So-net無料ブログ作成
ジャンク ブログトップ
前の10件 | -

洞窟おじさん [ジャンク]

さきほど偶然、知ったのですが、中学1年13歳の男の子、かずまくんが家出をして、
そのまま43年も山で暮らしたというお話し。

弱冠13歳の少年が意を決して家出をするとは、
よほどの事情があったんでしょうけれど、
その逞しいサバイバル能力には頭が下がります。

ドラマみたいなほんとの話しの連続で、
「ほんまかいなっ!!」って驚くエピソードが山ほどありました。


2015年に自伝を書かれているようですので、
近いうちに読んでみたいと思います。
■洞窟オジさん (小学館文庫) 文庫 – 2015/9/8
加村 一馬 (著)

43年間も野生体験をされた方の、人生観は一体どのようなものなんでしょう。
興味津々です。













nice!(0)  コメント(0) 

懐かしい字をみてほっとする [ジャンク]

突然のお届け物。
大学時代のクラブの同級生からだった。

中にお手紙が。
とっても懐かしい字。
大学生の頃からずいぶんときはながれたが、
友人の字は、かわらない。

安定感があり、落ち着いた、温かな字。
お手紙ってやっぱりいいなあ。

いますぐ飛んで会いに行きたくなった。
これ、ほんと。

ああ、どこでもドアがほしい。
いや、タケコプターでもいいから・・・・

nice!(0)  コメント(0) 

初めて図書館で [ジャンク]

ここのところかなり煮詰まり、生産性が下がりつつある。
これではまずい、なんとかしなければ。

顔を突き合わせディスカッションできる仕事仲間が近くにいれば有り難いのだが、
なかなかそううまくはいかない。

少し気分を変えてみよう。
図書館へ。
デスクを使っている人は少なく机が広々と空いていた。
初めて、図書館で仕事してみることにした。
期待以上にいい感じだ。


普段パソコン前にいることが大半なのだが、
たまには手書きの時間もよいものだ。
静かに作業を・・・いつもより丁寧にノートを書いてみる。

こんなことしたらきっと面白いだろうなあ・・・
もうひとひねりしたい・・・
どうして・・・なんだろうか?
最新の研究成果はどこまで得られているかおさえなければ・・・
そもそも、始まりは・・・?
ここは、絶対にはずせないポイントだ。


ゲーテは、「手が記憶する」といった。


手が記憶するものは、普段考えている以上にずっと奥深いものであるようだ。
手でものを書く機会が極端に減っているからこそ、
意識的に手が記憶する機会をもちたい思う。


場所を変え、手書きした2時間半。
新鮮な時間だった。



nice!(0)  コメント(0) 

世界の名言_part6 (スヌーピー) [ジャンク]

世界の名言_part6
Snoopyに出てくるふかーい名言。
アメリカの漫画家チャールズ・モンロー・シュルツの『ピーナッツ』に登場する犬。
snoopy”には「うろうろする、のぞきまわる、詮索ずきの」という意味がある。


●They say the best way is just to live one day at a time・・
最善の生きかたは一回に一日ずつ生きること・・
サリー

●I need plenty of rest in case tomorrow is a great day・・
あすがすばらしい日だといけないから、
うんと休息するのさ・・
スヌーピー

●In the book of life, the answers are not in the back !
人生という本の中では答えはうしろにはない!
チャーリー・ブラウン

●I climbed over the fence, but I was still in the world !
へいをのりこえたけど、そこも世界の外ってわけじゃなかった!
スヌーピー

●Don't say, "ALWAYS"! Nothing in this life is for "ALWAYS" !
"いつも”っていうなよ!人生に"いつも"はないんだ
ライナス

●The less you want, the more you love.
欲しいものが少ないほど、もっと愛することができるよ

●Learn from yesterday. Live for today. Look to tomorrow.
昨日から学び、今日のために生き、明日に目を向けよう

nice!(0)  コメント(0) 

金 VS 銀 [ジャンク]

モクセイの香りがあちらこちらに漂っています。

キンモクセイとギンモクセイ。
あなたは、どちらがお好みでしょうか。

キンモクセイの方が多いので沢山出会うかと思いますが、
ギンモクセイの香り、上品で控えめな良い香りですよね。

一説では、キンモクセイの香りの方がギンモクセイの香りよりも5倍も香りが強いとか。

ついつい、多数派だったり主張が強いものに目を取られがちですが、
控えめで謙虚なものにこそ、注意を向けたいと思っています。
そこには、きっと大切なものがたくさんあります。

ちなみに、表記ですが、カナよりもやはり、ここはひとつ、
金木犀、銀木犀と、
漢字で書いた方が、だんぜん趣があると思いませんか?








nice!(0)  コメント(0) 

教員免許更新の申請手続き終了 [ジャンク]

この夏、教員免許状更新講習を受けました。


いろいろなバックグラウンドをお持ちの現役の教師の方々と、
お話しさせていただき、一緒に学ぶことができました。
公教育の現状もいろいろと教えていただけました。
塾の授業に活用できる情報も得られました。


先日、無事に講習修了証明書が送られてきました。
書類をまとめ、本日無事に申請手続きを終了しました。
一つ終えてちょっぴりほっとしました。


次回は、10年後になります?!
なんと、生徒さんが成人を迎えられる年です。




nice!(0)  コメント(0) 

空気がきれいでスッキリしました [ジャンク]

9月ももうすぐ終わりです。
後期に突入しますね。

まだ昼間は暑いですが朝夕は過ごしやすくなり気持ちがいいです。

夜8時ごろ散歩をしました。
空気がきれいで、月も美しく輝いていました。


ああでもない、こうでもないと考えながら
とことこと歩きました。

もっと、躍動的にするには・・・

上半期終了ということで、棚卸し作業のようなものを・・・
これまで練り上げてきたものを、整理しています。
脳に溜まっているものをできるかぎり排出し、見える化します。
それらの情報を洗い出し、シンプルな図に落とし込むことできっともっとよくなる。
そう思っています。


とても爽やかな風が吹いており、頭もずいぶんスッキリしました。
脳を活性化するには、やはり身体動かすのが一番のようですね。
パソコンの前ばかりではよくないです。

これからしばらく過ごしやすい気候でしょうから、
いつもより野外活動を増やせたら良いなあと思っています。


秋の夜長に、お散歩→→もくもくと探究活動。
かなり地味ですね・・・・・
nice!(0)  コメント(0) 

こんなお子様大歓迎!! [ジャンク]

ただいま、小学生に必要な10の力のうち、
発想力を鍛える問題を考えておりましたら、
こんなサイトに出会いました。

https://matome.naver.jp/odai/2134537356234869401

テストの解答、ステキすぎます。
発想力が素晴らしいです。
これ以上、発想力は鍛えなくても大丈夫ですね。
他の力を鍛えましょう。

こんな子どもたち、ぜひ探Q舎へお越しください。
特待生にしたいくらいです。


nice!(0)  コメント(0) 

読みたい本が溜まりすぎてえらいことに・・・ [ジャンク]

教育、子育て、人生哲学、心理学、脳科学、
探究学習とその授業計画、評価、
各種の探究テーマの内容に関連する内容の教材集め、
教育の世界の動向や、最近のサイエンス研究の成果フォローアップなどなど。

読みたい本が溜まりすぎてエラいことに・・・
どないしましょう。
これは、読書のスピードを上げるしかないですね。
とほほほ。参りました。


少し、落ち着いて立ち止まろうということで、
さきほどより、これまでの読書リストの上に読みたい本の情報を重ねていっています。
カテゴリーごとに整理し、マップ化、みえる化しています。

随分スッキリしてきました。あと1時間ほどかかりそうです。
中途半端なので、やっつけてしまいましょう。

みえる化パワーはやはりスゴいですね。
かなり精神も落ち着いてきました。

思考の整理は重要ですね。
理性的な面も感情的な面もどちらもクリアになりつつあることを実感します。

あと一息頑張ります。




nice!(1)  コメント(0) 

パスカルの賭け [ジャンク]

中学生の頃だったか、
論理の構築が曖昧ではあるものの自分の頭の中で漠然と考えていたことのひとつが、
17世紀の哲学者の考えの中に明確に記述されていることを知った。

立派な哲学者が何世紀も前に考えていたことと同じようなことを、自分も考えていたことを知り、
妙に勇気づけられたのであった。
どんな時代の人間でも同じようなことを考えるんだ。
自分だけが考えているわけではないんだ、という安心感。

あまり哲学的なことを議論できる機会が少ないように(勝手に自分が)感じていたため、
どうしても生の会話では難しい部分があったように思う。


その内容は、『パスカルの賭け』というもの。

確率にもとづいて、神が存在するかのように生きることを支持する議論。
明白だが、天国と地獄の存在の有無はだれもしらないし、実在の証明のしようがない。
しかしながら、人間がすべてを見通せず、たとえ理性によって神の実在を決定できないとしても、
神が本当に存在すると想定してそれ相応に生きて行くことが賢明であるとする考え方である。
神が実在することに賭けても失うものは何もないし、むしろ生きることの意味が増す、
という考え方である。


自分の場合は、神の存在というよりも、因果応報のようなことがあると言い聞かせて行動した方が良いと考えていた。
効果的に日々を意義あるものにするには、より力を出し切る人生を過ごすには、
どうするのが良いかを考えるとき、やはり、そこには何かよりどころがほしい。

科学的根拠など必要がなく、それは、単なる自己完結型の考えで充分であった。
絶え間なく強いアクセルを踏める何かが欲しくて、何かを探していたように思う。
科学では説明できなくても、人間には根拠のない思い込み、根拠のない自信、自己暗示のようなもの、
こういったものにときに救われることがあるように思う。


日常生活でも、『パスカルの賭け』の考え方を応用できる場面がいくつかありそうに思う。
こういう考え方を上手く使えたならば、心理学的に救われることもあるのではないだろうか。

たとえ、真実がそうではなかったとしても、
パスカルが350年前に言った通り、"何も失うものはない" のだから。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ジャンク ブログトップ