So-net無料ブログ作成

北欧リサーチ、再び [探Q舎]

北欧リサーチ、再び。
本日からフィンランドの学校の教科書を読んでいます。
日本の教科書と見比べつつ、

リサーチ、
リサーチ、
そして、リサーチです。

教科書のウラにある、オトナの戦略を読み解くべし、ですね。

探Q舎の授業に活かせるところは、全て活かします。
お楽しみに・・・

nice!(0)  コメント(0) 

"考える力"は、ほんとに"考える力"が必要なようです [探Q舎]

考える力、
みなさん、ほんとうに考える力が必要なようです。

うーんってうなりながら考えます。
机の下に這いつくばって?ひれ伏して?考えます。
ぶつぶつつぶやきながら考えます。

最初の頃は、慣れていなくて大変でしょうけれど、
粘り強く、挑戦してほしいです。

みなさんのお力、期待しています。

注意すべきこととして、
みなさんのせっかくの自信を失われないように、
同じ時間の中に、
スッキリできた!!って言えるようなものと、
うーんって奮闘しなくちゃいけないものを、混ぜるように気をつけています。




nice!(0)  コメント(0) 

お一人でも多くの方に出会えますように・・・目指せ、探Q伝道師。 [探Q舎]

世界をひろげるチャンスは
いつでもどこでもゴロゴロ転がっているもの

実は、出会いのチャンスも
あちらこちらにあるもの

お一人でも多くの方に探Qに出会っていただきたい・・・
日常生活でも探Qを実践いただきたい・・・


そんな想いがありまして・・・
そんな願いがありまして・・・


これまでのところ、
美濃加茂市、可児市、関市のみなさんに御世話になっています。
ありがとうございます。これからも宜しくお願いいたします。

====================================================================
このたび、上記の市民のみなさまに加え、
近くの市にお住まいの方にも知っていただく機会があればと願いまして・・・


あらたに、
多治見市のアドバイザー、
犬山市の市民講師、
に登録させていただきました。


ということで、多治見市のみなさま、犬山市のみなさま、
今後、どこかでお会いできるかもしれません。
どうぞ宜しくお願いします。

====================================================================
そんな流れで、窓口のご担当の方々とお話しさせていただく機会をいただきました。
もちろん、お仕事上の事務的なお話しなのですが、みなさまお子様をお持ちのご様子。
会話の中で、ときおり、人の親としてのご表情に変わったのが印象的でした。
お父様目線から、お母様目線から、ご興味を持っていただいたようで、
いろいろとリアルな質問していただけて、何だか強い激励*を受けたようで嬉しく思います。

*個人の主観的な印象です。
わたくしがただのポジティブ思考人間だからなのかもしれませんが・・・

ご担当の皆様、お世話になります。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。





nice!(0)  コメント(0) 

ほんと、実験しないとわからないもんだね [探Q舎]

先週の実験の振り返りを行ったときのひとこと。
「ほんと、実験しないとわからないもんだね。」

予想と実験結果が随分違っていたようです。
一週間たってからも、振り返ってとっても悔しそうで、
でも同時になんだか嬉しそうで、ステキな表情でした。

ものごとの思い込みの危うさ、
日常生活の中での認識のいい加減さ、
実験の重要性、

どうやら大事なことに気づいてくれたようです。
その表情にその言動に安堵しました。



nice!(0)  コメント(0) 

面白くてたまらない算数の問題に触れる [探Q舎]

算数好きにはたまらない類いの問題。
算数、一言で言えないくらい、奥深い世界が、たしかにあります。

そもそも算数嫌いってほんとうに存在するのか疑わしいと思っています。
ついでに言うならば理科嫌いも同じですが。

きっと、どこかの段階で不幸にも嫌になってしまうのでしょう。
どこかの段階でその面白さがうまく伝わらなくなってしまうのではないかと。


今週の「考える力」の授業では、
ステップアップ方式で、
同じような思考が求められる基本的な問題ををいくつか先に経験してもらった後、
最後に算数オリンピックの問題をひとつだけ行いました。

ぐーっと考えていました。
そして、粘り強く計算をくり返しくり返し、答えを出そうと頑張っていました。
しばらく、介入せずずっと様子をみていました。
このように全力で頑張る経験をすることにこそ意義があると考えるためです。


時間的な調整のため、結局は、最後に介入することになってしまったのですが、

最後になぞが解けたときは、
「あっ!!そっか!そういうことか!してやられた!!」と驚いた表情で。
でも、スカッとしたようで、ご本人の頭の中でたしかに一つステップアップできたと思います。

今回も、なかなかの手応えでした。
とっても良い表情でした。
嬉しさ半分、悔しさ半分、しかし、とても良い晴れやかな笑顔でした。


算数の面白さを知っているお子様には、より上質かつ高度な問題を提供したいです。
算数にまだ慣れていないお子様には、まず簡潔かつ上質な問題を提供したいです。


上手く解く方法はないか?
楽して解答に辿り着く方法はないか?
効率よく解くには?

考える力を身につけることを目的とした、『考える力』の授業では、
よい意味でサボる心、省エネの心も必要です。

まじめに粘り強くじっくり考える力も重要ですが、
その一方で、どうするのが最短コースか、
省エネでゴールまで辿り着ける最短コースの道を模索することもやはり重要に思います。


===================================================================
気に入ったお子様は、お家の方に、この問題を解いてもらうと話されていました。
大人でも、なかなか楽しめると思います。
お子様から、算数の問題が出されるかもしれませんが、どうぞ真剣にトライをお願いします。

親子で探Q、ご協力のほど宜しくお願いいたします。




nice!(0)  コメント(0) 

コミュニケーション、コラボレーション [探Q舎]

いろいろな世界で、コミュニケーション、コラボレーションが叫ばれていますね。

政界も揺れていますが、
植物もコミュニケーション、コラボレーション。


粘液性の液を葉が分泌することにより、虫を捕らえる食虫植物モウセンゴケ。
その名の通り、葉の長いナガバナモウセンゴケは、葉が大きいので、
トンボ、チョウ、ハエなども捕まえることができます。

大きい獲物のときは、尾担当、羽担当、足担当といったように、
数枚の葉がみごとなコラボレーションでもって、獲物をゲットします。

葉と葉同士も会話、協力しているのですね。

====================================================================
人間の世界だけではなく、
動物界も、植物界も、
そのまた小さな世界の、いきものを構成する命の最小単位の細胞の世界にも、
細胞と細胞との間にコミュニケーション、見事なコラボレーションがあります。

こちらはまた、別の機会に。




nice!(0)  コメント(0) 

知の探究〜全ての人間は・・・を欲する [探Q舎]

全ての人間は何を欲するか、という対話。

「全ての人間は、何を欲するのだろう?」
考えてみよう。

知を欲する?
目的を欲する?
希望を欲する?
不死の魂を欲する?
神を欲する?
愛情を欲する?
自由を欲する?

知を欲する、というところでは、考えは一致した。
ところが、自由を欲しない人もかなりいるのではないかという対話になった。

どうして?と問いかけつつ、もう少し引き出してみた。

「自由は怖いから」

さらに、どうして自由は怖いのか?と問うてみた。

しばらくの沈黙のあと、「自由とはなにかを知らないから」ではないかというところまで。

小学生の鋭い洞察力に脱帽。

この後、突如、ドラえもんが登場し、未来の話しにぶっとんだ・・・

さすが、正真正銘の小学生、

のびのび。


nice!(0)  コメント(0) 

緊張してきました [探Q舎]

昔から、とても緊張する性質なんです。
緊張しいってどういうことなんでしょうねえ。

少しはマシにはなってきてはいますが、三つ子の魂百まで・・・
やはり、緊張しすぎるところがあります。
自然体でよいのになぜだか、どうも肩に力が入りがち。

もうすぐ、始まる市民企画講座、何人の方が集まって下さるでしょうか。
ちょっと、緊張してきました。

どんなことやろうかなあといろいろと考えていますが、
しょうじきのところ、ご参加くださるみなさまにお目にかかってみないと始まらない。。。
一人一人が集まってチームになった時、
初めて、授業も決まる、生きた授業になる。
そのようなことだと私は理解しています。


人間はもちろん、授業も生き物ですので、
リアルタイムで授業を作っています。

探Q舎での授業と同様に、リアルタイムで作っていきたいと考えています。

来週月曜日まで、もう少し日があるのですが、何やらドキドキしてきました。



nice!(0)  コメント(0) 

あなたの町の探Qイベントお申し込み受付開始しました (多治見市根本交流センターにて) [探Q舎]

芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋・・・
みなさまは、どんな秋がお好みでしょうか?

"科学の秋"って良いかもしれません。

NHKスペシャル、『人体』も始まりますしね。
テレビを持っていない私も、ウズウズしてしまいます。

ということで、
"いのちの設計図の秋"をご希望のみなさま。
そんなシブいあなたには、こちらのイベントにぜひご参加下さい。

本日より、お申し込み受付スタートしました。
===================================================================
随分先のお話しですが、
あなたの町の探Qイベント♬のご案内です。

自分の手と目でほんとうの学びへ!!
多治見市根本交流センターにて行います。

スライド1.jpg




nice!(1)  コメント(0) 

難問に向かってうなりながら格闘し、砂と共に戯れる探Qっ子たち [探Q舎]

【考える力の授業】

様子をみながら、苦戦するであろう難しい問題をいくつか加えています。

うーんうーんとうなりながらも、格闘するその心構えはなんと頼もしいことでしょうか。

課題から逃げるのか、それとも課題に向かって真っ向勝負をするのか、
粘り強さ、乗り越える力。しばしば議論されるこの問題です。
そこには、マインドセットというキーワードがあります。

子どもたちを見習って粘り強く向かって行きたいものです。
一人でも多くの方に出会って、体験していただけたら、
そして、学校の学び、お家の学び、地域の学び、全てを連携して、
深く広く学んでもらえたらと願っています。



【探究の授業】

自然の山と人の手で作る山。

砂や土を使って、食べ物を使って小さな山を作ります。
石と砂に分ける作業ももちろん自分たちでするのですが、
砂や石が大好きな子どもたち。
これがまた、好きすぎるぐらいなんですね。
授業時間は限られているため、正直のところ少々焦ります。
単なる砂遊びになってしまわぬように、方向性を間違わぬようにコントロールするのがかなり大変。
そんな中、私も久しぶりに冷たくて滑らかな砂を触って癒され、予想以上に楽しんでしまいました。
おっと、危ない。ミイラ取りがミイラにならぬように・・・

7種類程度の中から、どれが、一番高い山になるか、予想してから実験をします。
子どもたち、それぞれユニークで面白い予想をします。
こんなに多様性があるとは、こちらも驚くばかり。


ところで、
礫岩 (れきがん)、砂岩 (さがん)、泥岩 (でいがん)、
礫 (れき)、石、砂、泥、土、粘土の違いをご存知ですか。

物質の粒って、ミクロで見るとバラバラでいびつな形なのでは?
そんな物質の大きさってどうやって測るのでしょうか?

粒度分布ってなんでしょうか?
道路建設などの際にも、重要となるキーワードなんですね。

何でもないようにみえるところに、たくさんの人々の智慧、奥深いメカニズムが潜んでいます。






nice!(0)  コメント(0)