So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

モンテッソーリは子ども期を3期に分けています [リサーチ]

モンテッソーリ特集です。

モンテッソーリは人間が真に完成するのは24歳頃としていますが、
子ども期をだいたい18歳ぐらいまでとしています。

子ども期を大きく3つの時期に分けています。

第一期、0-6歳
第二期、6-12歳
第三期、12-18歳

第一期
0-3歳
環境から能動的に、かつ無意識的に吸収。
運動と吸収精神によって環境をどんどん吸収。
特に手の運動が鍵。

1歳過ぎから掴むことに積極的に。
●なるべく多くのものに取り囲まれて沢山の刺激を
●周囲で、大人が美しい言葉と豊かな表現で
●何でも触りたがるこの傾向が禁じられないこと

3-6歳
0-3歳に吸収したものを意識的に理解していく。
その環境を手のはたらきによって実現していく。
意識的に、手を使って吸収する。
敏感な感覚器官をフルに使って環境から知識をどんどん吸収。

【探Q舎では、
五感を使って学ぶことを基本にしています。
手を使っていろいろな作業をしながら、感覚から学びます。
実物を目にしながら、自ら探究したい!という気持ちを引き出し、
主体的に学べる環境づくりを心がけています。】


第二期(6-12歳)
3つの特徴
●知性が外界に向けられ、知的欲求が旺盛に。
物事の理由や、因果関係に興味関心をもつ。
文化の全項目を熱中して受け取る。科学的なことは全て教えるべき。
できるだけ沢山の興味の種子を広く散布する。
想像力を働かせ、世界のつながり、相互依存の関係性を学ぶ時期。

【探Q舎のみなさん、例外なく確かに探究心が旺盛ですね。元気もりもりです。
色々なことに、なぜ?どうして?と興味を持てることは素晴らしいことです。
なぜ?どうして?にじっくりと向き合う時間を大切にしながら、探究の授業を行います。
できるだけ多種多様な分野から教材を作製し、沢山の種播きを心がけています。
科学的なことを学び、想像力をぐんぐん伸ばしましょう。
伝える側はその際に、イメージが浮かびやすいように具体的な数値や例えの正確性に気をつけます。】

●善悪の区別に関心、道徳観の目覚め
単なる諸事実を受け取るだけでは満足しない。
自分の力で理解したがる。自分自身の内的光を必要とする。

【正義感や道徳心の基礎ができる時期。
人間について考える時期。
この時期だからこそ、道徳への興味関心の種播きも心がけたいです。
考える力の授業では、倫理や道徳的な内容もときに扱います。
しかし、偽善的な上っ面だけの提示や、押しつけ等はいたしません。】

●組織化された集団において動きたいという群本能が生まれる
仲間を作って行動し、人類の組織化の基盤を。
群れをなし、無意識のうちに母親の支配から離れようとする。

【異学年の子ども達と共に学ぶ少人数制での学びは、期待を超える相乗効果を生むようです。
とりわけ、兄弟がいないお子様にとっては貴重な経験が多く得られるでしょう。】


第三期(12-18歳)
12-15歳
再び生まれたての時期。
身体の大きな変化をともなう。
これまでの関心は外へ向いていたが、この時期は内部へ向く。
自我の創造の過程。社会的新生。

15-18歳
自分のマイナス面へのコンプレックス、引け目に悩む時期。
私が私であることを胸を張って誇ることのできる信念と専門が必要になる。
人間を支え、自信を与える2つのことが与えられなければならない。
○自分を超えて自分を導き、支えてくれるなにものか(神?)への信仰
○自分の能力と性格を充分に活かす時に発揮できる喜びと充実感が常に生活の中に有ること


知性とは?
1) 自然にしておくと、自ら動き出す自発性
2) 分けたり、比べたり、合わせたり、集めたりする区別するはたらき

【探Q舎の考える力の授業では、このような知性を徹底的に鍛えます。
学校の授業では、分けたり、比べたり、合わせたり、集めたりする機会がそれほど多くなく、
不足していると考えています。
考える力を鍛えることは、知性を鍛えることです。
そして、それは、生き抜く力へと繋がります。】


つづく・・・


nice!(0)  コメント(0) 

小学1年生の1割、発達障害か [記事]

12/3の発達障害についてのニュースです。

集団の中で浮いてしまう…小学1年生の1割、発達障害か
12/3(日) 7:11配信   ヨミドクター
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00010000-yomidr-sctch

入学前に8%近くが発達障害と診断、小学校の先生は「10%以上」が多数
小学校の先生たちから見ると、1割ぐらいの子に発達障害の特性が見られ、
何らかの支援が必要と考えられるそうです。

自治体の多くは、「10%以上」という回答が多かったそうです。
多くは自閉スペクトラムの特性を持っているそうです。

小学生のお子様をお持ちの保護者さまの印象はいかがでしょうか。
授業参観などの印象ではおよそそのくらいの割合でしょうか。

====================================================================
実際に発達障害であるかの判断は、もちろん専門家によってなされるのですが、
発達障害かどうかの判断は別としても、
実際に支援が必要だと小学校教師が判断するお子様が10%以上であるということが重要ですね。

発達障害であるか否かということよりも重要なことは、
今このときのお子様にとってベストな教育がどのようなものかを、追求することが重要でしょうか。

お子様の発達、成長は待ってくれません。
ちょっと待って・・・というように決断を先送りして、
迅速に行動に移すことができなければあっという間に年齢が上がっていくという事実を
教育的な視点で見ると大変恐ろしいことだと思います。

見栄や世間体などをとっぱらって、そこにある事実と向き合うこと。
お子様ファーストであること。
お子様に向き合い寄り添うことによって、
愛情を土台とした観察によって、冷静な見極めと的確な判断を下すことこそが、
保護者さんにも学校の先生方にも専門家にも求められているのではないでしょうか。

これは、発達障害であろうとなかろうと何も変わらないと思います。
学校の名前で選ぶのではなく、普通級かどうかで選ぶのではなく、
教育の内容とお子様の現状のマッチングだと思います。

支援が必要なのに、必要な支援をしない状況と、
支援が不要なのに、不要な支援をしてしまう状況。

これらは、どちらもお子様の今後に大きく影響を及ぼしてしまいそうです。

「支援」とは何か。
難しい問題ですね。
このような問いは、お子様が発達障害であってもなくても同様に重要だと思います。





nice!(0)  コメント(0) 

相良敦子氏のモンテッソーリ教育との出会い [リサーチ]

モンテッソーリ教育

藤井氏の影響でマスコミも色んなところで取り上げていましたが、
どうしても実践方面 (日常生活の練習や感覚教具)に焦点が当てられがちですが、
その理論はとっても奥深い模様です。

理論を知るとさらにその実践の方面の理解が深まり、
例え幼稚園に通えなくてもお家でもぜひ取り入れようと決意することでしょう。
また、幼稚園の時期を終えられ、小中学生になられたお子様をお持ちのご家庭であってもその考え方を深く知ることによって、これからの子育て、教育に活かせる部分も多くあることに気づかれるでしょう。

本当の意味で、モンテッソーリ教育を理解するのは容易ではないかもしれませんが、
概論として少しでも引き出しの中に、子どもの見方の考え方を入れておくと、
ここぞというときにきっと役立つのではないでしょうか。

もちろん、モンテッソーリ教育には、専門家でないとできないこともあるかと思いますが、
いつでもどこでもで、どこのご家庭でもできる側面も多くあるようです。


自然科学の目、医学の目、哲学の目、脳科学の目・・・・・
宇宙の原則から本当の平和教育とは何かに至るまで
生きるということの本質をゼロから見つめ直す必要性があるといえます。


日本のモンテッソーリ教育の発展に大きな貢献をされた最も偉大で重要な人物は、
相良敦子氏だそうです。
残念ながら、今年の6月にご逝去されたそうです。
最近の脳科学の進歩により得られた科学的エビデンスと、
モンテッソーリ教育を受けた方のその後の人生を追って得られた膨大な実績データを照合し、
分析されたお仕事がどうやら最後の模様です。

印象的であったのは、氏のモンテッソーリ教育との出会いです。
出会いに関しては、こちらの相良敦子先生のインタビュー記事をご覧下さい。
https://www.ideesmontessori.com/interview/176.html


そして、その別れです。
2週間前まで(?),講演会を情熱的にされていたそうです。(出所不明)
8月にも大きな講演会を控えてらっしゃったとか。


大きな人的財産が失われましたが、直接教えを授けられた多くの後継者の皆さんが、
今後も大切な宝を引き継いで下さることでしょう。
貴重な財産を多く遺されていますので、全国のお母様方、特に幼少期のお子様をおもちの皆さん、
ぜひ、書籍から知恵を授かりましょう。

『お母さんの「敏感期」』や
『モンテッソーリ教育を受けた子ども達』河出書房新社(2017年増補改新版)
とっても読みやすい内容でおすすめです。




著書
『ママ、ひとりでするのを手伝ってね!』講談社(1985年)
『子どもは動きながら学ぶ』講談社(1990年)
『お母さんの「敏感期」』ネスコ(1994年)
『幼児期には2度チャンスがある』講談社(1999年)
『モンテッソーリ教育を受けた子ども達』河出書房新社(2009年、2017年9月10日増補改新版あり)などなど。


nice!(0)  コメント(0) 

三学戒 [探Q舎]

久しぶりに佐藤一斎の「言志四緑」を読み直した。

佐藤一斎は、田沼意次が老中に就任した安永元年(1772年)に、
美濃岩村藩(現在の岐阜県恵那市岩村)家老の子として誕生した。
儒学を朱子学から陽明学まで広い見識があり、学問仲間から『陽朱陰王』と呼ばれた。
学び70歳の時今で言えば東京大学総長のような立場となった。
門下生の数はおよそ6000人といわれている。
幕末に活躍した英才を多く輩出した。


膝下から育った弟子の佐久間象山や渡辺華山、それから西郷隆盛にも強い影響を与えた。
西郷は門下生ではないが、言志四緑が座右の書であった。

さらに、佐久間象山の門下には、勝海舟、吉田松陰、小林虎三郎ら。
さらに、吉田松陰の門下には、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋ら。
このように、一斎の教えは脈々と語り継がれた。


中でも有名なのが三学戒。

少にして学べば、則ち壮にして為すこと有り
壮にして学べば、則ち老にして衰えず
老にして学べば、則ち死して朽ちず
言志四緑 第60条

一生のそれぞれの時期で、学問の花が咲く。
学問は、年齢を選ばない。
これこそ学問のおそるべし力である。

探Qっ子たちは一行目。
これから、これから、だけど、壮にして為すための土台作りの今。
今こそ大切。
種播き、種播き、水やり、水やり。
学びのタネを沢山まこう。

nice!(0)  コメント(0) 

探Q力をきたえよう!最終回終了 [市民講座]

探Q力をきたえよう!第10回目終了しました。

最終回ということで、講座の時間を40分程で終えた後、
子ども達にも保護者様にもアンケートにご回答いただきました。

子ども達から、おもしろかったと良い評価をいただき大変嬉しく思いました。
みなさん、実験や工作が大好きですね。ゲームというリクエストもいただきました。
もしもまた機会があればぜひ、頂いたご意見に従って、どんどん改善していきましょう。

講座のレベルとしては、年長さんには難しい内容もかなりあったのですが(正直大人でも難しいかも)、
個人としては、難しい課題であっても皆さんそれぞれの方法で、
自分なりに消化できるところまで消化して沢山学ばれていました。

年上のお子様の作業を見て真似したり、本来の目標には到達しきれなくても、
たとえ、7.8割ぐらいの達成率であっても経験するのとしないのでは雲泥の差があると思います。
日々の体験と同じで一人一人が自分なりに経験を解釈していくことが重要かと思います。

やはり、学校とはまた異なり、異学年の子ども達が集まって楽しめたことがよかったです。



===============================================
保護者さまから頂いたご意見も大変ありがたいものでした。
教育に求めるものとして、比較的、多かったご要望としては、勇気、やり抜く力、生き抜く力、忍耐力、サバイバル能力、を鍛えてほしいというものです。

生きる力の鍛え方・・・
深すぎて、簡単にはハウツー本にできそうにありません。
いつどのようにどうやってきたえられるのか・・・・
これはとても重要な本質的な問いでしょう。(親問題です)
この場では、ここまでに留めておくとして、また別の機会に考察したいと思います。


少し難し目だった今回の講座は、
きっと子ども達の忍耐力、根気を少しは鍛えることができたのではないかと思います。
とりわけ、お米並べと最終回の立体の塗り分けなどは小学生にもかなりの試練でしたね。

もちろん根性論だけではありません。

具体的な話しとしては、
困難な課題をどうやって乗り越えるか。
複雑な問題をどのようにして解決するのか。

それは、まず現状分析を終えて、
やるべきことを系統的に分類し、細分化、階層化、段階化することです。

ならば、このような力を鍛えましょう。
このような力とは????
それは、知性そのものを磨き上げることに他なりません。
まさに考える力を鍛えることですね。


もっと、鍛えたいという勇気ある方は、ぜひ本格的に毎週鍛えましょう!!
優しくもあり、厳しくもある、魅惑の内容となっています。
講座よりもさらに深く、踏み込みます・・・・・・

■「考える力」・・・・考える力を鍛えます。
■「探究」・・・・・・探Q力を鍛えます。

講座を受講いただいたみなさま、ありがとうございました。
大変勉強になり、多くを教わりました。
アンケートのご回答に従って、次回以降、改良を続けます。

皆様の健やかなご成長を祈っています。




nice!(0)  コメント(0) 

親問題、子問題 [ジャンク]

哲学者、評論家の鶴見俊輔氏
15歳で渡米、ハーバード大哲学科を卒業。
大衆研究・思想史研究に独自の領域を開拓。
京大・東工大助教授、同志社大教授を歴任。

万引きをしたり、不登校になったり、破天荒な少年時代を送っていた。
帰国後はベトナム戦争に反対、憲法問題にも積極的に関わり、
行動する知識人として有名。93歳で死去。

鶴見氏は、哲学の物事の本質にふれる問題を「親問題」、
そこから派生する問題を「子問題」と表現した。

氏は、教育制度は、親問題を全然教えていないと語っていた。
どうしてどうして扱うのは、子問題ばかりだと・・・・・

今や、もっと深刻かも知れない。
子問題、孫問題、ひ孫問題・・・・??

"哲学"が抜け落ちている?
本質を見失っている?

学校教育を受ける年代の子ども達だけでなく、
どんな立場のどのような人でも、生きているかぎり、
親問題に触れる機会を誰もがもっと持たないと行けないのではないだろうか?

本質とは何か、を大切にしたい。
親問題にこそ、真っ向から向き合いたい。






nice!(1)  コメント(0) 

元気な脳が君たちの未来をひらく [読書]

元気な脳が君たちの未来をひらく   川島隆太   くもん出版


字を書くのが嫌いなお子様、いらっしゃるでしょうか。
顔を見て会話する時間が少ないお子様、いらっしゃるでしょうか。

便利な世の中になり、スマホやパソコンに頼りっきりの大人の皆様、多いでしょうか。

別の目的で、随分前に読んだ本ですが、皆様にもぜひご覧頂きたい写真がありましたので、
載せておきます。


めんどくさがらずに、顔を合わせて会話しましょう。
めんどくさがらずに、時には文字を手書きしましょう。
下の図を見ると、そんな気になりませんか?

写真の赤いところが脳の活動が最も高いところ(よく働いているところ)です。

元気な脳が君たちの未来をひらく_edited-2.jpg


(川島先生、申し訳ありませんが、2つだけ掲載させて下さい。
別のページの写真をまとめて掲載させていただきます)
nice!(1)  コメント(0) 

教育の勉強会でした。 [ジャンク]

本日は、教育の勉強会第7回を終えました。
毎回、ぶっ続けで3時間以上話します。
ちょうど一年ほど経ちました。
米原はけっこう遠いですが、たまにはいいかもねと思います。
読書もゆっくりできますし、電車に揺られながら思索にふけるのも悪くありません。


毎回、とっても有意義な時間を過ごすことができています。
何をするにも、ディスカッションはほんとうに大切だと思います。
ディスカッションなしに物事をなせることはおそらく皆無でしょうね。
智慧を出し合うことができる人間の素晴らしさを改めて思い知らされます。
相加ではなく、相乗を目指して。
同志との対話ができることがどれだけありがたいことでしょう。





毎回、とても幸せな気持ちで感謝の気持ちで一杯になります。

科学技術が進み、会わずに相談、交渉、会議・・・ということも増えつつ有ります。
実際に直接会って密度の濃い話し合いをする機会が減りつつありますが、
やはり、face to faceの大事さは譲れないと思うことも多いです。

直接会って話すことは、私にとってはなくてはならないものです。
きっとこれからも、それはなくてはならないもので有り続けるでしょう。
古典的な人間でしょうか。
古くさい人間だねって言われても気にしませんよ♬



nice!(0)  コメント(0) 

探Qイベントクリスマス便〜「イルミネーションに対抗?!」 [探Q舎]

12/22 (金)17:40分より、生涯学習センター501にて、
探Qイベントクリスマス便〜「イルミネーションに対抗?!」
を行います。

現在、お申し込み受付中です。
シンプルな原理ではありますが、科学の不思議を身近に感じていただければと思います。
クリスマスですから、きれいな色を楽しみましょう。

■対象
年長さん〜6年生
■定員
お子様6名様
■日時
12月22日(金)17:40〜19:00 
■場所
生涯学習センター501
■持ち物
タオルなどのお手拭き、汚れても良い服装、筆記用具
■参加費
お子様お一人800円
■お申し込み&お問い合わせ
探Q舎まで。
info@tankyusha.com
090-4497-0335
nice!(0)  コメント(0) 

探Q力をきたえよう!第9回目終了 [市民講座]

探Q力をきたえよう!第9回目終了しました。
「かがくはんのうとなかよしになろう!」


化学反応は、私たちの日常生活に溢れています。

ガスが燃える。
カイロから発熱させる。
呼吸する。
消化する。
鉄がさびる。
10円玉がさびて緑に変色する。
バスボムが泡立つ。
お菓子作りのときのベーキングパウダー。
などなど、思いつくものを挙げればキリがありません。


今回は、皆さん、自分の手で化学反応をおこし、自分の目で反応をしっかり観察できましたね。
化学反応と仲良しになれました!


私たちの世界では、物質は原子、分子からできています。
天然に存在する元素の種類はおよそ90種類 (人工的に作られた元素を除く場合)。

自然に存在する物質は、これらの元素の数、組合せ、結合の仕方、が異なることによりできています。
これらが異なることによって、全く性質の異なる物質が生み出されるのですね。

お互い手を取り合って、変身するのです。
化ける反応です。

少し立ち止まって考えると、とても不思議に思えませんか?





====================================================================
しかしながら、もっと不思議なことがあります。
私たちの世界をもっと広げて、宇宙規模で考えてみましょう。
宇宙では、先程述べたような通常の物質は、実はたった5%しか存在しないのです。

宇宙は何でできているのでしょうか?
残りの95%は未知の物質である暗黒物質と暗黒エネルギーです。
まだまだ正体不明のようです。

世の中、広いなあ、そう思いませんか?

==================================================================

10月から始った講座も、来週は最終回です。
これまで、早かったでしょうか。普通だったでしょうか。遅かったでしょうか (笑)。
最終回は、風邪などにかからずに、どうぞお元気でご参加下さいね。
お元気な子どもたちに会えますように願っています。
それでは、また。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -