So-net無料ブログ作成

「ヒロシマに来た大統領、朝日新聞取材班 著、筑摩書房、2016」 [読書]

世界情勢、難しい危機的状況になっている現在です。
一人一人が平和について考えること、これも教育の中の重要な課題です。
歴史を知り、現在を知ることは、ほんとうに重要であると思います。
情報を求めて事実を見ようとしなければ、事実に出会えぬまま生きていくことになりますね。

====================================================================
Yahoo!の意識調査、「原爆資料館、行ったことある?」
https://news.yahoo.co.jp/polls/domestic/30343/result
ある、69%
ないが、いくつもり、16.3%
ない、行くつもりもない、14.7%
2017.8月12日現在、合計:38,445票

あなたは、訪問されたことはありますか。
実は、長崎やドイツの収容所はあるのですが、広島はまだ行けていないのです。
この4月に、資料館がリニューアルオープンしたそうなので行かなくてはと思います。
CGで広島の町がどのように変わり果ててしまったのかを示したものもできたそうです。
ケリー長官もこれを見学した際に、驚愕したそうです。

====================================================================
「ヒロシマに来た大統領、朝日新聞取材班 著、筑摩書房、2016」
読みました。
2016年5月27日、被爆地・広島を訪れたオバマ大統領。
当時の、ニュースを思い出します。
歴史的なこの訪問が実現するに至るまでを追った取材班のレポートです。
アメリカ人の認識の調査結果などもあり、また被爆者アンケートの結果から様々な意見が掲載されていました。

答えが一つではなく、アンケートに答えた被爆者の方の人数の数だけ回答がありました。

オバマ大統領の17分間のスピーチの中に、
「いつか、証言する被爆者の声が聞けなくなる日がくるでしょう。」とありました。
8月15日、戦後72年目の終戦の日を迎えます。
生の声が聞ける時間のリミットが近づいています。

考えねば・・・・・
平和について、世界の唯一の被爆国である日本の今後のあり方について。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。