So-net無料ブログ作成

逆向き設計〜ひろげる&ふかめる [探Q舎]

授業は、逆向き設計。

授業の達成目標を設定し、これを達成するために、プランを組む。
はじめに、達成目標ありき、それから具体的なテーマを決定し、さらに内容を決定する。

1)世界をながめる、ひろげる、たいかんする
スクリーニング的に多種多様な教科横断型のテーマを取り扱い、興味関心のアンテナを増やす。
手足を使い、目を使い、耳を使い、肌を使う、そして脳を使う。
五感をフル活用、
カラダもココロもフル稼働、
元気いっぱいのびのびと。

指導案には、個人ごとにカルテを作成し、お子様からの授業の評価として記録する。
当然だが、あるお子様にはホームランやヒットとなり、またあるお子様には凡打や三振となりうる。
データがふえてくると、お子様の興味関心の方向性がどんどん明確化される。


2)世界をみつめる、ふかめる、ほりさげる
自分だけの探究テーマにじっくりとことん取り組み、
独創的な研究を行い世界で唯一のオリジナルの学びを自ら創出する。

学びへの『意識』の変革を狙う、
新たな価値観の創成を狙う、
『行動』の具体的な変化をおこす。

おおげさなことばで言えば、
世界観、人生観を変えること自体を達成目標とする。

指導案としては、授業ごとに、もっと具体的な達成目標を設定しているが、
複雑になるので、ここでは、これ以上触れない。


===================================================================
これまでの体験も子ども達によって多種多様なので、
あえてポイントを狙って興味関心を引き起こすテーマも取り上げている。
まだまだフレッシュな小学生さんたち、あまり体験していない分野もあるかと思う。
生まれてからまだ10年かそれ以下、未体験も山ほどある。

また、ご家庭の環境によって、さまざまな教育環境だと思う。
やはり、ご家庭の力に勝るものはない。
当然ながら、お子様達にとって、お家の皆さんの影響が最も大きい。

アートはあんまりだけど科学技術系はめっぽう強いとか、
文学系や芸術系にはよく触れるけどスポーツ系は頻度が低いとか、
自然にはあまりふれないけど
、読み書きや、読み聞かせに力を入れているとか、

お家の方の影響もあり、食わず嫌いになっていることもあるかもしれない。
昆虫の食わず嫌い、詩の食わず嫌い、音楽の食わず嫌いなど。

はじめは、自分が興味がないと思い込んでただけで、実際触れてみると意外にハマることも多い。
「へー、あれれ?最初に思ってたものと違うぞ!!」
「これってこんなに面白いもんなんだ!?」ってことになってしまったり。
プラスの方向への期待はずれになったりするから面白い。


せまいようで、ひろい世界。
ただ広いだけではなく、奥深くもある・・・・

実際のところ、
大人でも子どもでも、誰もが全ての世界に首を突っ込み、深めるには人生は短い。
しかし、保育園や幼稚園、小学校の時代こそ、
ダイナミックにいろいろな体験をしてほしいと願う。

そして、その後、深く深く掘り下げる "たったひとつ"、が見つかればシメタモノだ。

ひとりひとりにとっての、それぞれの"深めるたったひとつの道"を
探し出し、キワメルまでのプロセスとして、
大きな可能性をもつ子どもたちには、いろいろな世界にふれていただかなければ・・・

そこから、きっと何かが動き出す。



nice!(0)  コメント(0) 

ハエトリソウも避難です [探Q舎]

ハエトリソウも避難です。

左側のできたてほやほやの葉はやわらかく、
トゲもまだまだみえるかみえないかと言う感じで、
ちいさなギザギザになっているだけですね。
これからだんだんトゲが出てきます。

右の葉も、この数日間にでてきたばかりの葉です。
だんだん立派な葉に成長してきました。

真ん中にも近い将来の葉が出てきているようです。

171022_ハエトリソウ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ハエトリソウの葉が現れて癒されています [探Q舎]

ハエトリソウ

実験中のハエトリソウ、
先週の過酷な実験のために、かなり弱っています。
しばらく休んでもらって快復を願っています。
夜は家の中に入れるようにしていますが、寒くなりつつあるので少し心配です。


なんとそんな中でも、新たな葉が2つ現れてきました。
残念ながら命が絶えた葉がある一方で、今回新たな葉が出現しました。

この生命力、頼もしいです。
癒されます。


子ども達が、増えたらお家に持って帰りたいとおっしゃっているので、
毎日、水やりする際に、子ども達のために頑張って増えてくださいね!っと伝えています。

この調子でなんとか、頑張って生きてくれますように。
願いは届くでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

学びとは何か?〜「勉強しなさいっ!」の代わりに [探Q舎]

とくに、中学生さんのお子様に対して、です。

1. 「勉強しなさいっ!」の代わりに・・・

「勉強しなさいっ!」とおっしゃる親御さんは、かなりいらっしゃるかもしれません。
短期の結果は確実に出る(テストの点は上がる)でしょうけれど、長い目で見れば??だと思います。

いつも疑問に思うのですが、
このような保護者様はご自身はどのような子ども時代を過ごされたのかということです。
もしかして、親から学習を強制されて来た人は、子どもにも同じことを繰り返すのだろうかと思います。
勉強は人から言われてするものではなく、自分から進んでやるものだと考えています。
さらに、"勉強しなさいと言われてするもの"という脳の回路ができ上がってしまうのではないでしょうか。
短期の効果を求める引き換えに、長期的には大変リスキーで、
その後の人生に悪影響をもたらす面が大きいのではないでしょうか。


2. 感情面から伝える方法

親御さんたちご本人は一体どうなのか?ってことですよね。
同じ人間で、生まれて来た時代が少しずれているだけなんですから。
もしも、子ども時代に、「勉強しなさいっ」て言われた方が嬉しかったのなら止めませんが。

勉強する意義、根拠とその理由、甲斐について、ひとりの人生の先輩として考えを伝えるとか、
親御さんご自身の体験や振り返りを交えての学びの意義を自然な会話の中で織り込まれる方法です。
一人の人としての生の体験からくる生きた言葉は、単に勉強しなさいというような言葉とは違い、
妙に説得力があり、お子様とはいえ、親身になって聴けるため、素直に心に届くように思います。
アンケート結果では、殆どの人が若い頃もっと勉強しておけば良かったと答えているそうです。
例えば、自分はもっと学習すればよかったって後悔しているんだって親自身が考えているってことを
ストレートに伝えられれば、ただ、「勉強しなさいっ」ていうよりは、
より健全なアドバイスになりそうです。



3.理性的に、理論的に伝える方法

もっと理論的に、理性に訴える方法です。
勉強すると具体的にどのようなメリットがあるかを箇条書きなどで明確に伝える方法も、
より健全であるでしょう。理論派の硬派なお子様にはこちらでしょうか。
その場合、"勉強"の定義付けから始まり、
勉強とは何かについて概念を共有化することから始めることになるでしょう。
次の4番につながりますが、学び、学習、勉強の違いはなんでしょうか?
辞書をひいてみるところから始めるといいかもしれません。


4.哲学的に、探究する方法

勉強って何だ?学習って何だ?学びって一体なんなんだ?という奥深い対話になるでしょうか。
人生観、世界観そのものに繋がる人間学の分野になるので、ほんとうは一番楽しい
学びそのものの"学びの理論"にいきつきます。

これこそが、"探究"だと思います。
どうぞ、ご家庭でもプライスレスの"学びの探究"を。
材料もお金もかかりませんが、たしかに"価値がある"でしょう。

nice!(1)  コメント(0) 

中日新聞の夕刊に掲載いただきました [探Q舎]

10/14(土)の中日新聞の夕刊に探Q舎の記事を掲載いただきました。
中日新聞社さま、御世話になりありがとうございました。
こういう学習塾もあるんだ!って
アンテナで何かを受信してくださった方は、ご連絡下さいね。

ほんとうの学びを探Qするサポートをさせていただきます。
宜しくお願いします。

探Q舎
https://www.tankyusha.com/




171014_中日新聞夕刊.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

10/29(日) 学ぶ会、第一回目実施します。 [探Q舎]

第1回目は、10/29(日) 9:00〜10:30
太田交流センター学習室1にて行います。
飲み物: 各自でお持ち下さい。
費用: 部屋代を学ぶ会のメンバーで均等割

参加ご希望の方は、ご連絡ください。

https://www.tankyusha.com/

=================================
岐阜での学ぶ会の仲間を募集しています (年齢不問)。
塾生の保護者さんではない方も大歓迎です。

現代の学び
これからの学び。
子どもたちの学び
大人たちの学び
生涯の学び
学び方の学び。

一緒に学び合い、高め合いませんか?
教育に関心をお持ちの大学生のみなさま。
子育て中のみなさま。
後輩の教育について考えたいみなさま。

『学びの探究』にご興味ある全世代のみなさま。
私たちの学びの探究をしましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

ぴったりコース新規開講します [探Q舎]

21世紀型・探究型学習塾「探Q舎」では、
来春小学校に入学される年長さんを対象に1:1の個別指導、
「ぴったりコース」を新規開講します。
4名様募集中です。

HPは以下です。
https://www.tankyusha.com/



■コース新設のきかっけ
・幼稚園や保育園から小学校への移行は、何かと心理的な負担や環境の変化も大きいと思います。
 そんな中で、ご家庭と園に加えて、もう一つ安全基地があるといいのではないかと考えています。

・ぴったりとお子様おひとりに焦点を当て、保護者様や園の先生とはまた違った視点でお子様に接する
 ことで、お子様の可能性を引き出し、今後のご成長に貢献できればと思います。

・年長さんなら、週に1時間以内の時間保護者様から離れ自分と向き合うことも良い経験だと思います。

・年長さんは、発達の個人差が非常に大きいため、お一人お一人大切に接したいという思いがあり、
今回は、 1:1のマンツーマン形式を採用しました。

・当然ですが、みなさまそれぞれに伸ばしたいところ、克服したい課題が全く異なります。
 年長さんと共に学ぶ機会をいただきました。その中で、
 「こういうところを伸ばせたらよいなあ」とか「こういう力をつければ、落ち着くのになあ」などと
 考えます。それぞれのお子様の現状に合わせた、個別の学びのプランが大切であると実感しました。

■頻度と時間
週1回の、マンツーマンコースで、45分又は60分です。

■内容
お子様お一人お一人の発達、成長や興味関心に合わせて、お子様だけのマイカリキュラムを組みます。
良い面を強化したり、新たな可能性を発掘したり、興味ある分野の学びを提供したり、
ご家庭や園とは少し異なる遊びと学びの機会を提供することで、より視野が広がればと思います。
最も大切である時期に、認知能力、非認知能力を身につけるサポートをします。

■体験授業や相談会は無料で実施します。
お気軽にお問い合わせ下さい。

「探Q舎」のHPは以下です。
https://www.tankyusha.com/




nice!(1)  コメント(0) 

石ころを見つめて [探Q舎]

石を集めました。

実は、石の探Qはもう少し先に予定をしていたのですが、
別の授業で外に出た際、ひょんなことから石を集めることになりました。
予定通りでない流れも、時には面白いかなという判断で、そうとなれば、Go ! です。

私もついついハマってしまい、一緒に楽しんでしまいました。
久しぶりにいろいろな石ころをじっくり、
ひとつひとつつまんではみつめるという静かな探究です。

多くの種類の石を集めて水で洗ってきれいにしてもう一度観察しました。
水で洗う前と洗った後、随分違ってみえるものですね。

とってもカラフルで多くの種類の石から、
同じ種類と思われるものをまとめて行きました。

キラキラ光るもの、きれいな模様の入ったもの。
滑らかで丸いもの、ギザギザ、カクカクしたもの。

どれも、ほんとうにきれいに見えました。
「どれが好き?」って聞かれてちょっと困りました。
どれもほんとうに捨て難くて。
なかなか選べないのです。

じっくりみつめる時間もときには、いいものです。


当たり前かもしれませんが、一つと同じものはありません。
でもそのことをほんとうに知るには、断言するには、
じっくりみつめてこそ、対象と向きあってこそ。

パッと一瞬みて、とか、
遠くからざっと、とか、
そんなことではとてもとても、
どれも同じに見えてしまって、ほんとの姿はみえないのです。

いつの間にか
石ころ一つ一つが、子どもたちと重なり合って。

そんなことを考えていたら、

お子さまが、
「ひとつだけもいいけど、ごちゃごちゃ色んなのが混ざっていると余計にきれいだね。」
と。

全く同感です。

いいこと言いますねえ。

===============================================

鉱物へ、地殻へ、元素へ、

さらに、探究は続きます。

nice!(0)  コメント(0) 

スーパーの見学からはじめて [探Q舎]

近くのスーパーマーケット見学を導入として、
経済を基本として、人間の心理と行動の探究を進めます。
店員さんに予め一言申し上げると、笑顔でどうぞとおっしゃってくださいました。
ほんとうにありがたいことです。


普段のお買い物の際に、子どもたちが使われているスーパーと比較しながら、
小さな発見を集めて行きます。

商品の並べ方、置き場所
陳列棚の工夫、温度設定
製造元はどこか、どこからやってくるのか
それぞれの商品の量や、梱包材の違い
デザインやパッケージの工夫
品質保持期限、賞味期限
価格設定の工夫
店員さんの配置、動き方、
お客さんの動き方 (動線)、場所による密度の違い
このお店ならではの工夫、良い点
問題点や、改善したらもっと良くなる点

などなど、
観察すればするほど多くのことが学べます。


現在、カマンベールチーズにハマっている生徒さんは、チーズ売り場に向かいました。

同じチーズですが、カット無しのものと有りのものが隣同士に陳列されていました。
同じチーズ100gでも、カットずみのものは、50円高かったです。
これは、絶好の機会です。

「同じ100gなのに、どうして50円高いの?」って問いかけてみました。

少し考えて、
「包装紙の量が増えるから」
「チーズをカットするのはけっこうめんどくさい」
「めんどくさいことは手間がかかることだから」
と答えてくれました。

次回以降、50円の価値はどこにあるのか、
どうして、50円という値段が出てくるのか、具体的に掘り下げます。

商品そのもの以外に、
付属する価値を生み出す方法はたくさんあることを知っていただきます。


普段のお買い物では、自分の視点 (おそらく、このお菓子が欲しいとか・・・)
のみで、どうしても物欲が高まっているでしょうし、
視野が狭くなっていると予想されます。

そこで今回は、物欲を脇において、
視点をスーパーの店員さんや他のお客さんたちを観察することによって、
気づきを得てほしいと願いました。
今回の見学で気づいたことをまとめつつ、
次回からさらに掘り下げて行きます。
市場経済、貿易、地理、人間行動学、行動経済学の分野の面白いネタを入れつつ、
人間の心理、行動の奥深さに触れて頂けたらと考えています。


かなり、面白くなる予感がしています。




nice!(0)  コメント(0) 

素直さの威力は絶大 [探Q舎]

素直ってすばらしい。

みなさん気持ちや考えを素直に率直に表現されます。
最初は、緊張されたり人見知りされたりそういうことはあります。
しかし、すぐに慣れてほんとに素直に、落ち着いて自分の気持ちや考えをことばにされます。
ポジティブなものも、そうでないものも、どちらもストレートに表現されます。


新しくゲットしたものを自ら公表されます。
身につけるもの、文房具、
そして塾では絶対に出番のないおもちゃまで、いきなりご登場。
目をキラキラさせながら全面に押し出したあと、
いいでしょいいでしょ、見てみてって、全身でアピールされます。

素直でストレートな表現には、威力がありますね。
素直さには、敵いません。素晴らしいことだと思います。

これから、ますます楽しみです。




nice!(0)  コメント(0)