So-net無料ブログ作成
検索選択
リサーチ ブログトップ
前の10件 | -

トニー・ワグナー氏のトーク「遊びから情熱、そして目的へ」 [リサーチ]

今回は、米国のTony Wagner トニー・ワグナー氏のトークをご紹介します。


彼は、教員、教育改革の提唱者(ビジネス界のリーダー)、保護者の間に教育に関する対話が殆どないことを嘆き、教育改革を支援しています。国の内外を問わず学校や教育関係者にアドバイスしています。
米国も、日本と同様に教育改革が繰り返されるものの、苦境を脱せぬまま
苦戦を強いられている状況があり、日本と共通した教育問題を多く抱えているようです。

動画は14分ほどです。
http://www.ted-ja.com/2013/04/tedxnyed-april-28-2012-tony-wag.html
特に、12分を過ぎた辺りから、最後の3分ほどのところをおすすめします。

若き革新者たちはどうやって生まれて来たかの調査をしたところ・・・・・
学習の動機付けは、世の中に貢献したいという情熱から。
遊び→情熱→目的というパターンです。
親も先生も探求型の遊びを多く与えてきた。というお話しです。


探Q舎の信念、方針と一致する部分が多いですので、
ご興味のある方はどうぞご覧下さい。

===================================================================

Tony Wagner トニー・ワグナー氏
ハーバード大学イノベーション研究所研究員。
ハーバード大学テクノロジー・起業精神センターの第一号イノベーション教育フェロー、
およびハーバード大学変革リーダーシップ・グループ研究所の創設者・共同ディレクターを歴任。
米国マサチューセッツ州ケンブリッジ在住。

十数年、英語と社会の専任教員としてハイスクール勤務
二年間、校長
六年間、非営利団体で勤務
二十年以上、ビル&メリンダ・ゲイツ財団のシニア・アドバイザー
nice!(0)  コメント(0) 

フィンランドの教育輸出がますます活発に [リサーチ]

人口550万人の北欧の国フィンランド。
世界各国から注目の的で有り続ける教育先進国。
子ども達の高い学力については何度かブログでも以前取り上げた。
子ども達の学力は、常に世界トップクラスだが、国際調査の順位は重要視されていない。
順位を上げることが、教育の目的ではないから当然である。


教育先進国として、海外のニーズに応えるため
2016年から、「教育輸出大使」が任命され、諸外国への教育輸出を担当している。
就任後半年間で、国内の100の教育関連企業・団体と関わった。


諸外国の教員養成プログラムや教育改革センターの設立など、
海外向けの教育事業を数多く展開している。

2014年は、教育関連の収益は約337億円。
今後、ますます海外の教育市場を開拓・拡大し、収益が上がる見込みだと言う。


フィンランドの国としてのモットーは、
"世界の先端を走り、世界のリーダーとして世界に貢献すること"だという。
人口550万人の国から、これからも教わることが多くありそうだ。


以下、Wikipediaより。

フィンランドはOECDレビューにおいて「世界で最も競争的であり、かつ市民は人生に満足している国の一つである」と2014年には報告された。
フィンランドは、収入、雇用と所得、住居、ワークライフバランス、保健状態、教育と技能、社会的結びつき、市民契約、環境の質、個人の安全、主観的幸福の各評価において、すべての点でOECD加盟国平均を上回っている。



世界のちょっと変わった税制をみてみよう [リサーチ]

1) 脂肪税
2016年には世界保健機関は、砂糖が添加された清涼飲料水に20%以上の課税を行えば、肥満、糖尿病、虫歯を抑制するような消費の削減が可能であると提言している。

・2010年、ルーマニア「ジャンクフード税」
・2011年、デンマーク 「脂肪税」 飽和脂肪酸が2.3%以上含まれる食品に対して、飽和脂肪酸1キログラムあたり16クローネを課税、一年間の実施
・2011年、ハンガリー「ポテトチップス税」砂糖や塩分の多い飲食品に課税
(4人に1人が肥満の国、近隣諸国の安い国で買うなど、あまり効果が得られず廃止)
・2011年、フランス「ソーダ税」砂糖の添加された炭酸飲料に課税
・2017年、ポルトガル 砂糖の添加された飲料に課税
・2018年4月より施行? イギリス 導入する子供の肥満防止のための砂糖の添加された飲料への課税案があり、メディアは砂糖税と評した。税収は、子ども向けの健康プログラムに使用。

2) 渋滞税
2003年、イギリス・ロンドン「渋滞税」
平日午前7時から午後6時半の間にロンドン中心部の特定エリアに自動車で入ると課金される。
事前に(あるいは当日夜10時までに)市内の指定商店、郵便局、ガソリンスタンドなどで一日あたり8ポンド(日本円にして約1,000円)を支払う。
半年経過した時点で、交通量は16%減少。最終的に、30%渋滞が緩和して交通量15%軽減。
環境に優しい車、緊急車両、バスやタクシー等の公共交通機関は免除、エリア居住者は90%引きとなっている。

3) 独身税
1968年~1989年の21年間 ブルガリア。
人口減少に歯止めをかけるため、20歳以上の独身者に收入の5~10%を課した。
しかし、同税による効果はほとんどなかった。

4) 営業税
2008年、ドイツ 日曜日に営業をする企業に税金が課される。
飲食店以外の店は日曜は営業してはいけない「閉店法」がある。
最近では緩和されつつあり、コンビニエンスストアなどの出店も許可されるようになってきた。
ただし、営業時間の規制はあり、24時間営業の店は許可されていない。
ドイツの時間あたりの生産性が高い理由がよくわかる制度ではないだろうか。見習いたい。


5) 学位税
オーストラリア。大卒者に一定以上の収入があれば、3~6%の範囲で学位税が徴収される。
低収入である場合、無税。大卒者は、奨学金返済のように、自分の学費を卒業後に払う。
親の経済力によって大学進学を左右されず、学びたい人が教育を受ける権利が平等に与えられている。
こちらの制度も合理的で魅力的、日本にとって学ぶことは多い。

6)「ワンルームマンション税」
2004年  東京都・豊島区。
ワンルームマンションの割合が高いので、ファミリー世帯を増やすために導入。
ワンルームマンション税は30平方メートル未満のワンルームが9戸以上ある建物を造る場合、1戸当たり50万円を課税。2004~2012年度で169件の課税実績があり、区は29億円強の税収を得ている。


7) カナダ「外食税」
外食か食料品の購入かの境界、less than sixという定義。
ドーナツ5個以内は、外食とみなされ外食税がかかる。
ドーナツ6個以上買うと、食料品となり消費税はかからないため、客同士が話し合い一緒に購入することがあるという。
ドーナツ屋さん前での節税対策のおかげで、運命の出会いがあるかもしれない?

8)アメリカ・ミネソタ州 ファーコート税
動物愛護活動の盛んな州

9)ドイツ 犬税
無責任な飼い主を減らすため。多く飼うほど高くなる。また、飼育スペースや運動、飼い主との交流、しつけを与える義務が法律的義務が飼い主に課されている。
犬税は、税金の徴収にかかるコストが非常に大きいため(犬を飼っている家庭の把握が難しい)、
多くのボランティアや民間団体の協力が不可欠であるようだ。
ドイツだけでなく、オランダやスイスなど、ヨーロッパのいくつかの国で導入されている。

10)日本 入湯税
目的は、温泉や温泉周りの観光地の維持費としてあてるため。
観光地等にある温泉を利用する際に、一回150円。
入浴文化のない外国の人からすると珍しいが、
日本人が温泉好きだからこそ機能している税制といえる。


税制を学ぶことで、各国の特徴が見えてくる。
国民性、考え方、どういう国を目指しているのか、時代を先駆けするのはどこの国か。

自国の国民の健康と安全を守るために、
豊かな国にするために、
貧富の差をなくすために、
子ども達の教育を充実させるために
文化や伝統を守るために、
地球の環境を守るために、
幸福に暮らすために。

佐藤学X秋田喜代美の対談〜これからの学びを考える [リサーチ]

これからの学びを考える

教育学者 佐藤学氏と
教育学者&心理学者の 秋田喜代美氏の
対談です。

2012年9月収録ですが、
ご興味有る方はご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=-VfeUNgLw-0


Pale Blue Dot [リサーチ]

1977年に打ち上げられた太陽圏外を飛行中のNASAの無人宇宙探査機、
ボイジャー1号が1990年に撮影した太陽系の家族写真。

290px-Pale_Blue_Dot.png

(写真;Wikipediaより)

地球から40天文単位、約60億キロメートル離れているところからの撮影。
(ちなみに地球から冥王星までの距離が48億km)
地球が青っぽいちっぽけな点にうつっているため、pale blue dotと呼ばれている。
ほんとうは、月も映っているのだが、解像度が悪くて月は写真では捉えられない。

このボイジャー1号は、2012年8月、人口物体として初めて太陽圏を出た。
1977年の打ち上げから、太陽圏を出るまで35年かかっている。
太陽圏とは、太陽風が及ぶ範囲で太陽磁気圏のことで、太陽系ではない。
太陽系はもっと広い。

現在の位置は、以下のサイトでリアルタイムで確認できる。
https://voyager.jpl.nasa.gov/where/

ボイジャー1号は地球から最も遠くに到達した人工物となっている。
2025年頃まで、
少なくとも観測装置の一部については十分稼動できる電力を供給できると見られている。



杉田玄白と解体新書 [リサーチ]

杉田玄白、オランダ語医学書『ターヘル・アナトミア』を和訳して『解体新書』を出版した江戸時代の蘭学医として知られており、教科書でも習いますよね。

晩年には回想録として『蘭学事始』を執筆し、『解体新書』を世に出すまでのその経緯や苦労話しが記されています。

翻訳のきっかけは、原著との出逢い(緻密に正確に描かれた解剖図)と人体解剖を実際に見学した時の感動から始まっています。これは、医師としての使命感よりも純粋な知の探究が優位であったのではないかと思います。

実際の翻訳作業は前野良沢が行い、その他いろいろな人物が翻訳グループを結成し偉業がなされたとのことです。かなりのハイペースで前野良沢の家に集まり、前野良沢と杉田玄白の所持していた2冊が机に並べられ、翻訳作業に熱が入ったそうです。
志あるメンバーが集まり、同じ目的に向かって机を囲む生き生きとした光景が浮かんできます。
手持ちのものは、前野良沢の数百の単語の手作り辞書、そして蘭羅辞典(オランダ語-ラテン語)、蘭仏辞典(オランダ語-フランス語)だけで、まさに手探りの状態ですね。
それにしてもオランダ語の辞書がない中で、たった3年間で完成させたなんて驚くべきことです。

また、知識や情報がなくても、情熱、志があれば、それらは後から集まってくる、協力者が集まり物事は為し得るという教訓が得られます。

せっかちな性格なのか、それとも作戦だったのか、解体新書翻訳グループのメンバーには、「元気に生きているうちに完成させなければ、草葉の陰から本の完成を見ることになってしまう」と常々せかし続けていたので「草葉の陰」と呼ばれるようになったというエピソードも。。。。

ユーモアのある人だったのか、ほんとうにせっかちでグループのみんなにひたすらハッパをかけていたのかちょっと分かりませんが。
そう言っていた玄白ですが、83歳で『蘭学事始』を完成させ、85歳まで天寿を全うしました。

いつであれ、どこであれ、大きな仕事を成し遂げるためには、間違いなく一人ではなしえない。
多くの人の協力を必要とする。
これは、絶対に間違いない不変の法則ではないでしょうか。

孟子曰はく、
「天の時は地の利に如かず。地の利は人の和に如かず。

孟子は言った、
「天のもたらす幸運は地の有利さには及ばない。地の有利さは人心の一致には及ばない。







詩人、大岡信さんのこと [リサーチ]

詩人の大岡信さんが今年の4月5日に亡くなった。
朝日新聞の朝刊、「折々のうた」の長期連載で有名である。

Wikipediaによると、
「日本の詩人、評論家。東京芸術大学名誉教授。
日本ペンクラブ元会長。一ツ橋綜合財団理事。
大岡の詩は英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、中国語、スペイン語、マケドニア語に訳されている。」

中学校か高校のときに、教科書に作品が載っていた記憶がある。
詩だったかどうか忘れましたが、スッキリとして鋭い文章だなあ、なんて感じはしたが、
それっきり。これまで通り過ぎていた。

この春、訃報をニュースで知り、そういえば、と少し懐かしさをおぼえ、
改めて詩集を読んでみた。

「大岡信詩集 きみはにんげんだから  水内喜久雄  理論社」


=======================================================================
水内喜久雄さん (選者、著者)のあとがきを読んで。

大岡さんの学童期における天職との出逢いについて少しまとめた。

●きっかけ。
小学校2年生の時、作文を書き、佳作に。
→お父さん(小学校教師、歌人)が黙って応募
→佳作に入選、「なまづ」
 ある日、お父さんが持ち帰ったなまづをしばらく家で飼うことになり、このことを書いた作文。
→このとき、自分より上手く書く人が沢山いることを知る。
 また、人に比較されることの恐ろしさを知る。

●もの書きが身近な環境。
お父さんは二十代の頃から、短歌雑誌を創刊、夜には同人の人が集まることが多かった。
そんな環境で、モノを書くのは誰でもやることだと思っていた。
作文は、模型飛行機や凧を作るのと同じ子どもの遊びの一種だった。
→作文から詩の方に行ったのは、中学3年生(敗戦の年)。中学3年生、4人で同人雑誌を。
 二年の服役を終えて、復員して来た、沼津中学の東大国史科出身の茨木清先生を捕まえて指導を仰ぐ。
→同人誌を書き始めてから、文章を書くのはそんなに簡単じゃないということを知る。
→学校の茨木先生の部屋で熱心に勉強する。読書や気に入った文章の書き写し。

やはり、例外にもれず、多くの要素が必要であるようだ。

豊かな自然体験、
才能、
遺伝、
環境、
親の観察と判断
評価、
タイミング、
同志、
良き指導者、
良い教材、
読書、
GRITなどなど。

さいごに、
若い人たちへのメッセージ が最後に(125頁)書かれていたので、引用する。
○「今は古い時代のものは絶対読まないという人がほとんどです。
それは、やっぱりよくないと思うのです」
○「古い時代のものを読まないで、自分たちだけやっていると円形を描いても半径がとても短いものしかできません」
○「古い時代のものはとても大事だと言われちゃうと反発することがあるかも知れないけれど、今は反発さえしない。反発することができるぐらいに古い時代のものを知っておけ、と言いたいです」




生体認証 [リサーチ]

【生体認証】
人体の身体的特徴を生かした生体認証は様々な場面で使われています。

【指紋】
一人一人指紋が違うことはよく知られています。
自分自身の指紋を見てみたことはありますか。

指紋を装置で画像として読み取り、本人かどうか認証します。
指紋の中心点から、端点、分岐点、三角州のような特徴点がどの位置にあるかをデータ化し、
およそ100個程度の特徴点を照合することによって本人確認がなされています。

●指紋は、4種類に分けられます。

渦状紋、中心が渦巻いている、日本人の約50%
蹄状紋、馬蹄形に似ている、日本人の約 40%
弓状紋、弓の形に似ている、日本人の約10%
変体紋、上記3種に属さない珍しい紋、日本人の1%未満
*同じ人でも上記のうち2種類の指紋を持っていることもあります。

変体紋だった方は、とっても貴重です。
指紋の話題になれば、注目の的間違いなしです。
それとも、指紋の話題になることなんてないでしょうか。
そんなときは、ぜひ飲み会ネタとしていかがでしょうか。

●人種と指紋

アフリカ系の人々、弓状紋は多い。渦状紋は少ない。
ヨーロッパの人々、蹄状紋が多く、弓状紋は少ない。
モンゴロイド系の人々、渦状紋が多く、弓状紋は少ない。


【他の生体認証】
虹彩認証・・・瞳孔の周りにある虹彩の模様を使うもの。
虹彩は瞳孔の拡大、縮小の調整を行う環状の膜です。
同一人物でも左右の模様は異なります。

顔認証・・・目、耳、鼻、口などを特徴点としてデータ化します。
最近は、変装していてもサングラスやマスクをしていても、ウリフタツの一卵性双生児でも識別できるレベルに達しています。

画像認識技術の進歩はこれからも益々期待される分野ですね。


ダンゴムシの謎 [リサーチ]

みなさんは、ムシは好きですか?苦手ですか?
ダンゴムシはどうでしょうか?
ダンゴムシで遊んだことのある人も多いのではないでしょうか?

ダンゴムシは、エビやカニなどと同じ甲殻類の仲間です。

【出産】
これから夏にかけて出産の時期です。
おかあさんのお腹の中で孵化した小さな小さなきれいな透明がかった透き通るような体の子供達がうじゃうじゃでてきます。50個体から200個体だとか。眼だけが黒い点にみえて、キュートです。

【脚の数】
不思議なのが、脱皮前の子供達は、脚が6対しかないことです。
脱皮後の成長とともに、大人と同じ7対になるそうです。
このたった1対の差は何を意味するんでしょうね?
1対だけ後で増える必要性がどこにあるのでしょうか?

【脱皮】
脱皮は、下半身と上半身に分けて、別々に交互に繰り返されます。
敵に襲われないように安全のために半分ずつ行うのでしょうか?
脱皮にはエネルギーを要するため、一気に全身の脱皮をするのはしんどすぎるのでしょうか?
脱皮の様子、見事です。きれいな真っ白の抜け殻、検索してみてください。
これまた、キュートですよ。脱皮後は、抜け殻を食べて栄養として活用します。

【交替性転向反応】
ダンゴムシの面白い習性 (交替性転向反応と呼ばれます) を利用した迷路実験は良く知られていますが、触覚を処理したら結果が大きく変わるそうです。探Q舎でも、ダンゴムシの実験をしてみたいと思います。


ダンゴムシの生態については、求愛などまだ詳しく分かっていないことも多いようです。
面白いことが多く隠れていそうです。
将来の博士のみなさん、ぜひ新発見を!

いのちのゆくえ、複雑な現状 [リサーチ]

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6240667
Yahooニュースで人工妊娠中絶の記事を読んだ。

「日本では今、1年間で約18万件の人工妊娠中絶が行われている。
出生数から弾くと、6回に1回の妊娠が中絶されている計算だ。」
という。。。。。。。。恐ろしい数字だ。


なるほど、理由は千差万別だというが、1年間で約18万件。
数字そのものが大変大きいような印象を受ける。
単純に365日でわってみると、493件/日
さらに、24時間でわってみると、20.5件/時間

深刻な問題があり、このような高い人工妊娠中絶件数があるのだが、
それにしても、自然流産を除く、人工中絶だけなのに、ここまで多いとは、とても残念な現状。
政府も個人も、もっとこの現状を分析し、早急に対策を講じなければならない。


【自然妊娠した命を人工的に絶とうとする。】

一方で、

【人工に妊娠させ、命をつくりだそうとする。】

個人の希望や、少子高齢化社会を考えることも大事だが、もっと大事なものがありそうにおもえる。
一人一人が"命に向き合う道"をまず第一にもっともっと深く考える必要があるだろう。


ここで、あえて、

"人工的に失われる命"と、
"人工的に生み出される命"

を比べてみたい。


そう、いかなる理由があろうとも、事実として、
どちらも


"人工的に命が扱われている"


という点がポイントである。


====================================================================
一方では6組に1組が不妊に悩み、多くの労力、エネルギーを投じて不妊治療を行っている。
====================================================================
日本は体外受精の件数が世界で最も多い。

体外受精とは、
精子と卵子を体外で受精させ、女性の子宮に戻す不妊治療。

当初は卵子の通り道が詰まっている患者らに限定して始まった。
不妊治療として、2004年度に費用の公費助成も始まった。
実施件数の多さの一方、体外受精での出産率の低さ (世界最低レベル)が課題。
1983年、国内初の体外受精児誕生。

2016年の時点では、体外受精で生まれた子どもの数は初めて43万人を突破。
(この約半数が受精卵などの凍結技術を使って生まれている。)

====================================================================
体外受精児
日本産科婦人科学会の集計
2014年、国内の医療機関での体外受精件数、39万3745件
その結果4万7322人の子が誕生。
体外受精で生まれた子どもの割合は約21人に1人 (14年の総出生数は約100万3500人)


====================================================================

人口妊娠中絶の件数の方が、断然多いというかなしい現実がある。

前の10件 | - リサーチ ブログトップ