So-net無料ブログ作成

教科免許ない授業、文科省の検討 [記事]


朝日デジタルのニュース

===================================================================

教科免許ない授業、運用指針作成へ 文科省が検討
1/16(火) 7:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000007-asahi-soci

====================================================================
中学校や高校での人手不足などから、教科の免許を持たない教諭が授業を担当する
「免許外教科担任」について、文部科学省はガイドラインをつくる検討を始めた。
15日に初会合を開いた有識者会議で各自治体の状況を調べ、
2018年度中に結論をまとめる方針だ。


 中学と高校は教科ごとに教員免許が必要だ。
山間地や離島などの小規模な学校で教諭が配置できなかったり、
病欠や育休などで教諭が休んだりする場合に備えて「免許外教科担任」が
例外措置として認められている。

 しかし、近年は「発達障害のある子や外国籍の子への指導」
「少人数教育」のほか、「教員間の持ち時間を平準化する」などの理由から、
免許外教科担任を認める事例が出てきた。
課題を抱えた子どもに多くの時間を割いたり、教員の多忙化を防いだりする狙いだ。

 免許外教科担任は、専門的な知識のない教諭が授業をすることになり、
文科省は「安易な許可」をしないよう呼びかけてきた。
その一方、文科省はこれまで明確な運用基準を示しておらず、
一律禁止も現実的でないため、ガイドラインを作成することにした。

 免許外教科担任が認められた件数は1965年度には7万件を超えていたが、
近年は1万1千件程度で推移している。
2016年度は全国の中高で1万950件で、
最も多い北海道が1283件に上る一方、最少の埼玉県は4件にとどまるなど自治体ごとの差も大きい。
教科でみると、中学は技術、家庭、美術、高校は情報、公民、工業、地理歴史で多い。

 15日の会議では、鹿児島県や長崎県などの教委の担当者が現状を説明。
採用の際に複数教科の免許を持つ人を優遇するといった対策や、
「離島の教員定数を見直してほしい」といった意見が出た。(根岸拓朗)
nice!(0)  コメント(0) 

小学1年生の1割、発達障害か [記事]

12/3の発達障害についてのニュースです。

集団の中で浮いてしまう…小学1年生の1割、発達障害か
12/3(日) 7:11配信   ヨミドクター
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00010000-yomidr-sctch

入学前に8%近くが発達障害と診断、小学校の先生は「10%以上」が多数
小学校の先生たちから見ると、1割ぐらいの子に発達障害の特性が見られ、
何らかの支援が必要と考えられるそうです。

自治体の多くは、「10%以上」という回答が多かったそうです。
多くは自閉スペクトラムの特性を持っているそうです。

小学生のお子様をお持ちの保護者さまの印象はいかがでしょうか。
授業参観などの印象ではおよそそのくらいの割合でしょうか。

====================================================================
実際に発達障害であるかの判断は、もちろん専門家によってなされるのですが、
発達障害かどうかの判断は別としても、
実際に支援が必要だと小学校教師が判断するお子様が10%以上であるということが重要ですね。

発達障害であるか否かということよりも重要なことは、
今このときのお子様にとってベストな教育がどのようなものかを、追求することが重要でしょうか。

お子様の発達、成長は待ってくれません。
ちょっと待って・・・というように決断を先送りして、
迅速に行動に移すことができなければあっという間に年齢が上がっていくという事実を
教育的な視点で見ると大変恐ろしいことだと思います。

見栄や世間体などをとっぱらって、そこにある事実と向き合うこと。
お子様ファーストであること。
お子様に向き合い寄り添うことによって、
愛情を土台とした観察によって、冷静な見極めと的確な判断を下すことこそが、
保護者さんにも学校の先生方にも専門家にも求められているのではないでしょうか。

これは、発達障害であろうとなかろうと何も変わらないと思います。
学校の名前で選ぶのではなく、普通級かどうかで選ぶのではなく、
教育の内容とお子様の現状のマッチングだと思います。

支援が必要なのに、必要な支援をしない状況と、
支援が不要なのに、不要な支援をしてしまう状況。

これらは、どちらもお子様の今後に大きく影響を及ぼしてしまいそうです。

「支援」とは何か。
難しい問題ですね。
このような問いは、お子様が発達障害であってもなくても同様に重要だと思います。





nice!(0)  コメント(0) 

25日にひき続き、「君たちはどう生きるか」 [記事]

25日にご紹介した、吉野源三郎氏の名著についてですが、

宮崎駿監督の新作の題名も、「君たちはどう生きるか」だそうですね。
ちょっといいタイミングで、嬉しいです。
どのような映画なのか、今からとても気になります。

塾生の子どもたちも随分成長された頃に、また話題になってそうです。
映画公開はまだまだ先だそうですが、楽しみですね。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6259127

nice!(0)  コメント(0) 

素晴らしい!!〜追求してるとどんなことでも楽しい☆*:・° [記事]

ひょんなとこから、こちらのブログに出会いました。
2014年6月11日に書かれた記事、すてきなので、ご興味ある方はどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/iiotokoiionna/archives/52165481.html


ブログタイトル。
「追求してるとどんなことでも楽しい☆*:・°」
「どーんなことでも追求しているから、楽しい。」

全く、同感です。

なかなか、この真実にきづかない人も多いんですよね。
ええ、ほんとー?そんなことある?って信じられない方は、
ぜひ、明日から、追究、探究を実行に移してみましょう。
(←細かなことですが、個人的には、追求よりも追究の方が好きですので漢字を変えさせていただきました)


こちらのブログの著者の方と、そのご友人の仰ってることが真実だと実感できますよ。
きっと。。。。


「楽しくない時って、追求が足りないとき。」
良い言葉ですね!

何でも楽しい友人をお持ちのこの記事の著者さんもきっと、
ステキな追求ライフを送ってらっしゃるのでしょう。

残念ながら、「何でも楽しいという友人」のリンクには繋がらず断念しましたが、
素晴らしい記事に出会えたおかげで、今夜もハッピーです。
明日も良い日になりそうです。
nice!(0)  コメント(0) 

カッシーニの完璧なライフ [記事]

土星探査機カッシーニ13年間のミッション終了、
ほんとうにお疲れさま。
ちなみに、本家のカッシーニ (ジョヴァンニ・ドメニコ・カッシーニ)は、9月14日が命日である。

見事なライフ。
理想のライフ。
ほんとうにこのように生きたい。
1997年のカッシーニの打ち上げのとき、自分はどうしていたか。
そして、カッシーニが見事なライフを終えた本日までの歴史はどうだったか。

最後の最後まで良い仕事を全うし、
希望と期待と夢で包んだ研究課題のバトンをしっかりと渡し、散る。

カッシーニに重ね合わせ、ライフというものを考えさせられる。
感傷的になる一方で、情熱も湧いてくる。
理性的にライフとワークを考えたりもする。

きれいな土星のデータに感謝。
カッシーニが宇宙に散った、現在、
今後、カッシーニからのデータを見る時、これまで以上に美しく映ると思う。
目って物理的に見ることができるようには、器用にはできていないので。
もちろん、目からの情報を処理する脳についても言うまでもないのだが。。。


====================================================================

1997年に打ち上げられ、2004年に土星の周回探査を開始した土星探査機「カッシーニ」。
日本時間の9月15日、13年にわたる探査を終えた。
土星の大気まで探査機が入り込むのは初めてのことだった。

最後は土星の大気中で燃えてばらばらになる直前まで任務を遂行し、
14日に撮影した貴重なデータを地球へと送信したという。


今年の4月からは、土星を取り巻く美しいリングの内側まで入り込む軌道をとり、土星の表面やリングの様子をごく近くから観測していた。この「グランドフィナーレ」と名づけられた突入前の観測で、リングの詳しい様子や土星の重力分布などのデータを収集。

 地球からは平らな板のように見える土星のリングは、小さな石や氷の粒などが無数に集まってできている。今後の分析により、土星のリング形成の謎や土星の内部構造などの解明につながることが期待される。


nice!(0)  コメント(0) 

時代は、探究型学習塾です [記事]

時代は、探究型学習塾です 。


首都圏を初めとして、探究型学習塾が増えて来ています。
なぜなのか、、、、
分かりやすく説明されている記事を見つけました。

週刊女性 PRIMEの9/5付けの記事をご紹介させていただきます。
今回は、『a.school』さんという東京の先進的な探究型学習塾の記事です。
『教育大改革を先取り! 子どもの発想力を引き出す「新型学習塾」のユニークな授業』
週刊女性2017年9月5日号2017/9/1
自由研究  受験  教育  

『いま、自由研究にも通じる『探究ラボ』という新しいスタイルの授業を展開する学習塾が注目を集めている。ここでは従来の“知識つめこみ型”ではなく、子どもたち個々人の才能と創造力を引き出すことを目的にしているという。どんな授業が行われているのだろうか。』

記事は、こちらです。
http://www.jprime.jp/articles/-/10465


『遊ぶようにして、生きる力を養う。』
良い言葉ですね。全く同感です。
これからの時代の人の道は、自由研究的な探究力がますますものを言うようになるでしょう。

探Q舎代表も、これまでの経験から教育に関して同じような理念と方向性を掲げ、
春から一歩一歩進めています。
探究型学習塾にご興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。

info@tankyusha.com

都会の大きな学習塾さんのようにはいかない部分も多いかもしれませんが、
小さな塾ならではできることを大切にして日々子どもたちと向き合い、共に探究しています。

あなたが探究型学習塾にご縁があることを願っています。
====================================================================



nice!(0)  コメント(0) 

ますます二極化する社会 [記事]

夏休みの自由研究というチャンスをがっちりものにする親子、
あっさり捨て去る親子。

ますます二極化が進みます。
物事の本質を見極める力が、
お子様ご自身にも、
親御さんにも、
ビジネスを行う側にも求められます。


何が、ホントウに大切なのでしょうか?
本質を見失えば、その先は見えています。

====================================================================

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170828-00010441-jprime-life
●暗転。
自由研究の工作代行は3万円! 夏休みの宿題代行サービスに200件超の依頼殺到中。
宿題を代行する前塾講師だという。
母親からの依頼が9割だという。
まさかまさか、塾講師がこのようなことを……..??

自由研究という最高の創造的な学びのチャンスが・・・・・・


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170827-00010460-jprime-life
●好転
天才キッズのスゴすぎる夏休み自由研究「文房具図鑑」「カタツムリと意思疎通」
天才ではなくても、子ども達はみなさん、いったん火がつけばこうなります。
いつでもどこでも、だれでも、火がつけさえすれば・・・・
そういう意味では一人一人が天才になれる可能性を大いに秘めています。
それは、きれいごとではなく、ほんとうに。


あなたは、自由研究を活かせていますか?
たかが、自由研究?
されど、自由研究?

困難かつやりがいのある課題に取り組むチャンスの少ない子ども達。
親御さんのお考えが、お子様の才能の開花の可否に大きな影響を与えることは免れない事実です。

明暗を分けるのは、何でしょうか。




nice!(0)  コメント(0) 

文学部で学ぶ学問の意義 [記事]

withneuwsより。
文学部で学ぶ哲学・史学・文学・芸術学等の学問を学ぶことの意義について。

今年3月、大阪大学文学部長で、大学院文学研究科長も務める金水敏さんが卒業セレモニーで述べた式辞が、ツイッターで話題になっているそうです。

「文学部の学問が本領を発揮するのは、人生の岐路に立ったときではないか、と私は考えます」。

https://withnews.jp/article/f0170724005qq000000000000000W00o10101qq000015619A



たしかに、そういう側面はおおいにあるかと思います。
哲学・史学・文学・芸術学等の学問は、全て、人間学の中に含まれるといってよいと思います。
探Q舎でも、人生の岐路に立ったときに威力を発揮できるような学びを追究していきたいと思います。

これからの時代を“前向きに上昇志向で生き抜く、強くたくましく頼もしい探究人”を一人でも多く。






太陽の暈(かさ) [記事]

これまで、どのような自然現象に出逢われましたか?

今朝、太陽の暈(かさ)が岐阜市で観測されたそうですね。
上層の雲に含まれる氷の粒に太陽光が当たり、屈折して虹のように見える現象で、大気の状態が安定している春や秋に観測されやすいそうです。

岐阜では、この現象はよく知られている現象なんでしょうか。
私は、これまで太陽の暈という自然現象を知りませんでした。
こんな珍しい現象に自分も出逢いたいです。


以下、Wikipediaより引用します
https://ja.wikipedia.org/wiki/
暈(かさ、halo、ハロー、ハロ、ヘイロー)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。

特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、
月の周りに現れたものは月暈(つきがさ、げつうん)という。
虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいう。

===================================================================

思いがけず、珍しい自然現象に出会うと、何か良い事がありそうなハッピーな気分になりますね。
日食、月食や、彗星、流星群、スーパームーンなどの比較的メジャーな現象が多い天体ショー、
オーロラなど広大な空で生まれる現象は特にロマンチックです。
"逆さ霧"や"ダイヤモンドダスト"なども大変美しいです。

少し、調べてみたのですが、世界にはたくさん自然現象があるようですね。
知らないものが多くあり、へー!こんなのも?っていう衝撃的な映像もありなかなか面白かったです。

沢山の珍しい自然現象に出会ってみたいです。
様々な自然条件が複雑に絡み合うことによって、ごくごく稀にみられるからこそ感動を呼ぶのでしょう。
人間の技術ではとうてい創りだせないでしょうね。

落とし物をする人、拾う人 [記事]

落とし物をしたことがある人、
落とし物を拾ったことがある人。

どちらも経験されたことがある人が多いのではないでしょうか。


落とし物をして、拾った人から、会いたいって言われるケースが増えているそうです。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170524-00000080-nnn-soci


数年前、財布を落としたことがあります。
すぐに気づいて5分後ぐらいに場所に走って戻ると、すでに財布の中は空っぽでした。
ぬけがらだけが元の場所にありました。
残念ながら、落とし物をして、親切な人に拾って警察に届けてもらった経験は私にはありません。


一方、数年前、財布を拾ったことが二度あります。
どちらも、すぐに交番に届けました。
警察官からは、けっこうしつこく何度も住所や名前を聞かれました。
でも、私は落とし物をした人にお礼も求めないし、連絡も希望しないというと少し不思議そうな表情をされたのを覚えています。
いくら入っているかも興味がなかったので、拾った場所と時間だけ詳細に説明して、交番を後にしました。

====================================================================
落とし物を拾って、お礼を求める人や連絡を求める人ってそんなに多いのでしょうか。
何ででしょうね。

勝手な想像ですが、ほんとは決して純粋にお礼を希望しているわけではなく、もしかしたら不思議な出会いを求めているのではないでしょうか。そのような気持ちが前面に出てしまって、会いたいってなってしまうのではないかと。落とし物を拾う時に、そのような下心があるとちょっと怖いですね。

若い女性の持ち物とすぐに分かるものだったら、もしかしたら警察に届けられる確率が高いのでしょうか。まさか、そのような…..
見返りを求めた行為はもうその時点で善行ではないですね。
なんだか、寂しい世の中です。

余計なトラブルが起こらないよう、落とし物を拾った人の個人情報を聞くことを警察が全部やめてしまえば解決すると思うんですけどどうでしょうか。何か問題あるのでしょうか。
連絡先を聞かれなくなったとしても、落とし物を拾って警察に届ける人の割合はこれまで通り変わることがないと予想します。どうか変わらないであってほしいと願います。
そう信じていますが、どうでしょうか。