So-net無料ブログ作成
-| 2016年11月 |2016年12月 ブログトップ

"探Q舎"に関する問い合わせや、体験授業申し込みはこちらにお願いします [探Q舎]

探Q舎よりお知らせ

現在、体験授業や説明会を開催しています。
百聞は一見にしかず。
"探Q舎"に関するご質問やご興味のある小学生3~6年生のみなさん、そしてご家庭のみなさん、保護者のみなさん、お気軽にお問い合わせください。以下のフォームにご記入をお願いします。

https://goo.gl/forms/BmYHGetiTO3hSA652

探Q舎より


中学受験ってどんなものだろうか、調べてみた [リサーチ]

正直に白状すると、これまで、中学受験がどんなものか知らない。
そこで、中学受験とはどのようなものか、調べてみた。

中学受験に必要な能力とは。。。。。どのような能力なのか?
主に、推理能力、比較能力、集合能力、整理・要約能力、直感的着眼能力などが必要らしい(中学受験に合格する子の親がしていること、小松公夫著 PHPより)

麻布中学入試問題 00年
問題、水が氷になるとき、その体積は1/11だけ増えるとします。逆に氷が水になる時、その体積はどれだけ減ることになりますか。分数で答えなさい。

フェリス女学院中学校08年第一問 (2)
問題、ある年の3月1日が月曜日のとき、この年の7月7日は何曜日ですか。

開成高校05年第一問(1)
2005より小さい正の整数の中で、2005との最大公約数が1であるものは何個有るか。なお、401は素数である。

うーん。なるほど、これはなかなかに手強いレベルである。
それにしても、私が気になるのは、中学受験のためにこのような類いの勉強づけになる日々を送る小学生の将来がどのようになるか、ということである。
友達と外で元気に遊んだり、何らかの創造的な習い事や課外活動を行ったりする時間も確保できるのかどうか、というところ。

のびのび遊び、のびのび学ぶ小学生時代を過ごす子ども達。
熾烈な中学受験の競争に勝ち抜くために受験勉強を中心にして小学生時代過ごす子ども達。

科学の研究のように、きれいな実験データを出せないけれど、物事は視野を拡げて長い目でみることはいつでも必要であろうと思う。そして、ひとそれぞれ、一人一人の正解もきっと違うことだろう。









偉大な科学の業績を挙げた人の過去を辿る [リサーチ]

今回は、偉大な科学の業績を挙げた人の過去を辿る (文部科学省の資料, 科学技術白書より)。

小学生の時代に、原体験をされている偉人が多いようです。

子どもの頃より専門分野に触れる機会が多かった。
あるとき、俄然目覚めさせられるような強烈な体験をした。

白川英樹さん
飛騨高山で育った、野山を駆け回って遊び回った生活体験を通じて理科への関心を育んだ。
新聞紙に食塩水を少しふりかけて火にくべると、炎がオレンジ色から黄色に変わるのでおもしろかった。

科学技術白書、自然科学3賞を受賞した16人の日本人研究者を対象に、科学に関心を抱いたきっかけを調べたところ、小さい頃のもの作りや実験、自然体験が多いことがわかりました。

科学技術白書
p21,①科学等への関心のきっかけ
平成27年8月公表、文科省公表、全国学力テスト結果。
理科離れ傾向、中3理科、授業内容がよくわかる66.9% (平成24年度調査、64.7%)
国語、数学、理科の中で最も低い。小6からの低下率 (国語7.6ポイント、数学9.3ポイント、理科21.0ポイント).

科学等への関心を持ったきっかけ (16人中)
● 白川英樹、炊飯や風呂を沸かす時の火おこしで、新聞紙に食塩水を染み込ませて燃やすと炎の色が変わることに興味を持つ
● 野依良治、小5時に湯川氏のノーベル賞受賞に感銘
● 田中耕一、小学校時代の科学の実験
● 下村脩、小学校時代から機械的なメカニズムに興味
● 鈴木章、数学や理科の新しいことをしることが好き
● 大村智、父親との自然体験を通じ、わからないことに探究心を持つ
● 赤崎勇、少年時代に好物標本の虜
● 天野浩、小学校時代に扇風機の仕組みに興味
● 中学校時代から数学や物理が好きで、実験が大好き
資料、文科省作製。

GRIT (やり抜く力)を読んでみました

みなさま

今回は、GRIT(Angela Duckworth, PhD.)を読んでまとめてみました。
普段から、人間の能力を引き出す方法を科学的に見いだし、教育分野に活かしたいと考えているため、このような研究がクローズアップされ、研究の進展が著しい現状を嬉しく思います。
自分自身にとっても、これから共に歩むミライの巨人たちにとっても大変有意義な情報がえられました。

====================================================================
Part1人生でなにを成し遂げられるかは、「生まれ持った才能」よりも「情熱」と「粘り強さ」によって決まる可能性が高い。大きな成功を収めた人たちの特徴は、1)並外れて粘り強く、努力家、2.)自分が何を求めているのかをよく理解している。
SAT(アメリカの大学進学適性試験)の成績とやり抜く力は、逆相関する??

やり抜く力を強くする4step (成熟したやり抜く力の鉄人に共通する4つの特徴)
1. 【興味】自分のやっていることを心から楽しんでこそ情熱が産まれる
全体的に目標に向かって努力することに喜びや意義を感じる。尽きせぬ興味と好奇心。この仕事が大好きなのだ、という。
2. 【練習】昨日よりも上手になるように。練習に励む。自分の弱点をはっきりと認識し、克服をめざす。慢心しない。どれほど道を究めていても、何がなんでももっとうまくなりたいと言う。
3. 【目的】自分の仕事は重要だと感じてこそ、情熱が実を結ぶ。目的意識を持ち、一生興味を持ち続ける。個人的にも、他の人々にも役立つと思えること。
4. 【希望】困難に立ち向かうための粘り強さ。困難や挫折を経験しながらひたすら歩み続ける
===================================================================
Part2 やり抜く力を内側から伸ばす
情熱に従って生きるために、険しい道のりを選ぶ。情熱がない限り長続きしない。この仕事が大好きだ。殆どの人は、これだと思うものが見つかるまでに何年もかかっている。
P145。数千名の長期的調査
殆どの人は中学生の頃、特定の職業への興味の有無がぼんやり見えてくる。好き嫌いがわかり始める。
必死に努力する以前に、まずは楽しむことが大事。
スキルは3段階で、数年ごとに。
初期。励まし。指導者は、最初の学びを楽しく、満足感の得られるものに。自主性の尊重。習い事は、こどもの好きな物を選ばせる。
P152。 ショーツのパズル研究で大学の学位。母親がこどもの興味関心をしっかり見守り、引き出す。
P165。一人残らずカイゼンを行っている。

===================================================================
エキスパートの意図的な練習法(deliberate praxtice)
1) ある一点に絞って高めの目標設定
2) 集中して、努力。目標達成をめざす。人の見ていない所で努力。
3) 改善すべき点を把握し、できるまで徹底的に練習する。
*意図的な練習=過酷。せいぜい3-5時間/日 やり抜く力大=意図的な練習の大変さや楽しさも強い。
可能性1)努力が報われる高揚感が癖になる説、2)困難なことに挑戦するのが好きな人種もいるという説。

意図的な練習の基本的要件
●明確に定義されたストレッチ目標●完全な集中と努力●すみやかで有益なフィードバック●たゆまぬ反省と改良●優秀な人の姿勢をしること。
意図的な練習法 (弱点を知る、完全に集中する)を子ども達に教えたら成績が向上した。
習慣化する。大変なことをするには、ルーティンにまさる手段はない。
メイソン・カリー著、天才たちの日課 (フィルムアート社)鍵は、意図的な練習を毎日ひとりで何時間も行う独自の方法をもっている。
第8章目的を見いだす。
目的の中心的な概念=自分たちのすることは、他の人々にとって重要な意味を持つ。
天職だと思う人は、私の仕事は世の中をよくするのに役立つと良く口にする。
●どの職業でも天職と感じている人の割合は変わらない。自分のやっていることをどう思うか次第。

確固たる目的を抱くようになった人は、必ず若い時に目的を持った生き方の手本となる人物に出会っている。その後、2つの啓示をうける。1) 世の中で解決すべき問題を発見する。2) 私ならきっと変化をもたらすことができる。という確固たる信念をもち、行動をおこす覚悟が必要。
====================================================================
Part3やり抜く力を外から伸ばす
子育てとやり抜く力の関連性??
教師や親の方針。→賢明な子育てが正解
励ましてくれる、勇気づけてくれる周囲のサポートが欠かせない。





「続雪椿」 (茅誠司著) を読んでみました [読書]

随分、昔の本ですが。
教育の本質、教育の深い問題は、普遍的であり、いつの時代も変わらないのかもしれない。

P108  国力とは何か?
国力=良く教育された一億の国民
Education の語源は、"引き出す"
教育の究極の目的 [考える能力を養う]
IBM 会社のモットー  Think
もっと上手くやれないか、絶えず工夫→創造性

P176  科学的な知識や理論を日常生活の体験を密接させる、生活学習の重要性。
セミの好きな木と嫌いな木を調べよう。
鍋の底を黒くするのはなぜ?

"探Q舎"の代表、自己紹介します

みなさん

 今回は、探Q舎代表の自己紹介をいたします。長谷川園子と申します。
京都教育大学教育学部にて自然科学を学び教員免許を取得しました。
当初、大学卒業後、教員の道を志していましたが、自然の法則の美しさや脳の不思議に魅かれ、本格的に脳科学を学びたいと考えました。
大阪大学大学院に進学後、どこまでも"探Q"の日々が続きました。
研究の奥深さは計り知れず、理学博士号を取得し、中学・高校の1種教員免許(理科)も専修免許にレベルアップしました。
 その後も神戸大学大学院、京都大学大学院、大阪大学大学院にて、教育・研究に従事しました。
多くの大学院生さん(大学卒業後さらに学修を続ける22歳以上の皆さんです)を指導する中で、本当に様々な体験をしました。また、機会があればこのあたりのところをもっと詳しくお話ししたいと思います。彼らと接する中で、教育とは何か、について一から見直す機会をもつことができました。
小・中学校の教育の重要性を実感し、ミライへつながる子ども達の"活きた学力'を鍛えるお手伝いにこそ全力を投じたいと願うに至ったのです。研究のように答えがない課題に対しても、日々の人間関係や複雑な問題に対しても、諦めることなく果敢に挑戦し、自ら解決法を導きだせる強く逞しく粘り強い子ども達が増えてほしいと願っています。
このような、人生で最も大切な力といえる総合的な学力を身につけることが、一人一人が本来持っている大きな潜在能力を活かしきり、より豊かな道を歩めることにつながるものと考えています。

遊びが学びに!!学びが遊びに!!  

"探Q舎"の秘密が知りたい小学生の皆さん、保護者の皆さん。
いつでもお問い合わせください。
入塾希望者、随時受付中です。


2016.11.22



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

寺子屋の名前は"探Q舎"_こころ新たに階段を一段一段昇ります

美濃加茂市のみなさま

小学校3年生から6年生までを対象にした寺子屋が美濃加茂にやってきました。
名前は、"探Q舎"です。
探究する、疑問や課題("Q)を探し出す、ということを最も大切にする、本当の学力を鍛える学び舎です。
今後とも、宜しくお願いいたします。

私、代表の長谷川園子と申します。
皆さんには小さい頃から本当の学力をがっちり身につけて欲しい、皆さんには偉大なる力を存分に発揮して強く逞しく人生を生き抜いて欲しい、そう強く願っています。
まずは、美濃加茂市の中で、岐阜県の中で、東海地区の中で、全国へ、そして世界へ。
世界中の至るところで活躍されるミライの巨人たちを一人でも多く輩出したい。。。
それが、夢であり目標です。

皆さんと共に、学べる日がくることを楽しみにしています。
思い思いの"Q"を、沢山発掘し自ら考え、解決して行きましょう。
それでは、また。

2016.11.21

タグ:探Q舎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

-|2016年11月 |2016年12月 ブログトップ