So-net無料ブログ作成
検索選択

世界初「分子の車」国際大会 [記事]

今回は日本経済新聞より、面白い記事を見つけました。
記事はこちらです。想像力を働かせて下さいね。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK30H0B_Q7A430C1000000/
世界初「分子の車」国際大会 日本チームは途中棄権
2017/4/30 11:37

===================================================================
みなさん、まずは、物質の構成因子である、小さな原子や分子をイメージしましょう。
空気中にも酸素分子 (酸素原子2個からできる)や二酸化炭素分子 (酸素原子2個と炭素原子1個からできる)など、いろいろな分子が空気中を飛び回っていますね。
(ちなみにこれは、探Q舎の授業でも行うテーマの一つです。)
目に見えない空気中にも様々な種類の原子、分子が猛スピードで飛び回っているなんてステキな世界ではありませんか?ロマンチックではありませんか?
顔に当たっても気づかないですね。

大きさのイメージが浮かびますか?原子ってどれくらいの大きさでしょうか。

下のナノがヒントです。1ナノメートルは、0.000 000 001 メートルです。なんと10億分の1メートル!!
今回、分子でできた超微細な「ナノカー」を走らせる世界初の国際大会が28、29日にフランスで開かれたそうなんです。

●日米欧の6チームが参加したとのこと。
●残念ながら日本チームは途中棄権。
●それぞれ違った構造の分子を「車」に見立て、金表面にできた長さ100ナノメートルのコースを走らせ、36時間の制限時間内にゴールできるかどうかを競う大会とのこと。
●顕微鏡で様子を確認しながら、探針で電子を注入するとナノカーが進む。
●日本チームのナノカーは長さ2.1ナノメートル。炭素、水素、酸素の原子88個から構成されていたそうです。

ミクロだけど、アツい闘いですね。
日本チーム、残念でした。
第2回目に是非リベンジして優勝して欲しいです。



とっても気になったけど分からずじまい [ジャンク]

可児市のどこかに探究型学習塾があるのかしら、土田の子ども達で、習い事をしているみなさんはどの辺りの教室に通われているのかなあ、とかいろいろと考えながら自転車で回りました。
歴史ある地域で、ステキな雰囲気の神社やきれいな景色が沢山あって気持ちよかったです。

土田地区の中で一軒一軒回らせていただいたとき、あるお家の玄関の前で、とっても良い香りの植物(おそらくお花)があったようですが、その植物の種類が私には分からずちょっと気になったまま立ち去りました。
一体、何だったのか、これまで自分が知らない植物だったみたいです。

なんだか、その植物が、地道なチラシ配り頑張ってねって応援してくれたような包み込むような優しい香りでした。

こういうとき、もしも自分に教養があって俳句か短歌なんかを詠めることができれば、このときの感動を臨場感とともに、ブログを読んで下さってるあなたに伝えられるのに、共感していただけるのに、なんて思った瞬間でした。

五七五の俳句の本、読んでみるところから始めたいと思います。
主体的にパワフルに探究する子ども達に負けていられませんっ。


ツツジの探Q [ジャンク]

第2回目、ツツジです。
花言葉は、「節度」「慎み」。

IMG_0945-.jpg

Q1) ツツジのおしべは何本でしょうか。いくつか調べてみましょう。
Q2) 1本だけ極端に短いおしべがあります。なぜでしょう。
その場所を探してなぜか探Qしてみましょう。
Q3)花びらの中でド派手な模様があるのはなぜでしょう。探Qしてみましょう。

====================================================================
21世紀型の探究型学習塾、探Q舎は、美濃加茂市太田小学校から歩いて三分の場所です。
おそらく、岐阜県で初めての探究学習塾だと思います。
ときおり、太田小学校の下校途中の子ども達がオーイって声をかけてくれるようになりました。
ほんとうに素直で可愛らしいですね。

木曽川を渡れば、すぐに土田小学校があることに昨日気づきました。
岐阜県に引っ越してきてまだ時間が経っていないとはいえ、己のあまりの無知を恥じております。
ラッキー!!そう思います。
せっかくだから、思い切って土田小学校付近にもチラシを配らせていただくことにしました。
川を渡る必要がありますが、思いのほか近くて驚きました。

世の中は、ボーダレス!!
グローバル社会!!

ということで、前向きに考えて市の境界なんて、へっちゃらよね。
そう考えて、まずは、探Q舎からご近所のところで皆さんにこんな変わった塾ができましたよーって知っていただけたらと思います。

美濃加茂市のみなさま、これからも宜しくお願いします。
そして、可児市のみなさま、初めまして。これからどうぞ宜しくお願いいたします。





博士号取得者の教員採用は秋田県がさきがけのようです [リサーチ]

博士号取得者を教育界で活用しようと積極的に動いたのは、秋田県教育委員会が全国のなかで一番早かったのではないでしょうか。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/004/gijiroku/attach/1288749.htm

理科離れの阻止に向けて、子どもたちの理数分野への興味・関心をひきだし、将来、科学技術や医療を担う人材を育成することも含め県全体が一丸となり、目標設定が明確になされた結果、全国にさきがけて施行したのでしょう。たしか、秋田県教育委員会は、東北大とも連携していたように記憶しています。
現在は採用を取りやめているようです。おそらく、一定期間採用したことで、十分の人数が確保でき、彼らの挑戦を暖かく見守りつつ効果測定中なのではないでしょうか。

現在のところ、理系の博士号取得者を対象とした教員採用試験において、実際に毎年、何人を採用して、採用後どのような影響があったのかについて、データを探しますが、残念ながら採用された方のアンケートやインタビュー以外は収集できませんでした。


秋田県の公立学校のHPをいくつか覗いてみました。
とてもしっかり構成されていて、理念や目標、5年後までのビジョンが明確に提示されており、土台がしっかりしていてぶれない教育がそこにあるのではないかと、そのような印象を持ちました。
博士号教員の授業風景や指導案らしきものが発掘できました。活躍されていて、生徒の食いつきも良さそうな印象です。

生きた科学は楽しいものだと思います。
日常生活と密接しているので、実は理科離れということば自体成立しないんですよね。切っても切れない、避けて通れないのが理科。原発、地震のとき随分騒がれましたが、自然科学、科学技術、医学の知識は、人々の生死に関わる判断に大きく影響を与えるもの。

科学技術、医療、情報技術は日進月歩、それに伴い、理科の知識は日々更新されるものです。
とりわけ、理科の教科は、本来、毎日教科書が更新されるはずのものであり、指導法や授業内容もこれに追随する必要があるのです。
とりわけ、科学実験や探究学習においては、時代に置いていかれないように注意が求められます。
教材を研究、探究学習を研究、科学実験の材料や機械を改良するなど、日々更新の必要があるでしょう。

教育と研究との橋渡し、教育を研究することにより、科学教育の専門家として、大いに活躍できる場が、教育の場にたしかにありそうです。子ども達も最新の科学に触れる事ができますし、何よりも科学が大好きな教員に教わるのですから、従来とは異なるリアルな理科の世界を知るでしょう。

数年後には、博士号取得教員の活躍がこれまで以上にもっとクローズアップされるのではないでしょうか。高校教員の場合には、特に大学入試改革に向けた対策において多く貢献できると思います。
小中学校でも、アクティブラーニング、探究学習の分野でその貴重な役割を担えることと期待します。


秋田県と言えば、全国学力テストの結果が毎年極めて優秀であり、長年持続している県ですよね。
なぜ、いつも一番なのか(2016年度は一位ではないですが)、これまでその謎ときを色んなところでされていますが、教育委員会も学校も、地域の皆さんも、そして家族や両親も一丸となり協力して教育に向き合ってるからこその結果ではないかと思います。











このお花の名前はなんでしょうか [ジャンク]

IMG_0938.jpg


みなさま、いきなりですが、このお花の名前はなんでしょうか?
お花好きの方は、ご存知だと思いますが、パッと見てすぐに判別できるでしょうか。
そうです。カキツバタ、ショウブ、アヤメの見分け方の問題。


ちょっと休憩時間に描いてみました。
うーむ、もう少しお花を大きくして 絵に迫力を出せばよかったかな、
といまいちできあがりに納得できないでもやもやしております。
次回のリベンジでは、フジかツツジを描いてみたいと思います。



絵の具がないので、無理矢理水性ペンでグリグリしました。
そうだ、絵の具を買いに行こう。

統計やグラフ作成の面白さを一緒に体験しませんか? [探Q舎]

日常生活でよく出会う統計やグラフ。
ぽわんとそうなんだーと見るのではなく、自分の目で読み解く力を身につけたいと思います。

至るところで、グラフが出てきたり統計結果がニュースで伝えられたりします。
ほんとはとっても身近なものであるはずなんですが、そこには数字のマジックが隠されていたり、ほんとうの意味が故意に隠されていたり、事実とは異なったねじ曲げられた解釈がなされていることもしばしばあると言われます。
あまり疑いすぎるのも良くないかもしれませんが、冷静に客観的にものごとを判断する力は、これからの時代とりわけ重要になるのではないでしょうか。

さきほど、統計の面白さを身体で感じるために、ほんとうの姿を見る力を身につけるために、小学校低学年からインタビューや市場調査を自分たちの手で行うことで、簡単なグラフを作成したらどうかなあ、なんて考えていました。
そこで、少しリサーチしましたら、小学生も応募できる統計コンテスト (例、統計グラフ全国コンクール)というものがあるらしいです。
インターネットで検索した限り、大垣市は盛んに活動している模様で受賞作品はたいへん素晴らしい力作が並んでおりました。
おどろいたことには、小学校1年生でも極めて完成度の高い作品がたくさんありました。
太田小や山手小、蜂屋小、坂祝小などでは、統計の学習をされているのでしょうか。
コンクールに子ども達の作品を出されているのでしょうか。
おそらく、授業ではされていないのか、美濃加茂市の情報は探し出せませんでした。

いかがでしょうか。
探Q舎の探究の授業の中で、調べ学習のひとつとして、ぜひ統計グラフの作成を行いたいと思います。とても良い学びが期待できそうです。
せっかくですから、力作をつくってコンクールに出しませんか。

このような、自分の目線でテーマを設定し、ゼロから創造していく創作は脳を鍛えます。
精神的にも、忍耐力や持続力、集中力など鍛えられます。
できあがった時の達成感も良いものですね。

これから、どんどん探究が重要になる時代に突入します。
小学生の時期から、大人になっても大いに役立つ学ぶ力をみにつけましょう。

探究授業にご興味のある方は、ぜひ体験授業をお申し込みくださいね。
お待ちしています。
https://www.tankyusha.com/





市民企画講座第3回目が終了しました [市民講座]

市民企画講座考える力をきたえよう!
参加してくれている女の子命名、考え方教室、第3回目を終えました。

少し慣れてきたみたいで、楽しそうにやってくれています。
少人数だけど、積極的にお友達同士でコミュニケーションとる場面もみられます。

子ども達の様子をみながら、来週は何やろうかなって感じで毎回調整しています。
プリントを使ったり筆記用具を使わずに、手を動かして学んだり、さまざまです。

子ども達いわく、次は手を動かして何かを作りたいとのこと。
60分設定だけど、簡単な行程のモノ作りなら低学年の子ども達もなんとかできそうかな。

なんて、私もわくわくしながら毎回楽しんでおります。
まだまだ7回もあるので、いろいろなことにチャレンジできそうです。



感謝、これが正直な気持ち [探Q舎]

このような、暑苦しい気持ちを申し上げるのは控えた方が良いのではないかと思い、気持ちを吐露するのは控えた方がいいかしらと、とても迷ったのですが、あえてこの度は正直な気持ちを皆様にお伝えしたいと思います。
ブログでは言い過ぎなのかなとも思い、判断が難しかったのですが、正直に申し上げたいと思います。

人口5万5000人の美濃加茂市。この市において、探究型学習塾をずっと探し求めて下さっていた方がいらっしゃいました。そして、何と自らHPを発掘して下さったのです。
仕事中でしたので、留守番電話に録音されていました。それはきれいな透き通るような話し方。

この春新たに開校した塾ですので、おそらく皆様にとっては、はっきり言ってどこの誰がやっているのかわからない何もかも不明な怪しいひとつのちっぽけな塾でしかないことでしょう。
客観的に見ても、実際の所、問い合わせ&申込みという大きな大きな第一歩を踏み出すには大変勇気がいること間違いありません。(現実には1秒もかからないたった1クリックの作業ですが、) 問い合わせをするかしないか、これは高く大きなハードルであること間違い無しです。
運命の分かれ道と行っても過言ではない、初めのたった第一歩を踏み出すべきかどうか迷われている保護者様方が実際にはとても多いのではないかと予想しています。

ただただ感謝。自然界って、一生懸命の気持ちはがどこかでうまく通じるようになっているのかな、そんな不思議な気持ち。

2010年の決意から体制が整うまで時間が経過しました。
ただ、計算した訳ではないのですが、何者かがうまくスケジュール調整してくれているかのような実にタイミングの良い不思議な流れです。

今を大切にベストを尽くすことで与えられた今の状況に向き合うことだと思います。
ちょっと暑苦しい内容でしたね。ついついアツくなりすぎるのが悪い癖です。
冷えピタ、熱さまシートでクーリングダウンしなければ。

太田町、太田本町、古井町に開校のお知らせのチラシをポスティング終了。
本日は加茂川町にチラシを配る予定です。

運命の出会いを楽しみにしています♪



無気力な子を再生させる親は「肉を焼く」(プレジデントオンラインより) [記事]

今年の2月の記事で少し古いのですが、見逃していましたのでご紹介させていただきます。
President onlineより。
http://president.jp/articles/-/21295

"無気力な子を再生させる親は「肉を焼く」"
ライフ 2017.2.12 エッセイスト、教育・子育てアドバイザー、受験カウンセラー 鳥居りんこ=文
このタイトル、なかなか良い感じではありませぬか。

「無気力化した子」を見事再生させる親の共通点が5つ記されていました。

子育てに悩んだら、鼻歌まじりで「肉を焼こう」
【何かに迷ったら、においで育てる】
【「大丈夫?」と聞かずに「大丈夫!」と言う】
【敵(子ども)の予想の圧倒的、斜め上を行く】

最後の、【敵(子ども)の予想の圧倒的、斜め上を行く】のお話も感動的です。
ぶれない親あっての子ども達。
ご興味を持たれた方は、こちらをどうぞ。
http://president.jp/articles/-/21295
においで育てる、と共に、本質を考えさせられます。




探Qイベント第3弾「いきものの設計図をとりだそう!!」に続きまして第4弾は? [探Q舎]

探Qイベント「いきものの設計図をとりだそう!!」
第2回目、5/14 (日)参加申込み、受付中です。
ぜひ、お友達とお誘い合わせの上、お申し込み下さい。
https://www.tankyusha.com/

身近な食材から自分の手でDNAを取り出して、目で見てみたい子ども達のみなさん、
どうぞご参加くださいね!!

特典 )科学実験の待ち時間には、簡単な知能テストができます。
5分から10分でできます。
これまで隠れていた新たな才能が発掘できるかもしれません!!

====================================================================
さて、今後の探Qイベントの予告です。

探Qイベント第4弾は、「きて・みて・さわって粉の不思議!」です。
モノ作りと、不思議体験の2本立てです。
触ると不思議な感触がします。
お家の方も色々なところで、良く使用される粉だと思いますが、「こんな性質があるってご存知ですか?」

きっとお子様たちは、イベント参加後には、お家の方へ質問されるのではないでしょうか?
どのようなものか実際に体験されたい方は、お家でも簡単にできますので、ぜひお子様に教えてもらってくださいね。もちろん、イベントへの親子でのご参加も大歓迎です。


お家の方の中でどれだけの割合の方がご存知なのかちょっと予想つかないのですが、おそらくご存知の方の方が少ないのではないかと予想しています。

それでは、どうぞ、ご期待ください。
スケジュールは、近日HPにアップします。
どうぞ宜しくお願いします。