So-net無料ブログ作成
検索選択

「一瞬で判断する力〜私が宇宙飛行士として磨いた7つのスキル」 [読書]

「一瞬で判断する力〜私が宇宙飛行士として磨いた7つのスキル」若田光一 日本実業出版社

日本人として初の国際宇宙ステーション(ISS)船長を務め、4度の宇宙飛行を果たした
宇宙飛行士・若田光一さん。

宇宙飛行士という極めて過酷な状況での経験を積まれた著者ならではの説得力ある仕事論です。
宇宙から地球を眺めるという体験をした人は、間違いなく大きく世界観、人生観が変わるのではないだろうか。そのような人の仕事論は、どんな感じなのだろう、一般のビジネス書とどこか違ってくるのだろうか、そんなことを考えつつ、読んでみました。

知力はもちろんのこと、強靭な精神力と身体能力が必要とされる宇宙飛行士。
その他にも、語学力、想像力、コミュニケーション能力など多くの力が求められる。
「想像する」「学ぶ」「決める」「進む」「立ち向かう」「つながる」「率いる」というキーワードの中で、それぞれ、重要なスキルについて語っています。

6名程度の多国籍の宇宙飛行士からなる国際チームが、限られたストレスフルな宇宙スペースの中で、長期間、過密スケジュールなミッションを全うするため、司令官としてリーダーとしてチームを統率した経験からリーダー論についても熱く語られています。


これからの子ども達は、こういう国際的な環境の中で仕事をする機会も多くなるのではないでしょうか。
宇宙スペースとは言わないまでも、地上であってもこの著書に書かれている7つのスキルは必要不可欠なものに思える重要なものばかりだと思います。

無重力状態の狭い空間、多国籍チーム、早朝から夜までの過密スケジュールでのハードワーク、
5カ国に設置される管制塔との日々の交信などなど。
そんな厳しい環境で鍛えられたからこその洗練された仕事論です。


若田氏はサインに、"夢、探究心、思いやり"と書かれるそうです。
探究心がもれなく入っていて、嬉しいです。




多くの宇宙飛行士が感動的な名言を残しています。
劇的に境界が全て消失して地球まるごと一つとして、人類全体としての視点に転換されるんですね。
====================================================================
「人類が一つになって地球環境の保全をはじめ、
数多くの問題を解決していかなくてはいけない。
それに加えて、フロンティアを拡大していくことも忘れてはならないだろう。
そこから、新しい世界人としての文化や価値観が生まれてくるのだから。」
若田光一宇宙飛行士のことば


「最初の1日か2日は、みんなが自分の国を指していた。
3日目、4日目は、それぞれ自分の大陸を指した。
5日目には、私たちの念頭にはたった一つの地球しかなかった。」
スルタン・ピン・サルタン・アル=サウド宇宙飛行士のことば



nice!(0)  コメント(0) 

「ノーベル賞受賞者にきく子どものなぜ?なに?」 [読書]

どんな専門家でも、一般の方にわかるように説明できてはじめて一人前と言われる。
研究者も、自分の研究を小学生に分かるように説明することや、
一般の人に対して研究テーマを2分で説明する、といったことができるようにとよく言われる。
普段から本質を追究し、自分の仕事をホントウに分かっていなければ、こういうことはできないだろう。
自分が身をおくこの世界のことももちろん同様である。

たまたま、図書館でこのような本が目に入り、読んでみることにした。
探Q舎の好奇心旺盛な子ども達にどんなことを聞かれても動じないように(?!)




====================================================================
「ノーベル賞受賞者にきく子どものなぜ?なに?」
ベッティーナ・シュティーケル 編、畔上司 訳、2003年  主婦の友社

空はどうして青いの?
愛情って何?
電話ってどうしてつながるの?
戦争はどうして起こるの?
地球はいつまで回っているの?
1たす1はどうして2なの?

など、小学生が尋ねそうな質問ばかりですね。
質問はシンプルですが、本質をついた重要な質問ばかりですね。
探Q心の強いお子様たちは、きっとこのような疑問を持つでしょう。

このような質問をされて、すぐにビシッと答えるのは相当難しいように思います。
自分が小学生の頃を思い出しながら、質問するところを想像してみたり、
小学生の親御さんの立場で、答えるところを想像してみたりしました。
自分だったらどんなことを質問するだろうか、どんな風に答えるだろうか、と考えながら。

みなさんはいかがですか?
小学校高学年でも読めるとは思いますが、結構難しい項目もあります。
中学生でも面白く読めると思います。
しかしながら、お子様がいらっしゃる保護者の方に最もお薦めしたいです。
参考になる部分が多いですし、大人にとっても学べる内容です。

それぞれの質問に対して、それぞれの受賞者が回答しています。
ちょっとズレている気がして完全に納得いかないものもありましたが、
さすがに分かりやすくビシッと回答されているなあと思うものの方が多かったです。









nice!(0)  コメント(0) 

『いのちの木』 [読書]

『いのちの木』ブリッタ・テッケントラップ  作絵  森山京 訳  2013年  ポプラ社

今回は、おすすめの絵本を一冊ご紹介します。
とてもシンプルかつエレガントに描かれた美しい世界です。
この絵本が素晴らしいと思う点がいくつかありますが、
一番のポイントは、イントロからいきなり、○が描写されるところです。
大変、秀逸な作品だと思います。

命が目の前から消えたとしても、生き続けるものがあります。
大切な哲学、大切な愛が押し付けがましくなく、穏やかに表現されており、それぞれの読者が無理のない形で何かを受け取れる。

そのようなきれいな絵本です。

例えば、お子様が大切に飼っていたペットの命が絶えたとき、
こころを勇気づけてくれる一冊になるのではないでしょうか。

大人でも辛い別れが襲ったときには、癒されるかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0) 

「ヒロシマに来た大統領、朝日新聞取材班 著、筑摩書房、2016」 [読書]

世界情勢、難しい危機的状況になっている現在です。
一人一人が平和について考えること、これも教育の中の重要な課題です。
歴史を知り、現在を知ることは、ほんとうに重要であると思います。
情報を求めて事実を見ようとしなければ、事実に出会えぬまま生きていくことになりますね。

====================================================================
Yahoo!の意識調査、「原爆資料館、行ったことある?」
https://news.yahoo.co.jp/polls/domestic/30343/result
ある、69%
ないが、いくつもり、16.3%
ない、行くつもりもない、14.7%
2017.8月12日現在、合計:38,445票

あなたは、訪問されたことはありますか。
実は、長崎やドイツの収容所はあるのですが、広島はまだ行けていないのです。
この4月に、資料館がリニューアルオープンしたそうなので行かなくてはと思います。
CGで広島の町がどのように変わり果ててしまったのかを示したものもできたそうです。
ケリー長官もこれを見学した際に、驚愕したそうです。

====================================================================
「ヒロシマに来た大統領、朝日新聞取材班 著、筑摩書房、2016」
読みました。
2016年5月27日、被爆地・広島を訪れたオバマ大統領。
当時の、ニュースを思い出します。
歴史的なこの訪問が実現するに至るまでを追った取材班のレポートです。
アメリカ人の認識の調査結果などもあり、また被爆者アンケートの結果から様々な意見が掲載されていました。

答えが一つではなく、アンケートに答えた被爆者の方の人数の数だけ回答がありました。

オバマ大統領の17分間のスピーチの中に、
「いつか、証言する被爆者の声が聞けなくなる日がくるでしょう。」とありました。
8月15日、戦後72年目の終戦の日を迎えます。
生の声が聞ける時間のリミットが近づいています。

考えねば・・・・・
平和について、世界の唯一の被爆国である日本の今後のあり方について。



nice!(0)  コメント(0) 

「面白くて眠れなくなる天文学」 [読書]

1990年代後半あたりから、技術の進歩により、宇宙について新たなことが沢山分かって来ています。
ここ数年の間にも、大発見がいくつかありました。
今年も系外惑星や地球外生命の存在可能性の高まり、重力波の観測など、
天文学、宇宙物理学の分野でアツいニュースが続いています。


そこで、最新の天文学事情を把握したいという思いから数冊を選んだうちの一冊です。
「面白くて眠れなくなる天文学」縣秀彦   PHP 2016年 11月

数々の面白いトピックスについて、分かりやすいように、親しみやすいように軽妙なタッチで書かれていました。本当は、とても難しいであろうテーマについても堅苦しい表現を避けて上手く興味を抱かせるような工夫がみられました。
こちらの本は、2016年の秋に発行されているため、今年の研究成果をを追加すれば、ほぼ状況がつかめそうです。読みやすかったです。

宇宙や星が好きな方にはもちろんですが、現在、悩みがあって少ししんどい方、大変なことが多くて落ち込みがちな方にもおすすめです。
スケールの大きな宇宙のお話しは、ただ科学的な知識だけではなく、
励まし、癒しのようなものも、きっと与えてくれると思います。
ちょこっと世界観が変わるきっかけになるかもしれません。

本の表紙にあるクイズをご紹介します。

Q) 流れ星1個の重さはどれくらい?
1.コーヒー豆(0.2g)
2.ボウリングの球 (5kg)
3.ジェット機(350t)

====================================================================
7月末にも流星群の見頃がやってきます。

7月下旬,みずがめ座δ流星群、やぎ座流星群。
7月26日頃からは明らかに流星数が増えたと感じられるそうです。

ご興味のある方は、すこしのんびりと星空を眺めてみてください。
観察中、願い事を唱え続けていれば、叶えられるかもしれません。

いかに老いるべきか バートランド・ラッセル [読書]

慌ただしい日常の中でも、すこしは、生の探究をしたいものです。
今日は、少し大人の生の探究です。


「いかに老いるべきか バートランド・ラッセル」

ラッセル
●イギリスの哲学者、論理学者、数学者
●哲学者として、教育学者・教育者・政治運動家・社会批評家としても活動。
●アリストテレス以来最大の論理学者の1人であり、特にラッセルのパラドックスで有名。
●ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの才能を早くに見抜き良き理解者として彼を支援。
●1950年 - ノーベル文学賞受賞。『人道的理想や思想の自由を尊重する、彼の多様で顕著な著作群を表彰して』
●核廃絶に対する共通の想いから親交のあったアルベルト・アインシュタインと「ラッセル=アインシュタイン宣言」を発表した。
●97歳まで生きた。


80歳を超えて発表したもので、和訳では、4ページの簡潔な作品ですが、これまで以上に(少なくとも物理的には)長い人生が想定される高齢化社会を生きる私たちにとって、示唆に富む内容です。
数学者らしい表現方法だなあと感じます。

小さい頃、川はどこから生まれるのか、疑問に思った人はいませんか?
あるいは、小さなお子様から、この川はどこから来たの?と尋ねられたことはありませんか?

ものごころつくかつかないかの年頃から、人が川に魅力を抱くのはなぜか。
ラッセルは、ひとつの答えを提供してくれます。

イギリス人ですが、東洋の思想、仏教的な思想と重なる考えを提示しており、コアな領域は人類共通で、世界のどこにいてもかわらないのかもしれません。








クモの探Q〜クモの赤ちゃんの助け合い精神 [読書]

『クモの糸のミステリー  ハイテク機能に学ぶ      大崎茂芳 著    中央新書』

昨日に引き続き、同じ著者の書籍です。

卵のうから孵化した赤ちゃんグモ達は、お互いか細い糸を出し合ってしばらく集団生活をします。
赤ちゃんグモの集団に棒を入れ、比較的沢山の赤ちゃんグモを取り出します。
その後、棒に振動を与ると、糸を出して次々と棒から下へ降りて逃げます。

しばらくして、状況が安定すると再び糸を伝って上方へ登っていきます。
(脳内で、芥川龍之介の蜘蛛の糸の描写を人々から赤ちゃんグモの集団に変換してください。)

このときの、下から二番目にいる赤ちゃんグモの行動は、ほんとうに驚異的、感動的。
なんと、最下位の赤ちゃんグモを助けるため、上昇する他の赤ちゃん達とは逆に自ら下方に降りて行くそうです。
自ら、助けに降りて、最下位の赤ちゃんグモを上に引き上げ、自らは最下位になりますが、しばらくして、再び上昇します、登りながら牽引糸を全て集めて糸の整理整頓まできちんとこなします。

この現象を6年間連続で観察されたそうですので間違いないでしょう。
====================================================================
魅力的なお話しです。
くもの赤ちゃんですよ!!
いつ、どこで、どのようにして、助け合いの精神を学んだんでしょうね。


数々の素晴らしい研究をされている大崎茂芳先生、ついにクモの糸でバイオリンを作られたそうです。
クモの研究は、はじめの頃は趣味で開始されたようです。
いずれの研究業績にも言えることですが、時代の先を行く研究テーマの設定が実に絶妙だと思いました。
研究テーマの設定は、その後の研究の成果の大部分を占めると言えます。

世界中で誰もやっていないことに、勇気を出して挑戦することが重要なのでしょう。
そのためには、日頃から嗅覚を鋭く、視野を広く持つ、ということが重要かもしれません。
先の見えない現代にこそ、独創性の高いものの見方、考え方が威力を発揮することと思います。
開拓精神は、これからの時代を21世紀を生き抜く逞しい力となることでしょう。

人類の科学技術の進歩は急速ですが、世界には相変わらず身近なところにも不思議や謎が溢れています。
まだまだ明らかになっていないことが、世の中には沢山あります。
自分の目でQを発見し、解決する楽しさを味わってほしいです。
大人には、子どもたちの創造性、独創性、面白いアイデアを潰さないことが求められます。



クモの探Q〜クモのリスクマネジメント [読書]

『クモの糸の秘密  大崎茂芳  著  岩波ジュニア新書』

折角ですから、自然に恵まれたこの立地条件を活かしたいと思います。
時には野外学習や青空教室もしたいと思います。
季節を考慮し、熱中症などには十分配慮する必要がありますが、現在実現可能性の高いテーマをいくつか作っています。

そのうちの一つに、いきもの好きの子ども向けに"クモの探Q"があります。

本日は、クモの命綱について、少しご紹介します。
この本の著者は、大学教授で、2006年にクモの糸をつなげたハンモックにのってクモの糸にぶら下がるのに成功されました。生体高分子学、高分子物理学が専門です。クモの糸も高分子です。

===============================================
クモは7つの分泌腺を持っており、そこからそれぞれの目的に合った7種類の糸を出します。
そのうち、牽引糸と呼ばれるクモの命綱ですが、細いながらも大変強度の高い糸であることが知られています。

文字通り、命綱なんですが、その糸の弾性限界強度*は、クモの体重に比例して増大し、その傾きは約2になっています。その後、電子顕微鏡での観察で、この牽引糸は2本の円柱状のフィラメントから構成されていることがわかりました。つまり、この体重の2倍という値は、万が一、2本から成る命綱のうち1本が切れてしまっても、残りの1本で、クモの体重を支えることができるようになっているのです。
クモのリスクマネジメントです。

この研究結果は1996年、
「二の安全則」として、権威ある科学雑誌Natureに掲載されました。
S.Osaki, "Spider silk as mechanical lifeline", 384,419 ,1996

「へー!!よくできているなあっ」
て感動しませんか?
自然や生き物の知恵は恐るべし、です。
まだまだ、
「なんと、上手くできていること!!」
と感動したことがたくさんありましたがここには書ききれないほどですから断念します。


*弾性限界強度
糸に引っ張る力を加えると力の大きさに比例して伸びるが、ある限界点を過ぎると、伸びやすくなる、さらに力を加えると糸が切れてしまうが、この力 (張力)に比例して糸が伸びる張力ー伸びの正比例の関係が変わる限界点での張力を言う。

====================================================================

今回、クモの探Qの教材を作製する中で、クモの不思議が沢山あることが分かりました。
研究の結果、明らかになっていることもありますが、まだまだ解明されていない面白い謎が沢山あるようです。

日本に存在するクモは約1200種だそうです。
こんなに種類があるのですね。

ただ、毒グモ (コマチグモとセアカゴケグモ)には注意しなければなりません。
基本的に攻撃性は低いため、不用意に攻撃しなければ、ヒトに噛み付くことはないそうです。

クモには、4億年の進化の歴史があり、400万年の歴史のヒトには到底及ばない進化の歴史です。
生きる工夫が沢山蓄積されているようです。クモから学べることも意外に多いかもしれません。

みんなの日本語事典 [読書]

みんなの日本語事典 言葉の疑問・不思議に答える  明治書院   中山緑朗 他 編


1) 「 冷たい」「 寒い」の対義語は?

2)「 宿題はおおよそできた」、「宿題はだいたいできた」の違いは?

3) 「 暗礁をさける」、「 暗礁をよける」の違いは?

4) ウサギの数え方は?その理由は?

5)風呂敷の語源は?

6)「重い」、「重たい」の違いは?
同様に、けむい、けむたい、眠い、眠たいなど。

7)南東と東南はどう違うのか?

8) 2つの語の合体バージョン
  やぶく= やぶる + _______
はたく= はらう +   _______
 ゴジラ = ゴリラ + ______________

英語でも、
 brunch = breakfast + _______________
smog = smoke + fog
mook = magazine + _______________
英語圏で生まれた語が、日本語においてそのまま外来語として使用されている例。

9)「 雨が降り始める」と「雨が降り出す」の違いは?

10)「 を」 と 「 に」 の選択

11) 「 に」と「へ」の使い方


など、数々の日本語の素朴な疑問に対して専門家が解説してくれています。
子ども達や外国人のみなさんから質問がありそうな問題が多くあります。
日本人としても、学校教育では習わないことばかりで勉強になります。

美濃加茂市は、外国の方が多いそうですので、彼らから質問されたとき、
この本の内容を思い出せば、明瞭に説明できるかもしれません。
きっと彼らもガッテンしてくれると思います。


日本人の多くが誤用している日本語も数多く取り上げられており、言葉も"生き物"だと再認識しています。本来の意味を理解して正しく使えている人の方が少なくなってしまったような言葉も沢山あるようです。
しかし、改めて思いますが、日本語って難しいですね。
奥深い世界です。

"宇宙"と"進化"〜時空間の広大さを意識して [読書]

7月の裏探Qテーマ
(教材研究の探Qテーマのことです、子ども達の授業は表の探Qです)
は、『"宇宙"と"進化"〜時空間の広大さを意識して』です。

2冊のおすすめの本です。

●せいめいのれきし 改訂版 地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし
バージニア・リー・バートン 文・絵、いしいももこ 訳、まなべ まこと 監修  岩波書店
●人間    加古里子  ぶん/え  福音館書店  

すでにご存知でしょうか。
私はテレビを持っていないのですが、友人によるとテレビで紹介されていたこともあるそうです。

2冊とも時空間のスケール感覚を身につけながら宇宙の誕生、生命誕生、進化、過去から現代、今日まで流れるような広大なストーリー。
どちらも絵が、とっても温かくて良い感じです。
絵本だから当然でしょうけれど、それにしても絵が良いんです……

そして分かりやすいように細部にいたるまで工夫が張り巡らされています。
子ども達の豊かな想像力をかき立てるでしょうね。

自然科学から人間科学まで、お子様に良い影響を与える良書だと思います。
これぞ、深〜く広〜い探究といえそうです。


補足の情報です。
どちらも、作者が文字通り人生をかけて創造された、大作です。
●せいめいのれきし (制作時間 8年)
●人間 (製作期間 17年)

絵本作家も、一つの作品に多くの時間を費やされています。研究者と同じですね。
その努力から生まれた知の結晶は、これからもずっと子ども達に継承されていきます。
宇宙の歴史、生命の進化と同様に、知の結晶も脈々と伝えられて行くのでしょう。


また、おすすめの本がご紹介いたします。