So-net無料ブログ作成
検索選択

名言シリーズ [ジャンク]

朝永 振一郎

物理学者、1965年にノーベル物理学賞受賞。1906〜1979
ドイツのハイゼンベルクの下で原子核理論を研究。
場の量子論において超多時間理論、繰り込み理論を発表。
1949年湯川秀樹と素粒子共同研究グループを結成。
量子電磁力学の発展に貢献。
原水爆禁止と原子力平和利用などを訴え、平和運動に尽力。

====================================================================
●ふしぎだと思うこと、これが科学の芽です。
よく観察してたしかめ、そして考えること、これが科学の茎です。
そうして最後になぞがとける、これが科学の花です。

●「好奇心」は、少なくとも科学という、
人間精神の重要な営みに対して、
ひとつの大きな原動力になっている。
しかも、この精神的な好奇心は、
人間だれでもが生まれながらに持っている極めて人間的なものだ。

●物理学が新しい進歩をするときには、自分で攻撃しようという目標に合わせていろいろな攻撃をしてみなければならない。

●科学を進めるもっとも基本的なものは、人間のいわば知的な好奇心といえるかと思うのであります。


川と森の勉強会見学してきました [ジャンク]

中之島公園にて土曜日に開催された川と森の勉強会、少しだけ見学してきました。
いつもお世話になっている方にこのイベントを教えていただいたんです。
美濃加茂の人々にはとても有名なイベントらしく、700人-800人ぐらい集まるそうです。

どんなのかなあと思いながら、自転車でふらふらと木曽川沿いを気持ちよくスタート。
会場到着までの間にもベビーバギーを押している人々15人くらいに出逢いました。
この光景、とても平和な感じで、爽やかな風とコラボ。
木曽川もキラキラ光っていて絶景です。

気持ちよく走っていたら、あっという間に10分足らずで会場に到着。
なるほど、中之島公園ってここにあったのか、意外に近いなんて思いながら、会場を一周しました。
平和な感じで、皆さん楽しまれていました。

川と森の勉強会のタイトル通り、川ゾーンと森ゾーンに分かれていて、出店もいろいろあって、テントも沢山張られていました。

こういうイベントは大事ですよね。遊びも学びもあって良いイベントだなあと思います。
小学生よりももっと小さい幼稚園ぐらいのお子さん向けのイベントなんでしょうか。

土曜日のスケジュールの都合上、20分ぐらいしか滞在時間がとれなくて、凄い勢いで全体を見学してみました。
もう少し時間を取れたら色んな人にお話しを伺えたのですが、時間がカツカツで焦りました。
こういうイベントに参加して、お子様達の様子やニーズを汲み取るのも良いかしらなんて思いつつ、
またまた、凄い勢いで自転車をこぎ、7分で帰宅。
良い運動でした。

とても天気がよくてそんなに暑すぎず天候に恵まれてよかったですね。
主催者側のみなさま、大きなイベントの運営はほんとに大変だと思います。お疲れさまでした。

また、次回のイベントも参加してみたいです。
今度は、20分と言わずもう少しゆっくり参加したいです。