。
私より先に、ポスティングをされていた方のチラシが目立つ色だったので、それを目印にしながらポストを見つけていきました。

今日は、いつもよりのんびりした気分でやってみました。
小学生のみなさんはいらっしゃるのかしらーなんて思いながら、ゆっくりめにお散歩気分でした。
お子様のプールや風鈴のきれいな音、浮き草が迎えてくれたりなんかして、ちょっと癒されたりもしました。できるだけ日焼けをしたくなくて、マスクもしているもので、犬にはとても怪しまれます。

ファミリー用の大きなマンションがあって喜んで入り口まで勇み足で掛けつけると、オートロックだったりして、ショック…….そんなことが4回ほどありました。
なかなか思うようにいかず難しいですね。

あっという間に暗くなってきたので、今日はここまでにして、また明日続きを頑張ります。
今日はのんびりのほほんカントリーな気分でしたが、
明日は、音楽聞きながらノリノリロックな気分で回ろうかな、と思っています。

もうすぐ、夏休み。
熱中症や夏バテに気をつけて、沢山遊べるように沢山学べるように、
沢山水分補給です。
どうぞお元気でお過ごしください。




人工知能 [ジャンク]

人工知能、機械学習、ビッグデータ、ディープラーニング、といった用語を聞かない日はない。

【ビッグデータ (Big Data)】
従来のデータベース管理システムなどでは記録や保管、解析が難しいような巨大なデータ群。
データ量に関して明確な定義があるわけではないが、膨大なデータ群。
「巨大なデータ」、「様々な種類・形式のデータ」、そして、それらを扱える「仕組みやシステム」という3つの要素が含まれている。

多くの場合、ビッグデータとは単に量が多いだけでなく、
様々な種類・形式が含まれる非構造化データ・非定型的データであり、
さらに、日々膨大に生成・記録される時系列性・リアルタイム性のあるようなものを指すことが多い。

今までは管理しきれないため見過ごされてきたそのようなデータ群を記録・保管して即座に解析することで、ビジネスや社会に有用な知見を得たり、これまでにないような新たな仕組みやシステムを産み出す可能性が高まるとされている。
IT用語辞典より


人間では、扱いきれない膨大なデータ。
1メガバイト X 1000倍=ギガバイト、
1ギガバイト X 1000倍 =テラバイト、
1テラバイト X 1000倍=ペタバイト、
1ペタバイトX 1000倍=エクサバイト
1エクサバイト X 1000倍=ゼタバイト
・・・・・ブッグデータはどこまでも膨大に……


続いて、人間の脳の記憶容量。
米・ソーク研究所のテリー・セチノウスキー教授は、人間の脳は全体で、脳全体では約1ペタバイト(1,024テラバイト)の情報の記憶が可能という。
たしかに、人間だとせいぜいテラレベルまでである。
ビッグデータの話しの後だから、ちっぽけに思えるかも知れない。
しかしながら、これでも実は、かなり膨大な情報量。

1,024テラバイトってどれくらい?
ここでは、1テラバイト(1TB)を基準にどれくらいかを示す。

DVDなら 約211枚分 (1TB)X1,024 =約21万6千枚分
スマホなら 約62台分 (1TB)X1,024 =約6万3千台分
文庫本なら 約1万冊分 (1TB)X1,024 = 1億24万冊分 (生まれて80歳になるまで毎日350冊読む)



【データマイニング (Data Mining)】
多量のデータを分析して未来予測や意思決定に役立てようという発想は、半世紀以上前から存在している。データマイニングとは、統計学、パターン認識、人工知能等のデータ解析の技法を大量のデータに網羅的に適用することで知識を取り出す技術のことである。

定義は、「明示されておらず今まで知られていなかったが、役立つ可能性があり、かつ、自明でない情報をデータから抽出すること」、「データの巨大集合やデータベースから有用な情報を抽出する技術体系」などがある。 通常はデータ解析の用語として用いられるが、「人工知能」などと同様、包括的な用語であり、様々な文脈において多様な意味で用いられる。

大量のデータから、ある項目と別の項目の間に共起関係を見つけ出すことを、共起分析という。
買い物データの分析等に用いられるので、マーケット・バスケット分析とも言われる。
よく知られているものに、アメリカのスーパーが分析した「おむつを買った人は、ビールも買っている」という傾向がみつかり、一見無関係な2つの商品を並べて陳列するといずれも売り上げが上がったという。
たしかに、膨大なデータからこのような隠された2つの関連性を見出すのは人間には難しそう。
膨大なデータを使って、いかに有用なデータを発掘できるかにかかっている。

現在、すでに膨大なデータを有するGoogleやAmazon,Facebookなどが猛烈な勢いで人工知能関連の市場を先行している。翻訳ソフトも性能が随分上がって来ており、自動運転技術も低速であれば実用可能なレベルまできている。
日本の企業も頑張ってほしい。


【人口知能関連分野の国内市場規模】
2015年の少し前のデータであるが、人工知能関連の国内市場規模は、2015年では3兆7450億円、これが2020年には、23兆638億円に増大し、さらに2030年には86兆9620億円にまで膨れ上がると推測されている。(EY総合研究所、人工知能がもたらす想像と破壊より、https://www.shinnihon.or.jp/shinnihon-library/publications/issue/eyi/knowledge/fsi/pdf/2015-09-15.pdf

ちなみに、学習塾、予備校の市場規模は、2015年度、9,570億円である。
(矢野経済研究所、プレスリリース2016年10月、https://www.yano.co.jp/press/pdf/1595.pdf

昔のメモや文書を見直すことはかなり重要 [ジャンク]

大変な豪雨、自然のおそろしさを痛感します。
三連休も、非常に不安定な天気になるそうです。
皆さんどうぞお気をつけください。

====================================================================
昔のメモや文書を見直すことは、かなり重要だと思います。
思わぬところにヒントが隠されていることも多く、小さな宝物を発見できます。
そのメモや文書を作成したときには得られていなかった情報が、現在入手できているため、
現在の目で見直すと、きれいに繋がってなぞが解けることがあります。

また、リアルタイムでは全く気づかなかったことにふと気づいたりします。
追い込まれた状況ではなく、ゆとりがある目で、やんわりと振り返って初めて発見することもあるのでしょうか。力の脱け具合がポイントなのでしょうか。
短期記憶から長期記憶に変わったことが影響しているのでしょうか。


今回は、ちょっと教材研究の流れで、学生時代のノートを発掘しました。
これらのパターンとは違うのですが、昔の学生時代のノートにメッセージが書かれていました。
当時は、全く気づきませんでしたが、筆跡から、ああ、あの人が書いてくれたんだって断定できました。

熟成しきった思わぬプレゼントです。
こんなこともあるのですね。




足りないものを感じる感覚を大切にしたい [ジャンク]

α波が足りない。。。
そう感じたので、
久しぶりに少しゆっくり音楽を聴いた。

何でもそうだけれど、
いろんなモノ、コトに当てはまるけれど、
そのときのコンディションに敏感になることがとても大切かと思う。
もしも、○○欠乏症になっているようなら、すぐに補給しよう。

食生活に関して
睡眠に関して
お仕事に関して
子育てに関して
休養に関して
遊びに関して
などなど


自分に対しても
相手に対しても
誰に対しても
社会に対しても


needsにも
wantsにも


みえやすいものにも
みえにくいものにも


表に出ているものにも
裏に隠されたものにも


耳を澄ます
目を澄ます
頭を冷やす

五感 いや 六感で
捕まえる

聞き逃さないように
見逃さないように

大切なモノ、コト、を逃さないように。。。。。。
その時 その空間 を逃さずに
○○欠乏症をやっつけてしまおう




お散歩するとプチ発見が多いです [ジャンク]

早朝か夜に少し歩くようにしています。
普段気づかない小さなモノ、コトに気づきます。


1)はじめに、出会ったのは名前の知らない植物の実。
実の形がそれぞれ異なっていてきれいな流線形をしていたので、思わず写真に撮りました。そのまま写生をしたいと思うぐらいに、美しかったです。
いくつかの実を同じフレームに入れることで、まるで、友だち同士が顔をつきあわせて楽しい会話をしているように見えました。愉快な協働です。
探Q舎も、もっと子ども達が増えると、きっとこれに負けないくらい愉快な協働が生まれるでしょう。


2) 続いて、ゴマダラカミキリ。
皆さんにとってはありふれた昆虫で、全く珍しくないでしょうか。
私は、初めて実物を見ました。
これまで写真でしか見たことがなかったので、きれいな青色だなあと感動して、
すこーし嬉しくなりました。
この青色は色素ではなく、光の反射でこのように見えるらしいですが本当でしょうか。
この青色の謎をご存知ですか。


3)さらに続いて、かなり体格の良いヘビ。
けっこう大きくて、びっくりしました。
ヘビに出会うと縁起が良いと言われるので、ちょっといいこと、あるかもしれません。
これから、探Q好きの皆様に出会えそうな予感です。


4) さらに、続いて、燕の巣。
近くに3つの巣が作られていました。燕はどのようにして巣を作る場所を測ったのか、きれいに等間隔に3つです。どの巣も元気な燕たちで栄えていました。
燕が巣を作ると縁起が良いと古くから言われます。
中山道に新たな風が吹く予感です。


5) よく会う中山道にお住まいの方 (おじさま)
帰り道に今日もお目にかかりました。
つい、どなたかに伝えたくて大きなヘビに出会ったことを話してしまいました。
「そうー。大丈夫だった?」
と言って、冷静に温かく聞いていただき、癒されました。
お名前は存じ上げませんが、いつもありがとうございます。
この辺りでは、きっとよく有ることなのでしょう。
皆さんは、きっと慣れっこなのでしょう。

私にとっては驚きでした。
歩いていたら、目の前を道の端から端まで、にょろにょろ横切っていくなんて。
いつも車にしか注意を向けませんが、今回は勉強になりました。

地面にももっと注意を払わなくては・・・