So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

もしも、銀河を山分けをしたら? [探Q舎]

先週、ブラックホールを詳しく知りたいというリクエストがあり、
最新の知見をチェックしているところです。
大きく分けると、恒星由来のものと、銀河の中心に存在するものの2種類です。

ところで、ホワイトホールというものも出て来ているのですね。
現在のところ、マイナーな説ではあるものの、
ブラックホールとは逆に吸い込んだものを排出するとか。

宇宙そのものもたくさんあるマルチバース説というものもあるようで、
マンガのような仮説ですね。

技術の進歩により日々興味深い観測結果がもたらされると共に、
理論の方も益々熱くなっているようです。


====================================================================


夏の方が人気ですが、実は、空気の澄んだ冬空は星空観測に適していますね。
ときには、寒さ対策を万全にして星空観測というも悪くはないのではないでしょうか。

ちょっとスケール大きめの夢のあるお話し。

地球上の砂粒の数は、およそ75垓。
宇宙の星の数は、700垓。

宇宙の銀河の数は、○○○○億。
地球上の人間で銀河を山分けすると、一人当たり何個ずつになるでしょうか?



地球

太陽系 (銀河の中心の回りをぐるぐる回っている、およそ2億年かけて一周)

天の川銀河(銀河系、約3000億個の恒星)

局部銀河群 (30ほどの銀河)

乙女座超銀河団

宇宙

(マルチバース?)


138億年前のビッグバン直後の、
1秒後以内に、銀河1個分ぐらいの大きさまで急膨張したそうです。
そして、現在までもこれからもずっと宇宙は広がり続けているそうです。

たまには、日常生活から離れて、こういう世界のことを考えるのも悪くないかな、なんて思います。
お子様たちのおかげで、今日もなかなか楽しい探究ができました。

もう3冊目を通して、明日には教材も完成しそうです。

生徒さん、満足してくれるでしょうか。
知れば知るほど、疑問が増えそうで、ますます分からなくなるかもしれません・・・・・
それもまた良いでしょうか?

反応が楽しみです。
新たなテーマが挙れば、さらにPart2を実行ですね。


nice!(0)  コメント(0) 

探Q力をきたえよう!第8回目終了 [市民講座]

探Q力をきたえよう!第8回目終了


1) ぼくの/わたしのたいせつなもの/こと
たいせつなもの、すきなもの、なくてはならないものについて考えていただきました。
今回は、次のクイズに備える目的もあり、書いたことをお友達に見えないようにするため、
テーブル一つ当たりお一人様に座っていただきました。

親子あたり、一つのテーブルという状況で、まずは、じっくりと考えていただきました。
この形式は初めてでしたが、ご家庭のカラー(?)が出ていて、とても興味深かったです。
そして、課題が課題だけに、親御さんの存在がお子様の記述にどこまで影響を与えただろうかという点が非常に興味深いですね。
例えば、親御さんが教室にいらっしゃらなければどこまで回答が変わったのだろうということです。
うーん、ヒトの場合は、対照実験とかできないですし、難しいところですね。

次回、もしも講座を行うことがあれば、保護者様の見学・参加なしで同じ授業を行ってみましょうか?
もし、実行できれば、また結果についてレポートしますので、どうぞお楽しみに。


書き終わったら、みんなで意見を共有します。
グループ分けするとおよそこのような感じでしょうか?

ひととのつながり関係・・・・・
楽しいこと、面白いこと・・・・・・
快適に日々を過ごすためのもの、こと・・・・・
生きるために絶対に必要なもの・・・・・・

以下は、皆さんから出て来たもののうち一部です。
かぞく、おともだち、バイオリン・・・・・
食事、睡眠、服、クツ・・・
いえ、地球、月、太陽、空気、酸素、水・・・・・いのち

思考のスケールが大きくて、太陽まででてきました!
みなさん、考える力、素晴らしいですね。
他にも、たくさんたくさん、大切なもの、なくてはならないものが挙ってきました。


実は、これは、ホスピスなどでも行われるものなんですよ。

大人でも普段、慌ただしい日々の中で、じっくり日々の生活を見直す機会はなかなかないですよね?
幸せはあちこちに散らばっていますが、空気や太陽、地球の存在は、存在するのが当たり前だと思ってしまっています。家族やお友達も、健康も同じです。

通常のパターンは、失って初めてそのありがたみに気づくというものです。
"そこに何かが存在する"とき、いろいろな巡り合わせがあってそこに存在しています。
決して、当然のことではないでしょう。
おそらく、当たり前ではないでしょう。

===================================================================
改めて、日々の生活の中には、なくてはならないものが沢山あるということに気づき、
ステキなものに囲まれて生きているんだと実感して欲しくて。
そのハッピーな今、ここにいるという状況を少しだけ身体で感じて欲しかったんです。




探Q舎の授業では、もしも、高学年なら、
生きるって?幸せって?というタイトルで真っ向勝負をかけるんですが、さすがにこれはやりすぎですので、今回は、マイルドバージョンで行いました。



2) うまれかわったらなんのいきものになりたい?

人間に生まれたというまぎれもない事実をもう一度捉えるきっかけをという願いからです。
そして、地球には多種多様ないきものがそれぞれ工夫して個性を活かして生きているということを
お子様たちは、よくご存知です。
相手の気持ちを想像する楽しさを、勝手気ままに想像する楽しさを、相手の立場になって考えて欲しいという願いから、こんなことをしてみました。

クイズ形式でお友達が質問を浴びせながら、それは何かを当てるのですが、

いきものに詳しい子どもたち回答は、とってもマニアックでした!!
答えがかなり難易度が高くて、みなさん智慧を振り絞って考えました。
みなさんの生き物への興味関心が高いこと、よく勉強されていることが伝わってきました。


みなさん、それぞれ個性的な回答でした。
やっぱり次も、ヒトになりたい!という確固たる意志をお持ちのお子様もいらっしゃいましたが、
自分の好きな動物を挙げてくださったお子様もいらっしゃって、多種多様なご回答。


3) 動物園の動物か、野生の動物か、どちらになりたい?
野生を選ぶと言うご意見が多数でしたが、回答されたあと、モヤモヤが出て来たようです。
みなさんぼそぼそとそれぞれのメリット、デメリットを頭に思い浮かべてお考えのご様子。

帰路の宿題になったでしょうか?



お友達の考えを知って、みんなそれぞれ面白いなって感じてくれたでしょうか。


====================================================================
さらに探Q、のコーナー。

★生き物の種類と数
いろいろな説がありますが、
地球上の生き物は、8,700,000(870万)種存在するといわれ、
その90パーセントがまだ発見されていないといわれています。
ほとんどの生き物がまだ見つかっていないんですね!



☆生命の存在、ヒトの存在にとって、奇跡と言って良い環境

■地球と月と太陽の大きさのバランスと、距離のバランスが絶妙。
第六回目の講座で学んだ通りです。
水が液体として存在する、温度も適温、大気の厚さ、電磁波、などなど。。。
ハビタブルゾーンとよばれる条件です。

■地球の磁場が、太陽からの有害な放射を遮ることができる。


■大気が地球を包んでいる。
住みやすい気温を維持、隕石の落下も防ぐ。
空気の組成も絶妙。
酸素21%、二酸化炭素0.03%.
もしも、二酸化炭素が増え、その量が6%になると、ひどくあえぐようになる。
もしも、酸素が16%になると人体への影響が現れてくる。
10%以下になると、もうヒトは生きてゆくことができなくなると言われている。






nice!(0)  コメント(0) 

教員免許更新の証明書が届きました [ジャンク]

すっかり忘れていましたが、教育委員会より教員免許更新の証明書が無事に届きました。

これで中学高校でも授業ができるようになりました!
中学高校でも、探Qをできる機会を今後いつかいただけることができたら嬉しいですね。

まあ、もしもそういう機会を頂けたなら、この夏頑張った甲斐があります。
そういうことがなくても、講習を受けられたので大変勉強になってよかったですけどね。

とりあえず、ひとつ片付きました。
よかったよかった。

==================================================================
次は、日本語の勉強をして、試験を受ける予定です。
今後、外国人も日本に多くやってこられるでしょうし、
それだけではなく、日本語の奥深さを学び直したいと思ってるところです。
日本人と言えど、日本語を使いこなせているかというとまだまだ知らない奥深い世界があります。
とりわけ、昔から使われている言葉の中には、多くの美しい表現があります。
言葉を知ることは世界を広げることですから、探Q舎の今後に役立つことを確信しています。

まずは、こつこつと日本語の探Qを進めて行きます。






nice!(0)  コメント(0) 

ノーベル賞経済学者ジェームズ・ヘックマン教授 [リサーチ]

5歳までの教育が人生を左右する。
ノーベル賞経済学者、ジェームズ・ヘックマン教授。
教育経済学があちこちで話題になり、こちらのブログでも何度か取り上げました。
幼児教育が将来にわたって大きな影響をもたらすため、幼児期への教育投資が二重まる、というお話。
就学前児童を対象とした長期に渡る貴重な調査プロジェクトである
ペリー就学前計画のお話は大変有名になったので、皆さんもよくご存知だと思います。


数年前の記事ですが、念のため改めてご紹介しておきます。

■「5歳までのしつけや環境が、人生を決める」2014年11月17日 日経ビジネスONLINE
ノーベル賞経済学者、ジェームズ・ヘックマン教授に聞く
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20141114/273808/

■「幼児教育」が人生を変える、これだけの証拠 2015年07月02日  東洋経済ONLINE
ノーベル賞学者が教える子の能力の伸ばし方
http://toyokeizai.net/articles/-/73546

●幼児教育の経済学 東洋経済新報社 – 2015/6/19
ジェームズ・J・ヘックマン (著),‎ 古草 秀子 (訳)

====================================================================
以下、少しふるいですが、
独立行政法人経済産業研究所での2014年のヘックマン教授の講演会での内容の一部です。
大事だと思う所を抜粋しています。(http://www.rieti.go.jp/jp/events/14100801/summary.html)


◆能力の創造に関する最新の研究から得られた8 つの教訓

第1の教訓
多様な能力があらゆる局面において、人生の成果に重大な影響を与えている。
認知力と非認知力のうち、非認知力には、嗜好、自制心、誠実さ、仕事の継続性、多様な社会的やり取りや、経済活動への参加も含まれる。能力の多様性は見逃されがちだが重要である。

第2の教訓
社会経済的に異なるグループの認知力、非認知力の差は、幼少期に形成される。
能力の差は就学前に開き、日本のような先進国では学校教育もこの差を縮めることにあまり役立たない。

第3の教訓
能力の差の出現に対する遺伝の役割。
実証的研究、実験的研究、非実験的研究からは、育児の仕方や環境にも能力を形作る力があることがわかっている。
遺伝も重要だが、遺伝子の発現は、特に幼少期の環境によって修正することができるという研究結果が増えている。

第4の教訓
子どもの発達に重大な意味をもつ、決定的な時期がある。
異なる能力は人生の異なる時期に形成される。
知能指数(IQ)は10歳で同じランクに安定するようになる。
幼少期の恵まれない環境は認知力やその他の成果を方向付ける。
しかし、子どもたちの非認知力は青年期になっても変化しうる。
すなわち、人生の様々な段階で様々なタイプの介入を行う戦略を提言できる。

第5の教訓
子どもたちの置かれた環境にはかなり大きな違いがある。
専門的職業の両親の子どもたちは3歳の時点で、恵まれない家庭の子どもたちと比べて4倍もの語彙を聞いている。
この状況は、子育てのスタイルともあいまって、子どもたちの発達に影響を与える。

第6の教訓
ライフサイクルを通じた復元力がある。
初期の恵まれない環境はその後も影響を与え続けるが、部分的ではあるが社会がそれを償うことができる。
幼少期にネグレクトされていた子どもたちに対する思春期における最も有効な介入は、メンタリング、助言と情報の提供を通じた人格形成、社会的感情能力の形成、人格能力の形成である。
良好な家庭環境で行われていることは、良好な職場環境、職業訓練プログラム、見習い研修プログラムに酷似している。

第7の教訓
「足場作り」の重要性。
子ども、あるいは思春期の青年につき添い、協力し、発達の「最近接領域」と呼ばれる次のステップへ進む意欲をかき立てること。
子どもに説教することは、彼らに関与し、交流することに比べると有効ではない。
この関係においては、子どもと教師(あるいは親)の双方が、システムダイナミクス理論でいうところの「創発システム」によく似た役割を果たす。

第8の教訓
早期投資の重要性。
幼少期に行われる質の高い介入は、能力を促進するうえで有効であり、これは「動学的補完性」の表れである。
今日、しっかりした能力のベースを用意しておけば、明日さらに大きな能力を創り出すことができる。
より高い能力とモチベーションをもつ思春期の子どもたちは学校教育で最高の投資ができる。
能力は早期の投資によって、そしてライフサイクルを通じて創造されるもので、単純に遺伝子によって決まるものではない。


◆能力形成の包括的理解

・能力促進のための有効な社会政策を立案するには、ライフサイクルの各段階で目標とすべき能力について考える必要がある。

・能力開発のために有効な戦略を立案するには、家庭生活、多様な能力、そして能力形成の力学の役割を理解する必要がある。
日本ではOECDの学習到達度調査(PISA)の点数に注目している。しかしながら、能力の経済学に関する最近の研究では、認知力は人生で成功するための要因の一部でしかないことがわかってきた。性格/ソフトスキルや、身体と精神の健康は無視されることが多いが、実は極めて重要である。

・学校、個人、国家が認知力と非認知力の形成を助ける。



◆家庭環境の差異
心理学者たちがアメリカの家庭環境を研究した結果、恵まれた環境の子どもたちはそうでない環境の子どもたちと比べて1時間当たりほとんど4倍近い数の語彙を聞いていることが明らかになった。
また、経済的に恵まれ、教育レベルの高い家庭の子どもたちの方が多くの励ましを受けており、恵まれない家庭の子どもたちはそれほど励ましを受けていないこともわかった。
この結果、3歳の時点で語彙数には大きな差が生じている。

日本では、教育のある母親の方がより頻繁に子どもたちを博物館・美術館に連れていき、本を読み聞かせ、大切な「言葉の風呂」に入れている。


◆まとめー能力は能力を生む

自分たちが、経済学者と社会学者、子どもの発達の専門家の最新の研究を活用しようとしているソーシャル・プランナーだと想像してみよう。

年齢を重ねた時期になって成功できるような能力のベースを形成するためには、出生前や、幼少期を対象にしたプログラムに集中するべきだ。


しかし、恵まれない環境にある人たちのための投資は現在のところ、逆の優先順位で行われている。
必要なのは再分配と矯正だけではなく、予防と事前分配だ。

日本は「人間能力省」を設立するべきだ。

子どものメンターとなり、教え、子どもと付き合うことは、子どものその後の成果を形作る上で大きな役割を果たす。


新たな研究結果の理解が、教育政策に対する私たちの考え方を変えつつある。
大人になってからお金を与えるよりも、子どもたちに前もって能力を分配しておくことが必要だ。
恵まれない状況の家族は、恵まれた親となり、子どもたちの能力を育てられる環境を提供するためのツールを与えられる必要がある。
このような家庭をもっと有効な親に変える政策に比べると、彼らに提供するお金を増やすことは有効な戦略とはいえない。



nice!(0)  コメント(0) 

日経DUALより記事のご紹介2

http://dual.nikkei.co.jp/article/108/37/

2017.7.24
ひょっとして手をかけ過ぎ?「ひとりっ子」の育て方
ひとりっ子ならではの「長所」を伸ばしつつ、親は過干渉にならないよう配慮
nice!(0)  コメント(0) 

日経DUALより記事のご紹介

http://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/101200003/111500026/

2017.11.17
落合陽一、梶取弘昌 プログラミングは重要じゃない
学校は放っておくと工業製品的人間を大量生産する場所になる

nice!(0)  コメント(0) 

今日はとても嬉しい幸せな日でした [ジャンク]

今日はとても嬉しい幸せな日でした。
感激しました。
ありがとうございました。


感謝、思いやり、誠実、希望、前進、温かみ・・・
これらの気持ちを忘れず、大切にしていきたいです。
ステキなひとたちの人生の一幕に寄り添うことのできる幸せをかみしめています。

IMG_2989.JPG

IMG_2991.JPG

上から、そして横からです。
メンタルローテーションをお願いします。








nice!(0)  コメント(0) 

探Q力をきたえよう!第7回目終了 [市民講座]

探Q力をきたえよう!第7回目終了しました。


今回は、個性溢れるメンバーでの米粒並べ大会。
決まった数のお米を1粒ずつきれいに並べていきます。
2倍、2倍に増える数の増え方は、実にドラマティックであるかを手と目で知ろうというのが今回の
講座の目的です。

世界には、倍、倍、という形で増える現象が多々ありますが、
実際にイメージすることはあまりないのではないでしょうか?
自分の手でこのような数を並べて、どんな増え方をするのか、実際に手と目を使って
確認されたご経験はおありでしょうか?

単純な作業ですが、大人でも好き嫌い、得意不得意が現れる作業だと思います。
こういうことを行うと、性格が出ます。丸出しになります。

さて、みなさん、覚悟はいいですか?
では、忍耐力と想像力を鍛えましょう!!
枠に入りきるところまで、頑張ります。
最後に、最後の米粒のところに、ペンで印をつけて数の増え方を確認します。

もちろん、グラフという言葉は使いませんが、グラフを手書きしているのと同じです!

年長さん、小学1年生さん、このあたりの時期の子どもたちって、
大きな数が大好きなんですよね!

記憶力も集中力も素晴らしい時期ですので、無量大数が好きな時代に、
一気にこういうことをしておけば、グラフのイメージを身体で覚えることになります。



「7列目までで限界でしたね!」
「それでは、30列目には米粒何粒になるでしょうか?」


みなさん、素晴らしい想像力をお持ちです。
けっこう近いところまで当てて下さいました!

そうなんです。こんなに劇的に増えるんです。


みなさん、数年後は、
きっと、算数が得意になりますよ!?
きっと、指数関数的な増加のイメージも湧きやすくなりますよ!?
楽しみですねえ。

nice!(0)  コメント(0) 

原理はけっこう難しいけど、多分面白いだろうなあと [探Q舎]

実験や工作の大好きなお子様。
メジャーな実験や工作は既にかなりご存知ですし、とりわけ理系分野に強い興味をお持ちです。
安易な発言をすると、「知ってるよっ」っておこられます。

そこで、今回は、
原理はけっこう難しいけど、多分見てたら面白いだろうなあと思える現象を取り上げました。

おそらくあまりメジャーでない実験で、奥深い原理なんですが、
「どうしてこのようなことがっ?」て思えるきれいな実験もよいかしらと思いました。

予想通り、なんでだろう?なんでだろう?ってつぶやいてらっしゃって、
いろいろとご自分の中で工夫して角度や高さを変えてみたり、
実験装置の条件を変えて遊ばれていました。

今回は、あえて、一言も説明せず、純粋に実験、実験結果を楽しんでいただくことにしました。
次回の授業までしばらく時間がありますので、
もしかしたら、自分自身で調べたりしてくれるかなと期待してそのようにしてみました。

次回、振り返りしてみます。
自分自身で調べてきて説明していただけたら、とっても嬉しいですね。

さて、どうなることでしょうか。
次回お会いする日の、一言目を楽しみにしています。



nice!(0)  コメント(0) 

粘り強さが要求されるとき [探Q舎]

粘り強さが要求されるとき、
どのように自分をコントロールするか、それぞれ個性が出ますね。
みなさん、それぞれの

体操をしながら、踊りながら、歌いながら、指でとんとんしながら、
はじめの5分間ぐらいはじっとされているのですが、
みなさん、その後は、どこか身体を動かしながら取り組まれていたのが興味深いです。

どうして身体を動かしながら取り組んだ方がやりやすいの?
なぜ、○○しながらといた方がやりやすいの?
と尋ねましたら、「わかんない」でした。

子どもたちから、この理由をもう少し教えていただくことができたらとても面白いと思いますが、
今回は、残念ながらそんなに甘くはありませんでした。

皆さんそれぞれ自分なりに自分を励ます方法を持ってられるのだと思います。
リズム良く、テンポ良くこなしていきたいという願いもあるのかなと思います。
身体を動かしながら考えた方が脳が活性化するのかもしれません。





nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -