So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ヨシノボリの婚活 [探Q舎]

ヨシノボリの婚活

ヨシノボリとよばれる、ハゼ科魚類の婚活。

さて、メスは、どうやってステキなオスを探すのでしょうか?
現在、イケてるイクメン。
そして、近い将来は、イケてるイクメン。

頼もしい旦那様を確実にゲットするため、
メスは婚活で大変、厳しーい審査をするのです。
オスは、審査の過程で必死。


ヨシノボリの世界では(でも?)、メスが圧倒的に優位な模様です。

めげるなオス達。

可愛いメスの審査を無事に通って下さい。
そのためには、日頃から鍛えて体力の増強を!!


nice!(0)  コメント(0) 

ダッハウ [探Q舎]

昔の写真が役立った。

まだ、探究型学習塾の立ち上げが頭にのぼる前の時代、ドイツに行った。

その時は、マックスプランク研究所と大学訪問がメインだったが、

ダッハウの強制収容所の見学にも行ったのだ。

あのとき、どうしても収容所に行きたかった。
これは、絶対にはずせなかった。


ダッハウの強制収容所は、ドイツ南部のミュンヘン近郊にある。

最初の囚人は、1933年の3月22日に到着。
囚人は主に共産主義者と社会主義者。
1933年から1945年まで稼働し続けた唯一の収容所。
ナチスが設置した最初の強制収容所の一つで、後につくられた沢山の収容所のお手本。



そのときに撮影した収容所の写真がなんと、授業に役立った。

ネットや教科書を見せて話すより、
実際に行って、その場で感じたことを話せたのは、大変よかった。
きっと、聞いてくれた人に、何かを届けられたはず。
そう思う。


ダッハウ.jpg




ユダヤとホロコーストの探Q。
中学生コース。

まさか、中学生相手に
このような授業をすることになるとは、当時はこれっぽっちも考えていなかったのだから。



空気はとてもヒンヤリしていて、でも綺麗な空気であると感じられた。


しかし、
ただ、ただ、ずっしりと重たいのだ。


何とも言えない大変重々しい雰囲気は、今も忘れられない。
考えなくてはいけいない多くのことを突付けられた、あの異様な空気。

これは、ドイツだけの、ヨーロッパだけの問題ではなく、
全世界の問題。

見学には、ほんとうにいろいろな国から沢山の人々が訪れていた。
事実、ホロコーストを止めるチャンスは、何度もあったはず。国内も国外も。

そのことが、今回のおさらいで
この歴史を背負うのは、地球全体の世界中の人々であることがはっきりと再確認された。




実際に、その場に足を運ぶ重要性を再認識。
歴史から学ぶことは多い。

これからも、現在の人々から、そして過去の人々から学んでいきたい。


====================================================================

この時期、5月、6月は中高生の修学旅行のピークかもしれない。
ディズニーランドも悪くないけど・・・・
東京も悪くないし、京都、奈良もいいと思う・・・・



けれども、
若い子ども達は、いつかきっと広島、長崎を訪ねて、
その場所に、実際に自分のからだを置いてみてほしい。
自分なりに感じるものを大切にして欲しいと願う。


そして、辛い体験をされた人は、少しでも多く、大事なことを伝え続けて欲しいと願う。


====================================================================

第一次大戦経験者(従軍者)は、もうこの世にはいない。
2012年に最後の生存者が110歳で亡くなっている。


第二次世界大戦とは、約20年しか離れていないのだから、
第二次世界大戦の経験者の方々に、遺された時間は少ない。

nice!(1)  コメント(0) 

生きてる実感が湧く数字 [ジャンク]

生きてる実感が湧く数字

Q ) 人間が一生を通して口にする、食べ物&飲み物の総量はどのくらい?


nice!(0)  コメント(0) 

謎がやっと解けた [ジャンク]

遠い昔、
小さい頃、
浜辺で、

どうしてだろう?

と、何度か心に抱いた謎。

ずっと、忘れていたQなのだけれど、Aと共にQが再出現。


やっと解けた。
やっと理解できた。


ついさっき。


何十年もかかっちゃった(結構、大きなテーマだったのか?)。


下の表現がピッタリ。

腑に落ちた。
ガッテン、ガッテン。



こういうシンプルな喜びってイイもんだ。
自分で言うのもおかしいけれど、ピュアな喜び。
人間でよかったと思う瞬間。


今日は、これでひとまずヨシとしよう。


子ども達にも、知のネットワークが繋がるピュアな喜びを伝えたい!
そう願って止まない、探Qの日々。



深めることは、広めることにつながり、
広めることは、深めることにつながる。

広めると深めるは、決してトレードオフではない!
学びの場合には、二兎を追えるのだ。
そしてまた、足るを知らなくてよいのだ。

そう断言しよう。


明日も、広げ深める探Qを。

nice!(1)  コメント(0) 

見えないペンで [探Q舎]

何やら光を当てるとみえるというペンでスラスラと書いて行くお子様。

「全然見えないけど、これ使って書く!」

まあ、何と微笑ましい御発言。



うーん。目を見張って常に文面を追っていなければ
何をどのように書いてくれたのか、さっぱり分からない。


最近、お気に入りのペンらしく、どうしてもこれを多用したいのだなあとお気持ちが伝わって来て。

愛着をもてる文房具があるってステキなことだし、
学習の際の励みになるから、とても良いこと。


そんなことで、何も言わず、すんなりと受け止めた。


とっても良い文章。

もちろん、見えない。
パッと見では全くの白紙。


保護者さんは、びっくりされるかもしれない。

何しろ、まるっきり白紙なのに、
でかでかと花まるがついたプリント3枚をお持ち帰りになったのだから(笑)。


くれぐれも、とっさにお叱りにならないように願う。

いずれもとってもステキな考えを自ら創造され、
素晴らしい解答を書かれていたことを、ここに保証する。

nice!(0)  コメント(0) 

おかげさまで [探Q舎]

皆さま、ありがとうございます。

エキテンさんのランキング。

おかげさまで、

昨年5月より先月まで、
12ヶ月連続、連続第1位獲得できました!!

エキテン4月分.jpg

第1号の探Q生さんは、
昨年5月に入塾してくださいました。


記念すべきあの日からもう一年になるかと思うと・・・


時が経つのはほんとに早いです。


初心を忘れず、これからもより真の学びを探Qしつづけます。
未来の巨人たちとともに・・・・


nice!(0)  コメント(0) 

手形と言えば [探Q舎]

本日のGoogleのロゴは、手形が沢山あった。




ところで、有名な手形の一つといえば、
国宝「後鳥羽天皇筆 御手印置文」 (暦仁2年(1239)大阪の水無瀬神宮に所蔵)。



承久の乱を起こし、これに破れた後鳥羽天皇。
隠岐に流され、亡くなる13日前、病床にて近臣の水無瀬親成にあてた自筆の遺言状。

親成に摂津国の領地の一部を与えること
自身の菩提を弔うことなどが記されている。
筆跡にはときおり震えが認められるという。

美しい書の上に、堂々とした手形が異様なほどの存在感を放っている。
1239年の後鳥羽天皇の寵臣への温かな想い、揺るぎない信頼感は、
およそ800年前の時を越え、時代を越え、伝わってくる。


後鳥羽上皇手形.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

のんきくんを見習って [ジャンク]



小さなことから大きなことまで。

それぞれに大小の悩みがあるだろうけど、

ムズカシイかもしれないけれど、
そんなときこそ、一度、カメラをぐーっと引いてみればよいのではないかと思う。


そういえば、小さい頃、ちょこっと読んだマンガに「のんきくん」というものがあった。
家族揃って、たいへんのんきなファミリー。

何かある度、
”ドピュー”というデッカい文字と共に、大気圏を越えて
もの凄い勢いで地球の外にグーンと飛び出して行くのだ。

こういうイメージって大事だと思う。

視野が狭まっている自分を越えること。

ぶっ飛んだ話しだと受け取られるかもしれないけど、


時間と空間は、究極的に同じだといえる。

光とエネルギーと物質も、究極的に同じだといえる。

そこで、自分自身という存在は、どうなのだ。
究極的には、どこに辿り着くか。


やはり、大事な分岐点にいたり、
何か判断に迷っているときは、

一度、大気圏を飛び出て、宇宙から地球を眺める、

このぶっ飛んだのんきくん的行為は、
意外にも、良いヒントを与えてくれるかもしれない。


のんきくんは、ただものではなかったのかのかもしれない。










nice!(0)  コメント(0) 

『自信を育てる心理学「自己評価」入門 』 [読書]

教育界では、しばしば、自己評価、自己肯定感、自己重要感、などという言葉が取り上げられる。
諸外国に比べ、自己肯定感が極めて低い日本の子ども達。
実際、これは大問題。

でも果たして、子どもだけなのか?
大人はどうなのだろうか?

もうちょっと自信がでてくればなあっていうお子様(中学生以降)がいる。
幼少期、児童期のときのトラウマに苦しめられている大人たちがいる。

実際、このような人々はかなり多いというのが正直な印象。

そんなことから、
自己肯定感、自己評価について、
ここで、もう一度考えてみることに。

自信を育てる探Qスタート。
===================================================================


『自信を育てる心理学 「自己評価」入門 』
ナサニエル・ブランデン (著) 春秋社




シンプルだが確かに重要な問いかけに答えて行く形で、
素直に自己と向き合うワークを続けて行く。

(自身もやってみた。

間をとらずに余計なことは考えず、誤字脱字とか気にせず、
殴り書きで、テンポよく猛スピードで書き出すのがコツだと思う。)

自分のこれまでの生き方について、
何か、もやもやを抱えていることがあるなら、スッキリすると思う。



ただ、ワークはこれでもか、これでもかと続くので、
一度ではできないかもしれない。

数回に分けてワークに取り組むか、

自分に取って必要なところだけ選んで取り組んでみてもよさそう。


子どもの頃の自分がひっかかっているなら、そこだけでも振り返ると、
きっとこれからのために、大きなヒントが得られると思う。


ときおり、謎の質問があって、
あれれ?これどういう意味?
という項目が少々ある。

とりあえず、深く考えずに、立ち止まらずに、疑わずに、
サッと飛ばしてしまって、

テンポよく、サーっと勢いを保ったまま、
思いつくままに答えていくとよいのではないだろうか。




nice!(0)  コメント(0) 

大志、野望、使命感は一体どこから? [探Q舎]

子どもの頃どうだったか・・・・・
自信なんてあったっけ?

少し振り返ってみた。
自信の有無についてはほとんど意識すらしていなかった。
もちろん、思うように出来なかったり失敗したことや恥ずかしい経験も多々あったのだが、
自信がつく、とか、自信をなくす、とかそのような揺れを感じた経験がほとんどないように思う。
それに、今の子ども達のように、自己肯定感を調べる調査を受けた記憶もない。
自信ないとか、自信あるとかそういう考え方をほとんどしてこなかったように思う。


それよりも、ただ漠然としたものではあるが、
全く立派なものではないのだが、プチ志、プチ野望、そしてプチ使命感のようなものが
常に先行していたように思う。
自信云々以前に、これらは、一体どこからやってきたのだろうか。

なぜ、自信ということをほとんど意識せずにいたのかについては、
また機会を改めて自己と対話する必要があるのだが・・・

もう少し、追究すると面白いかもしれない。
===================================================================


"自己肯定感を高めるには?"
"自信を高めるには?"
という問いには、いろいろな場面でよく出会うのだが、


人が、
"大志を抱くには?"
"野望を抱くには?"
"使命感を抱くには?"

についてはどうだろう?
同じくらい大切なことだと思うが、後の方の問いにはあまりお目にかからない。



これらは、一体どこから来るのか?

(試しに、大志、野望というワードで検索してみた。
信長が真っ先に出てくるのが面白い。
信長は、どこからそのようなみなぎるパワーを自分のものとしたのだろう?)



このあたり、真剣に探Qする価値がありそう・・・・・



「少年よ、大志を抱け」とはいうものの、
夢をもて、目標をもて、使命感をもて、とはいうものの、

もて、
と言われて、容易にもてるなら、子ども達は苦労しない。

誰もその方法を教えてくれない。

では、どうやって、
自らの力で大志、野望、夢、使命感を創造するのか?


マインドセット、やる気、モチベーションの科学として重要な課題。
そして、なによりも教育の最重要課題。


心が折れてしまう子ども達。
悪魔の誘惑に負けてしまう子ども達。
ここぞというときに、踏ん張るパワーが足りない子ども達。

でっかくて、たくましい心をどうやって創って行くのか?
みなぎる生きる力の根源は一体どこにあるのか、探Qせねばならない。





nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -