So-net無料ブログ作成
検索選択

名言シリーズ [ジャンク]

朝永 振一郎

物理学者、1965年にノーベル物理学賞受賞。1906〜1979
ドイツのハイゼンベルクの下で原子核理論を研究。
場の量子論において超多時間理論、繰り込み理論を発表。
1949年湯川秀樹と素粒子共同研究グループを結成。
量子電磁力学の発展に貢献。
原水爆禁止と原子力平和利用などを訴え、平和運動に尽力。

====================================================================
●ふしぎだと思うこと、これが科学の芽です。
よく観察してたしかめ、そして考えること、これが科学の茎です。
そうして最後になぞがとける、これが科学の花です。

●「好奇心」は、少なくとも科学という、
人間精神の重要な営みに対して、
ひとつの大きな原動力になっている。
しかも、この精神的な好奇心は、
人間だれでもが生まれながらに持っている極めて人間的なものだ。

●物理学が新しい進歩をするときには、自分で攻撃しようという目標に合わせていろいろな攻撃をしてみなければならない。

●科学を進めるもっとも基本的なものは、人間のいわば知的な好奇心といえるかと思うのであります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: