So-net無料ブログ作成
検索選択

知りたがり屋さんの発掘 [探Q舎]

がっこうではおそわらないこと
そんななかにも、

ふだんのにちじょうせいかつ
そんななかにも、

たいせつなこと、
おもしろいこと、
かんどうすること、
なっとくすること、
しっておいてほしいこと、

が、たーくさんある。

そして、
そこからほんとうに
おおくのものをえることができる。

こどもたちは (おとなもだけど)
みんな、本来は知りたがりやさん。
ただ、知りたがりやさんはシャイで隠れているかもしれない。

第一のミッションは、まずは、子ども達の中の
知りたがりやさんを発掘するところから。


そうすると、あとは子ども達がすごいいきおいで
知りたがり心がめらめらと燃えるだろう。





nice!(0)  コメント(0) 

すなおなこえ、いちばんうれしい [探Q舎]

お子様の発せられる言葉から教わることはとても多い。

今朝は、外の暑さが比較的ましだったので、
外に出てクモの巣の標本を作ることに。


そんな授業の中での一言。

「いつもはない方がいいと思ってるのに、
たくさんあってほしいと思う。
こんなの初めて。」

本質をついてる素直な表現。
お子様って、すごい。
良い表情とともに、このようなセリフを聞かせられると、
なんだかグッときてしまう。

素直さ、表現力、感性。
これが国語やコミュニケーションの授業のテストなら100点。

大人になっても同じような気持ちになる瞬間があるけれど、
すぐに、そのような素直な気持ちを人に伝えるってことが徐々に難しくなる。

気持ちを表現する前にブレーキがかかりのみこんでしまったり。
いろいろと考えすぎたりちょっぴり恥ずかしくなったり。
正直な気持ちをはっきり伝えるまで勇気が少し足りなかったり。

お子様の感性の鋭さ、表現力に感動した朝。
教わることが多い。
ありがたい。









すなおなこえを聞けた時が一番嬉しい。
nice!(0)  コメント(0) 

教材研究の際のひそかなたくらみ [探Q舎]

教材研究の際のひそかなたくらみについてお話ししましょう。

教材研究をしていて、学校では習わないけど面白いテーマを扱う場合、
「子ども達の反応はどんな感じだろうか?」
「目を見開いてくいついてくれるかな?」
なんて思いつつ、と自分自身もヘーなるほど、そういうことだったんだ!!とか
驚き楽しみながら、進めます。

全てを隠しておいてぶっつけ本番も面白いですが、
時には、
「こんなテーマはいかがでしょうか?」
とそれとなく聞くのに代えて、
故意に、子ども達の目につくように少し教材研究用の資料や書籍を近くに置いてみたりします。

すると、子ども達は面白いぐらい分かりやすい反応を示してくれます。
お子様によっては、「これいつやるのっ?」から始まり、
それについて知っている限りの知識をマシンガントークでぶつけるように語ってくれたりします。
こちらからは、何も尋ねないんですけど、なぜだか止まらないのです。

授業のレベルを設定するのに大変貴重な情報になたりしまして。
このような感じで、超強力なサポートを頂いているのです。
これからも、時々頼もしい生徒さん達に助けて頂きながら進めてまいります。
「みなさん、今後も最高の評論家、批評家でいてね。」
と心の中でお礼をいいながら。


世界は日進月歩、同じように私たちの学びも日進月歩にしたいものです。
新たに学ぶことが日々生まれています。

感動する学び、
感心する学び、
勇気をもらえる学び、
笑えるユーモアのある学び、
哲学して少し立ち止まる学びなどなど。

多種多様ななテーマを取り上げ、コンテンツを増やして行きます。

こちらも沢山学び直しができて、ハッピーな日々です。


nice!(0)  コメント(0) 

上手く行かなかったのはなぜか。どのようにすると成功するだろうか。 [探Q舎]

しばらく通ってくれた子ども達には、次のステップに挑戦していただいています。
少しずつ計画を見直したり、どこかに問題がないか、もっと良い方法はないかなど
授業のプロセスの中で、考えることを増やしていきます。

実験でも、ものづくりでも、観察でも、答えのない問題を手持ちの情報で予想する場合でも、
おおかたのものごとには、いくつかおさえるべきポイントがありますよね。

このあたりのところで、大事なポイントを敢えて揺らがせることによって、
自分たちがそのポイントを発見できるようになってほしいと願っています。

お決まりのレールではなく、
枝分かれのレールをつくったり、
ヒビをいれたり、
石ころをのせたり。

本日は、ちょっと大きなヒビを入れすぎたかもしれません。
しかしながら、立ち止まって自分で考えることはやはり重要です。
きっと、近い将来役立つ経験になったと思います。
リベンジしたいって言ってくれるでしょうか。

上手く行かなかったのは、なぜか。
どのようにすると、成功するのだろうか。
大人になれば、それこそ、うみの苦しみを経験しない人はひとりもいないのですから、
大きな可能性の塊の子ども達には、すこーしずつ、考える力を鍛えてくれたらと思います。

身体で学ぶと同時に、作業の前後や、区切りのよいところで、
じっくり考えたり、意見交換したりするようなゆとりができれば、
深い学びに繋がる密度の濃い時間にできると考えています。


====================================================================
平成27年度の全国学力・学習状況調査 (6年生)の理科の教科に関する調査結果をおさらいします。
あてはまる、どちらかといえばあてはまるを合わせた割合を記載します。

【理科】
・理科の授業で学習したことを普段の生活で活用できないか考えますか? 69.4%
・理科の授業で学習したことは、将来、社会に出たときに役立つと思いますか? 74.6%
・将来、理科や科学技術に関する職業に就きたいと思いますか? 28.9%
・理科の授業で、自分の考えをまわりの人に説明したり発表したりしていますか? 55%
・理科の授業では、理科室で観察や実験をどのくらい行いましたか? 週1以上46%、月1以上44.1%
・理科の授業で、観察や実験の進め方や考え方が間違っていないかを振り返って考えていますか 67.2%

国語や算数に比べて、将来、社会に出たときに役に立つと思っている子ども達が少ないですね。
理科や科学技術に関する職業は、人気がとても低いです。
説明や発表の機会が少ないようです。実験するにはそれなりに時間がかかりますもの。
勝手な予想ですが、
学校の場合、子ども達も先生方もいろいろと大変ですし、スケジュールが過密だと思います。
教科書の内容もしっかりと・・・となると必然的に実験の頻度や、発表や意見交換、振り返りの時間は最低限確保することになりそうです。
先日の講習でも、小学校の先生方からお話を伺ったところ、教科書が全然予定通り終わらないと仰っていました。



【参考までに、国語】
・国語の授業で学習したことは、将来、社会に出たときに役に立つと思いますか? 88.6%

【参考までに、算数】
・算数の勉強で学習したことは、将来、社会に出たときに役に立つと思いますか? 90.4%




nice!(0)  コメント(0) 

浮き草レポート (開花の周期) [探Q舎]

研究のネタは、いつでもどこにでも。
発見のタネは、いま、ここに。
====================================================================
みなさま、この夏、良い自由研究ができましたか?
もうバッチリできましたっていう子ども達。
満足いく大作ができ上がったでしょうか?
まだ、全く手をつけてないよー、最期に頑張るぞっていう子ども達。
きっと大丈夫です。まだまだこれからですよね!応援しています。


みなさま、きっとそれぞれでしょうね。
お金で解決したり、人の力に頼り過ぎたり、キットや本そっくりそのままではなく、
ぜひ、自分の手足を使って、目を動かして、頭を回転させてエネルギーを注いで
取り組める良い学びの機会になりますように。

まだまだ日にちがありますから、大きなチャレンジができますよ!!
世界に一つだけの研究成果を!!

====================================================================
浮き草レポート(開花バージョン)

浮き草の花、第三弾が咲きました。
第一回目の記録を振り返ったところ、面白いことがわかりました。

4株の結果ですが、どの株も開花日から開花日まで、
まったく同じ日数でした。
第一回目から第二回目、それに第二回目から第三回目も同様の結果でした。

開花の周期はこんなにも規則的なんでしょうか?
インターネットで検索したところ、望む情報にヒットしなかったのですが、
植物の専門家、愛好家の間では既に知られる事実なのかもしれませんね。

もちろん、実験から結論にもっていくためには、
それなりに実験の精度を上げ、
いろんな方法で確かめ、
データも増やす必要があります。

まずは、第四回目の開花を待ち、確かめましょう。
やはり同じ結果が出たら面白いです。

皆様の中にも、浮き草を育てられている方がいらっしゃると思います。
(チラシを配らせていただくときに、5軒ほど出会ったような・・・・)
皆様の浮き草の開花も、このような正確な周期でしょうか。

これがほんとうかどうかぜひ教えてくださいませ。




nice!(0)  コメント(0) 

お得なキャンペーン実施中です♬お申し込みお待ちしています。 [探Q舎]

夏休みまっただ中です。
ご家族で帰省されている方も多いでしょうか。
少し、学習の方はお休みかもしれませんね。

====================================================================
正直な気持ちを申しますと、、、、
現在、夏休み元気もりもり塾を受講してくださっている子ども達が、
9月になっても引き続き、探Q舎で探Qしてくれたらいいなあ、なんて願っています。

そこで、入塾キャンペーン(9月末までの期間限定)を実施中です。


この夏休みに、自由研究の楽しさを知ってしまったお子様。
夏休みが終わっても、どんどん自由研究したいお子様。
夏休みが終わっても、考える力を身につけたいお子様。
夏休みが終わっても、自主的に学ぶ習慣を維持したいお子様。

大歓迎です。この機会にどうぞ。
お申し込みお待ちしております。

1) 入塾金、無料
入塾金10,000円、全額免除。
対象: 夏休みもりもり塾受講者、または、自由研究サポート受講者の方で、
9月末までに入塾申込みいただいた方。

2) 入塾金、半額
入塾金10,000円→半額の5,000円。
対象: 9月末までに入塾申込みいただいた方。


====================================================================
なお、学習レスキュー隊(個別指導、家庭教師)の場合には、入塾金不要です。
いつでもどうぞご相談下さい。

探Q舎オリジナルの学びではなく、引き続き学校の学習を強化したいお子様は、
こちらの家庭教師、個別指導にて対応いたします。
こちらも、お申し込みお待ちしております。


nice!(0)  コメント(0) 

探Qイベント第11弾のご案内 [探Q舎]

探Qイベント第11弾、9/3(日)「キャベツの探Q!!」にします。
テーマを何にするか、迷いましたが、ご好評につきもう一度キャベツにします。

これまで、「探Qイベントに興味があるけど、参加してないよーっ」
ていうあなたにこそオススメです。
この機会にぜひ、初チャレンジを!!

キャベツがキライな人も好きになるチャンスです!?

以下、説明を少し加えます。

====================================================================
このテーマは、探Q舎の学びの特徴がわかりやすい内容です。
これは、昨年の秋、京都教育大学の理科教育の探究授業 (以前、高等学校の教師をされていて現在は京都教育大学の理科教育専門の村上忠幸先生)で受講した探究テーマです。
小学生、中学生、高校生、そして教員のたまごたちまで、多くの人がトライしたテーマであり、
その学習効果は実証されています。

子供達が自由に進める度合いが高いので、
そのときそのグループメンバーによって展開が大きく異なり、
落としどころも異なってきて、非常に深い探究テーマです。
高度な学びといって良いでしょう。

====================================================================
詳細は、HPをご覧下さい。
https://www.tankyusha.com/
nice!(0)  コメント(0) 

あなたの町の探Qイベント始めました! [探Q舎]

これまでのところ、
美濃加茂市生涯学習センターにて不定期で探Qイベントを開催しています。

教員免許更新講習のため、電車に乗って通う中で、小学生の子供たちも見かけました。
そうだ、出張もしてみよう、突然そのように今朝思い立ちました。

ということで、
美濃太田以外の地域でも、探Qイベントを体験していただきたいと願い、
出張させていただくことにいたします。

といっても、限られた地域になってしまうのですが………

このあたりの地域のみなさま、どうぞご検討くださいませ。

各務ケ原駅、鵜沼駅、坂祝駅、加茂野駅、前平公園駅、
古井駅、美濃川合駅、可児駅、多治見駅


あなたの町で探Qイベントを体験したいみたいって感じられたら、ぜひご依頼ください。
百聞は一見にしかず。
「探Q」ってどんなものかを体験していただきたいと思います。
あなたの町のあなたの探Qを創りましょう。

ご希望でしたらテーマなどもご相談できます。
新鮮なイベントになるかと思います。
それでは、どうぞ宜しくお願いいたします。

詳細は、HPの"あなたの町の探Qイベント♬"のページをご覧ください。
https://www.tankyusha.com/



nice!(0)  コメント(0) 

クマムシ無事に発見しました [探Q舎]

先ほど無事に、クマムシ発見できました。
本日観察したところでは、クマムシであることが確実なのは4匹でした。
5カ所からコケを採集したのですが、
美濃加茂と可児市を繋ぐ陸橋の側面から採集したコケが最優秀でした。
乾燥しているコケの方が、クマムシに出会える頻度が高いそうです。
確かに、5カ所の中で最も乾燥していました。

わずか0.2 mmほどの体長のクマムシ。
カピカピの乾燥したコケの中には生き物なんて全く住んでそうにないのに、
そんな中でも彼らは乾眠して生きのびていたのですね。

人間の肉眼では観察できないですが、こういう生物も沢山様々なところに潜んでいて
実際に一生懸命(?)生きているといるということを自分の目で確認することが、
おそらく、今後の自然観、世界観、人生観を創る上で少なからず影響すると思われます。

肉眼で見る世界とは異なる現実の世界をイメージできるようになると力になるでしょうね。



nice!(0)  コメント(0) 

エキテンさん掲載情報をご覧いただきありがとうございます_7月のアクセス [探Q舎]

皆様

エキテンさんより、7月の集計結果をいただきました。
探Q舎の情報をご覧いただきありがとうございます。
みなさまのおかげで3ヶ月連続第一位獲得です。

170805_エキテン_edited-1.jpg

もしも、探Q舎の授業をもう少し詳しく知りたいって感じられた方は、ご連絡ください。
https://www.tankyusha.com/
====================================================================

最初は、HPやブログの存在をまずは知っていただこうと思いました。
それから、「こんな塾が太田本町にできたんだ。」
「探究型学習塾ってどんな塾なんだろう。」
って、徐々にご興味を抱いていただければ嬉しく思います。

人のつながり、ご縁ってほんとうに不思議なものでどこでどのように繋がるかわかりません。
お一人世帯かもしれないな、と思われるお家にも、
ごめんなさいって思いつつチラシを入れさせていただいたり。

自転車でグルグル回って配っていたところ、
ポスティングしたチラシを早速ご覧になっているお年寄りの方がいらっしゃって、
もしかしたら、小学生のお孫さんがいらっしゃるのかな、と思いました。

世間は、予想以上に狭いという
スモールワールド現象 (知り合い関係を芋づる式にたどっていけば比較的簡単に世界中の誰にでも行き着くという仮説)を期待して、
これからも少しずつでも皆さんに探Q舎の存在を知っていただけたらと思います。

お子様、保護者さまには、
ブログやHPだけでなく、実物をご覧になっていただきたいと願います。
こちらも、できるだけ色々なところに顔を出せるように努めます。

宜しくお願いいたします。
====================================================================
随分昔1967年ですが、スモールワールド実験がなされ、6人を介して繋がると言う結果がえられました。これは、テレビ等でも比較的多く取り上げられていますので、ご存知の方も多いでしょうか。
(キーワード:「六次の隔たり(Six Degrees of Separation)」)


nice!(0)  コメント(0)