So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

探Q力をきたえよう!第4回目終了 [市民講座]

美濃加茂市生涯学習センターにて、
10月初めから行っています市民企画講座のレポートです。

本日、探Q力をきたえよう!第4回目を終了しました。
台風の影響で休校だったにも関わらず、ご参加いただきありがとうございました。

今回は、「集中力を高めよう!」と言うテーマでした。
子ども達って、時間を忘れて遊びに夢中になれることからも、
もともとみなさんもの凄い集中力をもってらっしゃることはよくわかるのですが。

今回は、脳のこの場所を活動させようってことから入りました。
頭と手先を同時に動かすことや、
きめられた時間内にハイパフォーマンスを発揮することなどなど、

チャレンジしていただきました。
けっこう難しい問題もあり、集中力を持続することが求められました。
粘り強さ、根気、忍耐力、そうですね、GRITが求められます。

年長さんから小5のみなさん、
素晴らしい集中力と、粘り強さで臨んでくださいました。

ご自身のパフォーマンスに納得行かなかった子ども達は、
次の課題に移ろうとしても、前の課題に再チャレンジしてたりして、
やる気や、悔しい気持ち、チャレンジ精神が高いご様子。
頼もしい子ども達、これからの御活躍が楽しみです。

そういえば、写真を一度も撮影していませんねえ。
いつも授業中、写真撮影をすっかり忘れてしまうのです。
みなさまにお伝えする証拠写真を一度くらいは撮っておかなくては・・・

====================================================================
60分の中でいくつか違うタイプの課題に挑戦いただきたかったので、
慌ただしい感じだったかもしれませんが、

いつでもどこでも、
そして、手間や材料にこだわらなくても、
無理せずにそこにあるものを使って
気軽に脳を鍛える方法ばかりです。
脳トレ、とかそのような大げさなものは必要なく、
なるべく お家にあるもので。。。。

そういうこともお伝えしたくて。

====================================================================
みなさんチャレンジ精神あふれるお子様達です。
そして、保護者の皆様もまた、子ども達に負けず劣らず学び精神あふれる方ばかりです。

保護者様のお子様に対する温かい愛情が半端なければ、
やはり、お子様たちの保護者さんへの愛情もまた同じくらい半端ないものです。

お子様たち同様、保護者のみなさまがたも、
学びをとても大切にされている姿勢が感じられ、
やはり、親子ってどこまでも親子なんだなあーっと思いました。

探Qッ子たちの保護者さんたちもまた、
お子様に負けないくらい探Q人。


全国にまだまだ少ない探究型学習塾ですが、
実際に、近くにある一定数の割合で、探究の重要性をご理解されている
探Q者の方々がたしかにいらっしゃることを実感でき、
探Q舎としては、ただただ、嬉しく励まされるばかりです。


探Qおやこが、これからも徐々に増えて行きますよう願っております。





nice!(0)  コメント(0) 

逆向き設計〜ひろげる&ふかめる [探Q舎]

授業は、逆向き設計。

授業の達成目標を設定し、これを達成するために、プランを組む。
はじめに、達成目標ありき、それから具体的なテーマを決定し、さらに内容を決定する。

1)世界をながめる、ひろげる、たいかんする
スクリーニング的に多種多様な教科横断型のテーマを取り扱い、興味関心のアンテナを増やす。
手足を使い、目を使い、耳を使い、肌を使う、そして脳を使う。
五感をフル活用、
カラダもココロもフル稼働、
元気いっぱいのびのびと。

指導案には、個人ごとにカルテを作成し、お子様からの授業の評価として記録する。
当然だが、あるお子様にはホームランやヒットとなり、またあるお子様には凡打や三振となりうる。
データがふえてくると、お子様の興味関心の方向性がどんどん明確化される。


2)世界をみつめる、ふかめる、ほりさげる
自分だけの探究テーマにじっくりとことん取り組み、
独創的な研究を行い世界で唯一のオリジナルの学びを自ら創出する。

学びへの『意識』の変革を狙う、
新たな価値観の創成を狙う、
『行動』の具体的な変化をおこす。

おおげさなことばで言えば、
世界観、人生観を変えること自体を達成目標とする。

指導案としては、授業ごとに、もっと具体的な達成目標を設定しているが、
複雑になるので、ここでは、これ以上触れない。


===================================================================
これまでの体験も子ども達によって多種多様なので、
あえてポイントを狙って興味関心を引き起こすテーマも取り上げている。
まだまだフレッシュな小学生さんたち、あまり体験していない分野もあるかと思う。
生まれてからまだ10年かそれ以下、未体験も山ほどある。

また、ご家庭の環境によって、さまざまな教育環境だと思う。
やはり、ご家庭の力に勝るものはない。
当然ながら、お子様達にとって、お家の皆さんの影響が最も大きい。

アートはあんまりだけど科学技術系はめっぽう強いとか、
文学系や芸術系にはよく触れるけどスポーツ系は頻度が低いとか、
自然にはあまりふれないけど
、読み書きや、読み聞かせに力を入れているとか、

お家の方の影響もあり、食わず嫌いになっていることもあるかもしれない。
昆虫の食わず嫌い、詩の食わず嫌い、音楽の食わず嫌いなど。

はじめは、自分が興味がないと思い込んでただけで、実際触れてみると意外にハマることも多い。
「へー、あれれ?最初に思ってたものと違うぞ!!」
「これってこんなに面白いもんなんだ!?」ってことになってしまったり。
プラスの方向への期待はずれになったりするから面白い。


せまいようで、ひろい世界。
ただ広いだけではなく、奥深くもある・・・・

実際のところ、
大人でも子どもでも、誰もが全ての世界に首を突っ込み、深めるには人生は短い。
しかし、保育園や幼稚園、小学校の時代こそ、
ダイナミックにいろいろな体験をしてほしいと願う。

そして、その後、深く深く掘り下げる "たったひとつ"、が見つかればシメタモノだ。

ひとりひとりにとっての、それぞれの"深めるたったひとつの道"を
探し出し、キワメルまでのプロセスとして、
大きな可能性をもつ子どもたちには、いろいろな世界にふれていただかなければ・・・

そこから、きっと何かが動き出す。



nice!(0)  コメント(0) 

洞窟おじさん [ジャンク]

さきほど偶然、知ったのですが、中学1年13歳の男の子、かずまくんが家出をして、
そのまま43年も山で暮らしたというお話し。

弱冠13歳の少年が意を決して家出をするとは、
よほどの事情があったんでしょうけれど、
その逞しいサバイバル能力には頭が下がります。

ドラマみたいなほんとの話しの連続で、
「ほんまかいなっ!!」って驚くエピソードが山ほどありました。


2015年に自伝を書かれているようですので、
近いうちに読んでみたいと思います。
■洞窟オジさん (小学館文庫) 文庫 – 2015/9/8
加村 一馬 (著)

43年間も野生体験をされた方の、人生観は一体どのようなものなんでしょう。
興味津々です。













nice!(0)  コメント(0) 

ハエトリソウも避難です [探Q舎]

ハエトリソウも避難です。

左側のできたてほやほやの葉はやわらかく、
トゲもまだまだみえるかみえないかと言う感じで、
ちいさなギザギザになっているだけですね。
これからだんだんトゲが出てきます。

右の葉も、この数日間にでてきたばかりの葉です。
だんだん立派な葉に成長してきました。

真ん中にも近い将来の葉が出てきているようです。

171022_ハエトリソウ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

『地球歳時記 ブロンズ新社』 [読書]

『地球歳時記 ブロンズ新社』
ちきゅうのうた、 vol7
がっこうのうた、vol11
ゆめのうた、vol13
の3冊です。


世界一短い詩、ハイクを世界数十カ国の小さな子ども達が詠んでいます。
毎回、それぞれのテーマを設定して募集されるようで、絵と共にハイク作品が載っています。


それぞれのお国柄が出ていて、興味深かったです。
国民性って面白いですね。
ハイクにも、絵にも、何となく"その国らしさ"がにじみ出ており、国名を伏せられていても
どこの国のお子様の作品か、結構当てられそうなぐらいです。

勝手きままな印象ですが、ざっとこんな感じでしょうか・・・
ほんと勝手な印象ですけどね。

ドイツは、年齢のわりにとても落ち着いていてどこか哲学的、絵の雰囲気も同様
アルメニアは、妙にロマンチック、絵も幻想的で可憐な色遣い
中国は、やはり、The 漢詩 ! だし、絵も、The 中国 ! 一目瞭然
ニュージーランドやオーストラリアは、開放的で視界が広く色鮮やか
フランスは、オシャレな表現上手でしょう?というが自覚あり
カナダは、安定した日常の幸福感が語られている、現実を素直に詠む傾向
インドは、普段から宇宙的な世界観で世界をみている
シンガポールは、学校の勉強が厳しいのか、将来を夢みている?
ロシアは、生き物を擬人化するのがお好みのよう

ハイクも、それに付随した絵も、それはそれは高い表現力で、
思わずうなってしまう作品にも出会いました。

絵とセットになっているので、とても味わい深いです。
素晴らしい作品に癒されました。

やはり、子ども達の力って偉大ですね。
観察力、創造力、表現力・・・はんぱないです。




nice!(0)  コメント(0) 

『考える花』と『感じる花』スティーブン・バックマン著 築地書館 2017 [読書]

上巻の『考える花』と下巻の『感じる花』スティーブン・バックマン著 築地書館 2017

2冊並んで、美しい紫と赤の花の表紙が目に留まり、
その思わせぶりなタイトルにひかれ・・・

とりわけ、タイトルがとってもわたし好みで、これはもう読むしか選択肢がありませんでした。
というわけで早速読んでみました。

著者、スティーブン・バックマンは昆虫学者、送粉生態学者、花と花粉媒介者の研究者。
アリゾナ大学の昆虫学科と、生態学・進化生物学科の教授です。

原書は一巻で、『The Reason for Flowers』となっています。

花の世界を様々な視点からふかーくとことん探究されています。
実は、こんなにもしたたかだった花たち?
彼らの戦略は非常に緻密で精巧なものだった!!

知られざる花の世界が、生態学者によって、これでもかこれでもかと暴かれていきます。
専門の生態学、昆虫学、自然科学的、生物の進化など側面だけでなく、
文化人類学的、歴史学、宗教学な側面からも丁寧に調べられており、
ありとあらゆる角度から、そして時間も過去まで歴史を遡って花を大解剖したものです。
歴史、分化、芸術、医療、食事などと花の関わりをそれぞれおもしろおかしく示されていました。

例えば、こんな感じの内容です。

花びらと花粉粒は弱い、一般にはマイナスの電荷を帯びているんだそうです。
(詳細はとっても面白いのでお楽しみに、ネタバレなしでいきます)

花の登場の歴史が徹底研究されていたり、
食べる花トップ10や食べてはいけない花まで丁寧にリストアップされていたり、
サブリミナルの花の匂いの研究紹介がされていたり、
青い花から黒い花まで徹底リサーチされていたり、、、
まだまだ続きます。

どちらか一巻だけでも読める構成です。
さらに、一人一人、興味のあるセクションだけ選んで読める構成になっていました。
個人的には、やはりご専門の分野の記述が多い上巻の『考える花』の方に軍配です。
最も興味深い内容が多くありました。


ほんとうに多様な側面からの、花の探Qでした。
久しぶりに、読んで良かった!!と思えた、いちおしの良書です。
2016年の著書なので内容も新しく、大満足です。

こんなに視野の広い素晴らしい本を書く教授ってなかなかいないのではないでしょうか?
研究室では普段いったいどんな感じなんでしょうか。
授業もきっととても面白いだろうなあ、なんて想像してしまいました。
どこかに映像が落ちていないか探してみることにしましょう。



nice!(0)  コメント(0) 

ハエトリソウの葉が現れて癒されています [探Q舎]

ハエトリソウ

実験中のハエトリソウ、
先週の過酷な実験のために、かなり弱っています。
しばらく休んでもらって快復を願っています。
夜は家の中に入れるようにしていますが、寒くなりつつあるので少し心配です。


なんとそんな中でも、新たな葉が2つ現れてきました。
残念ながら命が絶えた葉がある一方で、今回新たな葉が出現しました。

この生命力、頼もしいです。
癒されます。


子ども達が、増えたらお家に持って帰りたいとおっしゃっているので、
毎日、水やりする際に、子ども達のために頑張って増えてくださいね!っと伝えています。

この調子でなんとか、頑張って生きてくれますように。
願いは届くでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

ほんとうに学びたい子ども達の行き場はどこにあるのやら? [中高生]

【ほんとうに学びたい子ども達の行き場はどこにあるのやら??】

中学校の授業、なんとかならないかと思っていることです。
いろいろと大変であろう中学校さんのことですので申し上げにくいのですが・・・

複数の学校の授業を存じていますが、英語も数学も進度が遅いことが気がかりです。
みんながついて行けるように配慮されているのかもしれませんが、
かえって多くのお子様たちの学習能力に足踏みさせているように思えてなりません。
子どもたちはもっとできるのに、階段の踊り場に踏みとどまされているのではないでしょうか。
子どもたちを引き上げるしくみが欠けているのではないでしょうか。
もしかしたら、しくみ以前のもっと根源的な問題かもしれません。


一方で、学習塾や予備校のようなところは山ほどありますが・・・

進学塾に行く子ども達が、本当に学びたい子どもたちなのでしょうか。
補習塾に行く子ども達が、本当に学びたい子どもたちなのでしょうか。
個別指導塾や家庭教師がほんとうに学びたい子どもたちの学び欲を満たしているのでしょうか。

本来、子ども達みんながもっている

"学びたい欲、知りたい欲"

を満たす学び場が一体どれだけあるのでしょうか。




nice!(0)  コメント(0) 

学びとは何か?〜「勉強しなさいっ!」の代わりに [探Q舎]

とくに、中学生さんのお子様に対して、です。

1. 「勉強しなさいっ!」の代わりに・・・

「勉強しなさいっ!」とおっしゃる親御さんは、かなりいらっしゃるかもしれません。
短期の結果は確実に出る(テストの点は上がる)でしょうけれど、長い目で見れば??だと思います。

いつも疑問に思うのですが、
このような保護者様はご自身はどのような子ども時代を過ごされたのかということです。
もしかして、親から学習を強制されて来た人は、子どもにも同じことを繰り返すのだろうかと思います。
勉強は人から言われてするものではなく、自分から進んでやるものだと考えています。
さらに、"勉強しなさいと言われてするもの"という脳の回路ができ上がってしまうのではないでしょうか。
短期の効果を求める引き換えに、長期的には大変リスキーで、
その後の人生に悪影響をもたらす面が大きいのではないでしょうか。


2. 感情面から伝える方法

親御さんたちご本人は一体どうなのか?ってことですよね。
同じ人間で、生まれて来た時代が少しずれているだけなんですから。
もしも、子ども時代に、「勉強しなさいっ」て言われた方が嬉しかったのなら止めませんが。

勉強する意義、根拠とその理由、甲斐について、ひとりの人生の先輩として考えを伝えるとか、
親御さんご自身の体験や振り返りを交えての学びの意義を自然な会話の中で織り込まれる方法です。
一人の人としての生の体験からくる生きた言葉は、単に勉強しなさいというような言葉とは違い、
妙に説得力があり、お子様とはいえ、親身になって聴けるため、素直に心に届くように思います。
アンケート結果では、殆どの人が若い頃もっと勉強しておけば良かったと答えているそうです。
例えば、自分はもっと学習すればよかったって後悔しているんだって親自身が考えているってことを
ストレートに伝えられれば、ただ、「勉強しなさいっ」ていうよりは、
より健全なアドバイスになりそうです。



3.理性的に、理論的に伝える方法

もっと理論的に、理性に訴える方法です。
勉強すると具体的にどのようなメリットがあるかを箇条書きなどで明確に伝える方法も、
より健全であるでしょう。理論派の硬派なお子様にはこちらでしょうか。
その場合、"勉強"の定義付けから始まり、
勉強とは何かについて概念を共有化することから始めることになるでしょう。
次の4番につながりますが、学び、学習、勉強の違いはなんでしょうか?
辞書をひいてみるところから始めるといいかもしれません。


4.哲学的に、探究する方法

勉強って何だ?学習って何だ?学びって一体なんなんだ?という奥深い対話になるでしょうか。
人生観、世界観そのものに繋がる人間学の分野になるので、ほんとうは一番楽しい
学びそのものの"学びの理論"にいきつきます。

これこそが、"探究"だと思います。
どうぞ、ご家庭でもプライスレスの"学びの探究"を。
材料もお金もかかりませんが、たしかに"価値がある"でしょう。

nice!(1)  コメント(0) 

中日新聞の夕刊に掲載いただきました [探Q舎]

10/14(土)の中日新聞の夕刊に探Q舎の記事を掲載いただきました。
中日新聞社さま、御世話になりありがとうございました。
こういう学習塾もあるんだ!って
アンテナで何かを受信してくださった方は、ご連絡下さいね。

ほんとうの学びを探Qするサポートをさせていただきます。
宜しくお願いします。

探Q舎
https://www.tankyusha.com/




171014_中日新聞夕刊.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -